<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.12.25 Monday

過去に葬り去ったほうがイイ表現ベスト5 その5

この回でベスト5って言ってた5つ目だね。

 

なんか色々あるんだけど、、、

 

もお列挙するか!

 

 

スチーマーで加湿

(それで解決はしないけど、、無いよりはいいか。)

 

吹き抜けにはシーリングファン

(不快な気流、、コールドドラフトの可能性や薪ストーブの強力な対流熱は殆ど下げれないこと。そんなカンタンなことじゃない。)

 

高気密住宅には外気導入

(まだそんな時代か_| ̄|○)

 

炉台の蓄熱性であったかい

(詳しくは次号の薪ストーブライフ誌で述べる 笑)

 

断熱二重煙突がドラフトを生む

(断熱二重煙突が担保しているのは、第一にドラフトではなく安全性)

 

二次燃焼が三次燃焼、四次燃焼とか、何回も燃えたらスゲー的な風潮とか。。

 

針葉樹がタールとか、、、、、

 

キリがないね。。。

 

 

何処に行っちゃうんだ、日本の薪ストーブ文化。

 

薪ストーブ屋が悪いと思う。

 

 

 

意識の低さ。お前たちのことだ!

 

 

超カッコよかった。

 

 

2014.01.21 Tuesday

薪ストーブと吹き抜けの関係 2

って言うか、ウチは、実は12畳の吹き抜けに薪ストーブをつけてしまっている(笑)

温度差に悩み苦しんでいるのは俺なわけ(笑)

で、いろいろわかったの。

何事も、やってみなきゃわかんないよね(笑)

家は3回建てないとわからない、っていうからね。

まぁ、日本の住宅のスクラップアンドビルドを象徴してるかもね、この言葉(笑)

話それたけど、そんなに普通建てられないから(笑)

温度差解消のためにいろいろなことが考えられるわけだけど、

冬しかちゃんとした実験できないからね。

いろいろやってみないと。


北海道の今の家は、暖かい空気が上に溜まって、ある程度冷やされて下がってくる、みたいな考えが通用しないからね。

あんまり下がってこないから。断熱がいいので。上に溜まってダウンフローしていくだけ。

北海道にツララとか、今無いから(笑)

知らなかったしょ(笑)?

小さいころよく食ったよね、ツララ(笑)


今日はあげたいネタがあったんだけど、

昨日のフォローネタになってしまった(笑)

2014.01.20 Monday

薪ストーブと吹き抜けの関係

今日はわりかしストレートなタイトルにしてみた。

新築の打ち合わせが続いています。

いまして、吹き抜けが多いので、今更ながら言っておこうと思って(笑)

高性能な北海道の家限定の話ネ。



結論から言うと、薪ストーブのための吹き抜けは必要ありません!!

1Fと2Fの温度差ありすぎちゃうことになって、かえって難しくことが増える。

快適度は落ちる(笑)

薪ストーブのためじゃない吹き抜けや、リビングにある階段、が圧倒的にうまくいくことが多い。

これは、輻射熱と対流熱の使い方も物凄く、物凄く物凄く関係があって、

ストーブの大きさだけではなく、熱量だけではなく、

ストーブが発する熱の種類に大きくかかわるわけさ。

具体的に言うと、吹き抜けで対流熱の多いストーブをつけちゃうと、温度差が大きくなるのね。

ちなみに、もともと大きなゆっくりな対流を作るシーリングファンでは、

薪ストーブの強烈な対流熱は下げれない。のが常識ッス。

セントラルヒーティングでは、対流を家の中に起こさないように、が基本なんだけど、

薪ストーブのその全く逆、

併用暖房との組み合わせ、暮らしかた、なんかも最初からできれば考慮したい。

シングル煙突の表面から出る熱、対流熱として作用するのか、輻射熱なのか。

知ってるかい?

ね、

ストーブ選びって色々なんす。

2013.10.22 Tuesday

住宅の薪ストーブを受け入れる能力

について最近めっきり考える。

めっきりでもないが(笑)

シアワセな薪ストーブライフには三位一体が必要不可欠だ。

だ。

一つは、焚く人そのもの。
(焚くことを楽しめるか、好きになれるか、あったけーのが好きか、)

一つは薪。
(乾燥、置く場所、コスト、継続していけるかどうかとか、)

一つは、ストーブや煙突。
(システムとして安全に品質よくついているかどうか)

最後の一つは、ハード、
つまり住宅の薪ストーブを受け入れる能力。   あれっ4つになった(笑)


そんなのあるの?

って思うしょ?


なまらある。

薪ストーブの実力魅力能力底力は今更ながら疑う余地は無い。

最近、,茲! ▲汽ぅ魁! そりゃ最高だべ、い△譴譴譴

で、結果、ややモヤモヤしたりするわ。

最高の薪ストーブと煙突設備+サイコーに乾いた薪+最高の薪焚人、だけではやっぱり最高のパフォーマンスは無理だんだよね。

そう薪ストーブ屋だけでは無理なんだ、全員でイイもの作らないとね。



例えばレンジフード回すたびに逆流気にしたりとか。薪入れるときに窓開けたりだとか。

薪置く場所が全く考えられてなかったり。

吹き抜けなのに対流熱メインのストーブになってたり。

使いずら。

知ってたら普通に解決できることなんだけどね。。。。

2010.03.05 Friday

燃料手当て

東京は最高気温20度???

3月に入り、本州の方はそろそろ焚けない感じだったり??

北海道はまだまだ3月は普通に焚きます。だいぶ暖かくはなったけど。

このあたりが薪の年間消費量の莫大な差を生むんだろうね。

まあ、四月でも五月でも夜は全然焚くからなぁ。


道民は冬、"燃料手当て"というものが会社から出ます。プチなボーナスみたいな感じかな。
一度にまとめて出るとこもあれば、毎月のとこもある。まぁ数万円から景気のいいときは30万とか??年間にね。(不景気で無くなったとこも多いというけど)

だって普通のうちは暖房にかかるお金は、月に2万とか3万とか4万とか5万とかかかるの。

信じられないしょ。

道産子ふつー

なのに北海道では薪ストーブがあまり普及してない…。

それは
薪ストーブ一台で家が暖まると思っていなかったり

焚付け 薪 灰汁掃除がとてつもなくめんどくさい と思われてたり

家の中が煙りで煤けたり


というイメージが強すぎる。


正解は

吹き抜けとかあんたらじゃなく、普通の間取りにストーブつけても大体家中暖まる

焚付けは難しいことなんてないね
薪はそれなり(笑)
灰は思ってるほど出ませんよ

家の中が煤けることは全くないです。

全くって言っちゃいましたけど(笑)

全く無いですね。ゆっくりデリカシーを持ってドアを開けて煙りが漏れるようであれば何か原因があると考えられます。

ご相談を!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.