<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.01.13 Sunday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備におけるたった一つの本当、一般公開。

去年に予告したまんまだったのが気になってて、それをいよいよアップします。五月くらいかな、って言ってたんだけど、、ほんとにごめんね 笑

 

高気密住宅 × 第三種換気 × 住宅換気設備 にまつわるたった一つの本当

 

いよいよ一般公開しますね。

 

まあ、資料自体はブラッシュアップしてないので悪いけど当時のまんまで、今とやってることが少し違ってたりすることもあるけど(特にレンジフード対策の"考え方"として)、基本はこれ。まあ忙しいなか自分の得にもならない事に(いや沢山の人のためになったと思いたいけど)これだけ費やして作って千歳も暖炉ストーブ協会もその他もやったな、って感じ 笑。

 

乱雑で見づらいのはカンベンして。

 

これからは一般ユーザーさんである君らがこれを一生懸命勉強して(ガチでたいして難しくない)、プロショップというとこや設計屋さんや建築屋さんに、話をしなさい。なぜこれなのか、なぜこれじゃないのかという事を納得のいく理論で説明してしてくれなかったり、差圧計すら使わずに非科学的な感覚の話をするのであれば、納得のいくとこを探したほうがいいと思います。

 

先駆けて取り入れてくれているところなんかは、数字で、資料で、根拠をあなたに提示してくれるでょう。

 

そして本州にしょっちゅう行く機会があるけど、本州と北海道の住宅の違いは、正直いって、凄い。最近縮まってはきたと思うけど。

 

「ま、こんなんだったらたいしたいろんな問題も起きないよな、、」ってのが、本州の感覚。そして、住んでいる人じたいの肌感覚も北海道人ほどシビアじゃない(道産子がシヒア過ぎ)。

 

 

 

そして内容についてはの質問も意見も一切受け付けません。お礼は受け付ける笑。

 

どんどんブラッシアップしてほしい。

 

あくまで自己責任で使ってほしい。

 

逆流で困っていてそれを逆流しない家に換気改修する工事ももちろんやってるけど、、それは本当に困っていたらメールにちゃんと住所氏名電話番号までちゃんと明記のうえ(電話で話せる人限定、メール書く時間無いことも多い)、相談ください。今メイソンリヒーターの仕事でバンバン本州からも見積もりしているので本州でも行ける可能性もあるし、やれそうなとこを紹介できる可能性もあります。

 

そしてこの工事 薪ストーブ屋さんだったらなかなか難しいと思う。。

 

そしたら、ファイルはこちらから。(pdfでグーグルドライブです)

https://drive.google.com/file/d/17eQq8YIQokT5AytCpIGTUwNmzaDVznNl/view?usp=sharing

 

 

あ、今年こそは新しい発信媒体、、やるから笑!!

 

2018.03.02 Friday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備におけるたった一つの本当、全公開予告。

もうなんか凄い昔に感じますけど、、

2013年の4月に有志の会(北の煙突掃除人集会)で発表させてもらった、「高気密住宅×第三種換気×第三種換気 におけるたった一つの本当」は、その後、

 

2016年6月の千歳での全国の勉強会でぶりまいて、

 

各メーカーのカタログにも掲載することを各メーカーに進言し、全部ではないけどほどほど載り、

 

↓日本暖炉薪ストーブ協会でも披露させていただき、今に至りますが、いよいよ最終バージョンを熾壺日記で全公開します。

 

 

最初からココが目標だったんで。

 

最終バージョン出来次第というか、わけあって五月くらいかな。

 

閉鎖的なノウハウにしたくなかったので、協会に加入する前に千歳やったし。

 

これからはお客様である君らがちゃんと勉強して薪ストーブ屋さんに挑みなさい 笑

 

君らなら出来る。

 

このブログで公開という当初からの目標はなんで今までやってなかったのかというと "時期" を見定めて待っていたわけだけど、 もうイイな、と思った出来事が。

一つは、去年札幌の日和祭での「私の身体を通り過ぎた20台のストーブ達」というお喋りで札幌のユーザーさんの前で一時間くらいお喋りさせてもらったのね。

 

その後、東京でプロ相手に「日本の薪ストーブの未来」という話をしたの。

 

その時気付いたんだよね。「もう公開してもいいな」って。

 

売るプロより素人さんの方が使ってるから(使ってないプロも多い)本質に近いと思ったの。儲けとかメーカーとの関係とか関係ないから火や薪と純粋に話せてるから知ってるしちゃんと感じてる。

 

だから売るプロというものに対して焚く素人さんと言われる(火で暮らすのにプロも素人も無し)の君らの力を借りることにしたよ。

 

納得のいく自分ちの工事の為にこのノウハウを、君らの幸せな薪ストーブ生活の為に生かしてほしい。

 

そして日本の薪ストーブ文化をちゃんとあげるには、どうやら僕らだけでは無理みたいだ。いつまでたっても検証一つしようとしないケツの重たいメーカーとか待ってても仕方ないしね 笑

 

 

もうちょっと出るの待っててね 笑

2018.01.06 Saturday

逆流する家から逆流しない家へ2

なんと、今からフェリーに乗って群馬に行く。

 

 

初めての群馬。群馬について知ってることは何もない 笑

 

 

一昨年の10月に函館で全国のストーブ屋さんが集まってもらって施工した、逆流する家から逆流しない家へ の換気改修工事をやりにね。

 

相談は全国からぽつらぽつら受け続けているんだけど、、だいたい断らざるを得ないけど、ここは超遠いけど請けてみた。フェリーに四時間乗って、降りてから660キロ 笑

 

 

一月まで待ってくれたし、

 

お客様が誠意を持って丁寧に接してくれる方だったし、

 

ストーブを焚きたいっていう気持ちがとても伝わってきたしね。

 

 

高気密住宅 × 薪ストーブ × 第三種換気」にまつわるたった一つの本当 は2013に自分が生みだしたものだけど、それが自分のところでスタンダードになって、バラまいてしまうと自分の役割は果たした感でもう全然興味ないし次に進むよね。

 

各輸入元のカタログにもだいたいイイとこそれが載って(技術的に間違えて書いちゃってるメーカーもあるけど! 笑)、自分の役割は終えたなあってとっくの昔に思ってたけど

 

 

やっぱり責任ってついて回るなって、年数経ってから感じることが多くなった。

 

行くのにはそういうのもある。

 

 

数件地方でまとめてくれればいいのにな。笑

 

 

そして2013に作ったモノに大きく加筆したい部分が出てきた、、それが分かった。自分のうちで発見した。それもおいおいまとめよう。

 

 

 

薪ストーブで一酸化炭素事故が起きないことを願っています。

 

 

2017.12.25 Monday

過去に葬り去ったほうがイイ表現ベスト5 その5

この回でベスト5って言ってた5つ目だね。

 

なんか色々あるんだけど、、、

 

もお列挙するか!

 

 

スチーマーで加湿

(それで解決はしないけど、、無いよりはいいか。)

 

吹き抜けにはシーリングファン

(不快な気流、、コールドドラフトの可能性や薪ストーブの強力な対流熱は殆ど下げれないこと。そんなカンタンなことじゃない。)

 

高気密住宅には外気導入

(まだそんな時代か_| ̄|○)

 

炉台の蓄熱性であったかい

(詳しくは次号の薪ストーブライフ誌で述べる 笑)

 

断熱二重煙突がドラフトを生む

(断熱二重煙突が担保しているのは、第一にドラフトではなく安全性)

 

二次燃焼が三次燃焼、四次燃焼とか、何回も燃えたらスゲー的な風潮とか。。

 

針葉樹がタールとか、、、、、

 

キリがないね。。。

 

 

何処に行っちゃうんだ、日本の薪ストーブ文化。

 

薪ストーブ屋が悪いと思う。

 

 

 

意識の低さ。お前たちのことだ!

 

 

超カッコよかった。

 

 

2017.01.20 Friday

700SLの血

この2台は設計的に親子かもしれない、という仮説はこの空気調整レバーを見て、分解図を確認したときからずっとあった。

 

 

25年以上前からあると言われてる、ドブレ700SL と ドブレの最新のBOW(日本未発売)。

 

似ているところは、燃焼空気の使い方で、プライマリーは灰受けに入る。セカンダリーはドア上のチャンバーを通して、いわゆるプレヒーティング無しに炉内で使われる。

 

700SLの後に出てきた640、760やビンテージは鋼板でやれば簡単な"壊れないセカンダリーのプレヒート"に果敢に挑んでいるモデルで、このあたりは鋳物メーカーの意地を感じる。アホみたいになんでも簡単にしてしまう最近のストーブとはクラフトマンシップの深みが全く違う。結果は別の問題として。

 

ドブレのクリーンバーンの系譜がまっすぐに続いていないのはすごい興味深い(ヨツールは割と一貫している気がする)。ビンテージはデザインこそ全く違うけど、640、760の子孫だよね。設計が似てる。

 

このBOWが簡易的な作りになっている(非常にイイ意味で)のは、意図なのか、そうじゃないのか凄い興味がある。

 

どっちにしても外気導入モデルじゃないためBOWが正式ラインナップになることはないと思うけど、名機700SLの孫かもしれないと思うとドキドキする。

 

うちは外気導入にて高気密の対応をしていないので関係なくつけれるからこういうモデルはマジでうれしい。

 

あーこのテーマで4000文字くらい書きてえー。

 

こんなオキツボじゃ全然かけねー(笑)

 

 

 

親子かどうかはDNA鑑定だろうけど、焚いたらきっとわかるだろう。

 

いずれにせよ25年の時を超えて何かの答えがあるのかないのか、こういうロマンも薪ストーブはたまらない。

2016.12.31 Saturday

2016

2016。

 

新しいことを沢山できた一年にはなったと思う。

 

暖炉ストーブ協会に入会し、2回の参加で10月の函館講習までこぎつけれた。

5月には加藤くんとフィンランド/エストニア/ラトビアに輸入元に頼らない薪ストーブ旅行。

6月には「高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備」の講習を単独企画で全国から50名集まっていただき勉強。熱い夜でしたね(笑)

9月の日和祭で、唐牛さんに初めてこの世界に引っ張ってくれたことにありがとうを伝え、泣きました(新しいことではないか 笑)

10月に日本で恐らくは初めてとなるカッフェルオーフェンをマキメンと川原さんと組みました(まだ続くけど)。

12月には富山県でガビオンデペチカという面白い工事を全国の仲間と。

そして、ギリギリに5月の旅の成果、フィンランドから20フィートコンテナを単独で輸入。

やりたいことがまだまだあって、、そのために社員をさらに1名増員。

 

そんなつもりは無かったけどいろいろやったね。前ばかり見るので終わったことはどうでもよくなってしまう(笑)

 

来年の目標はここへきてはっきりしたね。

 

さらなる飛躍、

 

なんていうつもりは無くて、、"地固め"ですね。

 

今年の反省を来年一年かけてじっくりやろう。

 

"やりたいこと" がはっきりしていてその為に "しなきゃいけないこと" もはっきりしてたここ10年。そこにがむしゃらに向かってきたけど、、、。うまく言えないけど、これからはちょっと違っていくんだろうな。

 

 

2016も本当、たくさんありがとうございました。

 

新しい年もがんばります。1月5日から現場スタートします。お店は1月6日から。

2016.12.27 Tuesday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、浜松にて。

6月に千歳でやった「高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備」の勉強会の後、その知識を持ち帰ってそれぞれの地で広まっていってほしいな、というのは、、当然俺の願いでもあるよね。

 

で、自社での検証などを経て地元の工務店さん向けに講習を開いてくれた会社がある!

 

これはうれしい。

 

 

静岡の薪ストーブ屋さん、高橋さん率いる"伝兵衛堂" がやってくれました!!

 

教壇に立つのは青島さん。

 

パワーポイントも見せてもらったけど、俺じゃできないアプローチもあって、それが面白くてさ。

 

いろんなアプローチが個性ではなく、最終的に"理論にオリジナリティは存在しない"、ってところまで研ぎ澄まされるといいな、って思ってた。

 

より色々な人の手によって削ぎ落され、研ぎ澄まされ、洗練された理論になることを望んでいます!

 

 

静岡こっち方面で勉強会などのお問合せ、逆流に悩むユーザーの相談などは伝兵衛堂まで!!

2016.11.29 Tuesday

JKT120

今朝 マキタキテーさんの読んでて思ったんだけど、高気密の住宅での予想みたいのが書いてたんですけどね、、ぜひ横槍を入れなければいけない(笑)

 

北海道では、ストーブの出力と暖められる広さを表現する場合、

 

畳(じょう)は存在しない。

 

 

 

坪なわけだ。

 

しかも、古い家の既存宅の工事じゃない場合、"リビングだけ暖める"という考え方も存在しない(笑)

 

住宅が高性能になると、20畳のリビングを暖められるにちょうどよいストーブが存在しないのだ。

 

20畳のリビングが小さすぎると言うべきなのか、小さいストーブの出力が大きすぎると言うべきか、最低その倍の20坪くらいの話からのスタートになっちまうの。

 

 

 

今までATKZM 、公開してないMPDやあれこれがありつつ、新しい数字を発表したいと思います(笑)!

 

際にらしている数 = JKT

 

使い方はこんな感じ、、「北海道では、ディファだったらJKTは70だね」みたいな(笑)

 

俺の知ってるお客さんで併用暖房じゃなくて、薪ストーブだけで暮らしている人のJKTを公開しよう、北海道の現状が想像つくと思う。あくまでも限界の数字ではない。実際にあったかくくらしてますよ、っていう性能ではなく実績の数字だ。北海道では焚き続けないので(間欠運転)長野みたいに焚き続けるの前提だったらJTKはもっと引き上げれるんだと思う。因みに俺たちは20℃でなんて過ごさない。それは下手したら起きてくる時の温度だ(笑)

 

バーモント ディファイアント JKT 70

ハースストーン イキノックス JKT 120

ダッチウエスト FA225 JTK48

ハーストーンヘリテイジ JTK 50

モルソー 7110CB    JTK 40

ネスター H33   JTK36

コンツーラ C51  JTK40

スキャン1G (みにくいあひるのこ) JTK38

 

 

キリがないからやめるけど(笑)

 

120ってすごいでしょ(笑)

 

小さいストーブでも暖まるんだよね、ただ同じ空間を小さいストーブで温めたときと、大きいストーブで温めた時の違いはいつか書くよ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 

2016.10.10 Monday

高気密住宅での逆流

こういうのキライだけど分かりやすいタイトルにしてみた(笑)
 

"逆流しながらもなんとか使ってる" という I邸 を "逆流しない薪ストーブに適した家" に改修する工事を13日にします。

 

これ、まあボチボチやっている工事なんだけど、日本暖炉ストーブ協会っていうのに今年の初めからウチは入ってて、その教材として研修につかう工事なわけ。

 

まあ、だから内容については、書けないんだけどさ(笑)、

 

もう準備が始まっています。

 

 

なんだかわかんないでしよ(笑)

 

ストーブ屋何に使うか一人もわかんないと思う(笑)

 

もっと協会に属している人も沢山来ればいいのに、って思うけど、、そんなに来ないんだよ(笑) そんなに興味ない感じなんだよね。

 

千歳の1/6くらいかな。

 

俺は知らないことがあったり、できないことがあったりするのが嫌だから、知りたいやりたい知りたいやりたいが今でもいーーっぱいあるけど、そうじゃない人もいっぱいいるんだよね。

 

日々に不思議に思ってます(笑)

 

全国に困ってる人どれくらいいるんだろう。

 

2016.09.11 Sunday

カタログへの記載

6月だったっけ? 千歳の「高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備」ってタイトルだったっけ? 、の後、実は、ほぼ全部のメーカーにカタログへの今後の記載について働きかけをして(反応は様々だったけど 笑)、 ← 反応を一社ずつ書くと面白いんだろうけど 笑、

 

改訂が一番早い、ダッチウエストジャパンさんの新しいカタログに、6月の千歳の件が記載されました。書き方や表現の方法、テクニカルな事項については色々揉む時間が全然足りなく、揉み切れなかった面があるのですが、

 

これは、大きな1歩だと思ってて、

 

とにかくトップダウンで判断の早いダッチウエストジャパン(沢渡部長、吉田社長)さんには感謝です。

 

 

つまらない事書かなきゃいけないのも悲しいけど、カタログに俺の言ったことが載ったぜ、的な一歩じゃないからね。

 

そんな事には全く興味ない、俺が何を言いたいかちゃんと感じてくれよ(笑)

 

まあ、東京でその後数社のカタログの改訂の件についてお話しがあったので、イイ表記になるように、日本の薪ストーブ文化が安全に前に進めるように、一酸化炭素中毒が絶対に起きないように、メーカーさんと協力しあってやっていきたいと思ってます。

2016.06.30 Thursday

勉強会の余韻

ただいま。午後の千歳でのメンテを終え、夜10時すぎに無事に帰ってきました。

 

昨日の「高気密住宅×薪ストーブ×住宅の勉強会」、それにまつわる準備、そして親睦会、二次会、三次会、四次会、言葉、音、空気、色々な断片が余韻となって押し寄せてる状況で、まだ何かの実感となるには時間がかかりそう。

 

でも、うまく言えないんだけど、反省はいっぱいあるんだけど、ふわふわした感じというか、美しげな満足感とかはない。

 

リリースしたの2013だしさ。関心としては次のやつとかその次のヤツとかやってるからね。

 

ただ、

 

一貫して一つの気持ちをもってこれに挑戦したって思ってて。

 

ファイヤピットでしか出来ない事という挑戦だったし、だから勉強会として成功させなきゃいけない使命があったし、ディーラー、メーカー、建築、設計が設備という同じテーマを勉強していくというバトルロイヤルだったし(別に戦ってはいないけど)、このことがエポックメイキングな意味合いを持ってつながっていくはずだという願いだったし、

 

その挑戦や願いは実感として、最低限度の責任は果たせたのではないか、と思ってます。

 

それは素直にうれしい。

 

 

そしてなによりびっくりしたのが、一つの気持ちがマジで30くらいになって返ってきた。初めての経験といえるような夜だった(笑)

 

まだ受け止めきれてないけど、沢山の愛のある言葉にシビれてました(笑)

 

だからやってよかったな、って思ってる。

 

 

我慢して見守ってくれた沢山の仲間や、大活躍してくれた幹事の藤本さん、地元で設営にいち早く名乗り出てくれたリンクアップの高橋さん、加藤くん、みんなのおかげさまでイイ会になりました。

 

沢山の握手の余韻に浸って今日は休むことにしよう(笑)

2016.06.29 Wednesday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、いよいよ。

千歳にいます。

 

あ、まだ札幌か。コーヒーのみてえ。

 

いよいよだな。

 

全国から集まってくる皆様、気をつけて来てください。

 

会場の開場は12:30となってます。

 

よろしくお願いします!

 

 

充実の報告ができるよう、頑張ります。

2016.06.17 Friday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、千歳にて。その6 会場についての変更

あっ、地震は大丈夫でした。みんさん各地からご心配ありがとうございました。返事にだいぶ手が止まりました(笑)!!でも何かあったらこうやって気にしあいながらいけたら地球も平和になるな、って思いながら過ごしました。みなさんの「あいつ大丈夫かな?」の想像力にホント感謝です。、ありがとう。


千歳文化ホールの会場が、3F 中会議室1 から 3F 中会議室2 に変更になりました。


ま、たいしたこたね、3Fにきたらわがるからしんぺーすんな。

で勉強会は13:30スタートで、

中会議室2の開場は、12:30に変更します。その前に来てもカギかけて居たとしても誰来ても開けないから(笑)

なんでかっていうと、
なんもおめゆっくり準備させてけろじゃ(ビビリなので落ち着いて準備させてね)
そんな始まる前からおめだちと何時間も喋くってたらつがれぢまうべや(テンションあげてワイワイしてたら最後までもたない、無口だから俺)
下(ロビー)でバヤバヤしててけれ(ロビーで誰か捕まえてコーヒーでも飲んでて)
こっていっとかねーば全員きてまるべや (祭りじゃなくて勉強会だから)
ご挨拶は12時半以降からにしようね。

何にもわかんねーな(笑)

函館の人だったらホントにわかるのにな。

12時半になったら入ってきて席取り合いつかみ合いなぐり合いしてね。3人掛けに基本2人ずつ座ってね。

貪欲に前がいいと思います(笑)

2016.06.13 Monday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、千歳にて。その5 締め切りします。

凄いと思う。

時代は動いている。

たった函館の、たった1つの小さいディーラーの、たった俺くんだりが開くこんな呼びかけに、日本全国各地から、定員以上、集まりました。
 
全国のディーラーさん、輸入元(ストーブメーカー)さん、そして設計士さんや建築屋さんが一緒の部屋でこの事を勉強する。

ろうにゃくにゃんにょ、北から南 (笑)。。。

誰もこの事が持つ意味を俺みたいにはわからないと思うけど、

これがやりたかったんだ、って感じ。(こればかりじゃないけど)



いや、わかんないと思うな、俺の気持ち。
(設備の仕事一生懸命やっててよかった)



ということで、定員をイイ感じで超えましたので、約束通り、裸で屋根に登り煙突掃除します。

いや、そんな約束してなかった、、、



高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、締め切りします。

引き続き、親睦会の出欠もチャッチャッって送ってまってけばいいね!(さっさと送って、ってこと  笑)


じゃーパワポの表紙だけ(笑)

2016.06.11 Saturday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、千歳にて。その4 会場、他の動き。

今日は、講習会場ほかの距離感を説明するよ。

ま、業務連絡だね。

講習会場はこれ。北ガス文化ホール。(👈 google Mapで開きます)

そして、みんなが着いちゃう千歳空港から北ガス文化ホールまではこんな感じ。クリックして大きくしてね。
このページのURLはこれ。

快速エアポートで870円+徒歩だけど、3人で来る人とか、経費で落ちる人、お金持ち、はタクシーで1800〜2000円くらいだってさー。

で、当日の天気どうだろ‥はこれ

空港に早く着いちゃったな、、空港何あんのかなーはこれ。温泉も朝10時からやってるって。ラーメン屋もいっぱい入ってるよ。

勉強会は、13時30分からスタートで、会場の開場時間は13時とします。

早く北ガスホールに着いた方は、1Fにカフェとかもあるみたい
ま、いいか、みんな子供じゃねえし(笑) 

で、
親睦会の出欠を幹事さんにやっていただいてますが、札幌でやるので、出席される方は、まあ人の流れについていけばいいんだけど(笑)、講習会場からは、
‥綿發農藝弍悗泙任い(数分)
∪藝弍悗らJR千歳線(20分間隔で運転)で札幌駅へ(40〜50分)
札幌駅から地下鉄でホテルの近くまでいく。
って感じです。自然と札幌付近の方々がリードしてくれると思います。

俺に聞いてもわかんねーからね(笑)

2016.06.09 Thursday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、千歳にて。その3 プログラムの内容がちょっと変更

たびたび出しているコレ関係ですが、みなさんの顔が見えてきて内容が煮詰まってきたので再度お知らせします。
 
なんか、今までと全然違う(笑)!!

パワーポイントで超親切(笑)!!
👇(クリックで大きくなります)↓


千歳/札幌ではもう絶対無いですのでぜひ。

たまんない言葉があるね。「間違った既存の常識と知られることのない公式」ラップだな! (笑)

「目で見える逆流とその対処の仕組み」

いいね。定員はすでに超えていますが、席を余分に設けましたので引き続きまだ受付けしています。この記事から申込書ファックスください。

2016.06.04 Saturday

悩んでみた。

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会ですが、モヤモヤしています(笑)

なぜか。

この情報が欲しい人に届いているのかな、って。

あ、申し込みはすこぶる!! 順調です。

所詮、俺のブログでしか発信していないってことは、、、って思っててさ(みんながみんな読んでるわけじゃないしさ) 。この情報をキャッチした人が誰かに教えて申し込んでくれる、って方もいっぱいいましたけど、、、

例えば、エンドユーザーが工務店に。
例えばディーラーが設計士さんに。
みたいなね。

知ってて来ないと判断するのはイイんだよね、全然。それを選んだんだから。

後から知って行きたかったー、って思うのは、かわいそうだな、って思って。

何故なら、親切に千歳で、なんてもう二度とやらないから(笑) これ、俺にメリットあるわけじゃないしね。(当然それを超えたものがあるから今回開催するんだけど)

行った人からテキストをもらおう、って思ってる方もいるかもだけど、そんなに簡単なモンじゃないから(笑)


ということで、どうしたらいいんだろうね。そんなもんかな。欲張りすぎかな。


もう一回貼っておこ。

2016.05.23 Monday

千歳で勉強会の後、札幌で親睦会する事にしたからー。

6/29に千歳で開催する、「高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会」、の申込みもFAXの紙が詰まるくらい(ウソです 笑)の反響なんですが、いや、実際にFAX流れてくるとうれしいもんです。
 
反響に合わせ、親睦会を隣の大都市札幌でやりたいと思います。幹事も札幌のあの方に頼みました(笑)

千歳〜札幌はだいたい1時間くらいなんですが、お泊りの方は、札幌のススキノ、大通り付近にビジネスを予約してもらうと親睦会もスムーズだと思います。具体的な店なんかは、人数で決めたいと思っております。

でもどんどんホテルが埋まっていくので、予約はホント、早めにお願いします。



で、昨日のちょっと読み返して、ちょっとピンと来ないかな、と思ったので補足します。

この講習に何があるかというと、

「薪ストーブを焚くときは窓を開ける」 違う。

「薪ストーブの近くに給気口を設ける」 違う。

「レンジフードを回すとストーブが逆流する」 違う。

「自然給気だけではバランスが取れないので、ファンをつける」 全然違う(笑)

「薪ストーブは、気密のない性能の低い家で楽しむべきで、高性能住宅とはマッチしない」 全くもって全然違う。

「24時間換気を止めるとよい」 おいおい違う。止めないし。

「給気口をつけて、薪ストーブで排気でちょうどよい換気」 違う。



まーこれね、「薪ストーブ 給気」とかってググるとホントに出てきたやつ要約して書いていったのですが(読んでるだけで辛かった…)、こういうののすべての答えが6/29にあります。(ただ、⇑に書いたような知識がベースだと、3時間講習聞いていたら自動的にすべて理解できるほど簡単な内容ではありません。ものすごい集中してもらいます 笑)

ウチが外気導入に全く頼らないのも、外気導入が根本的解決には全くならないからです。

だって外気導入って 薪いれる時どうするの? 窓開けるの?


そんな曖昧でテキトーな事は、やらないし、言わないのです。

2016.05.22 Sunday

高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、千歳にて。

ちょっと真剣な話なんですが、高気密住宅で薪ストーブを焚くには? みたいな話って聞いたことないです?
 
いろいろあると思うんですけど、例えば外気導入する、みたいな話とかね。
 
で、ファイヤピットはもともと設備の会社なので、住宅換気設備については勿論専門でずーっとやってきたわけです。で、薪ストーブと住宅換気設備の専門知識がくっつくと、外気導入がその解決方法ではないんです。ウチはちなみに全くやっておりません。

で、ノウハウと言っても、なんかすごいマジックやカラクリがあるわけではなくて、みんなただ、知らなすぎるんだよね。

ストーブ屋もストーブメーカーも設計士も。

で、このノウハウを実はファイヤピットは3年前、2013の春に公開してます。
 
僕がホストとなって函館で開催した、北の煙突掃除人集会という同業者の全国の集まりで、

「高気密 × 第三種換気 ×薪ストーブ における たった1つの本当」

という講義を持たせてもらって、参加してくれた同業者さんにはその後、現場で実際に役にたててもらってるとこも多々あります。

っていうか、すげーイイタイトルだよね(笑)

3年経って、少しも恥ずかしくない。


で、本当に色々な想いがあって、その全部をここで書く理由は無いんですが、ボクんとこは大丈夫でも、ちゃんと理解している人がいないために不都合なユーザーを増やしてはいけない、とか、このノウハウをスタンダードとして広まって行ってほしい、そんな想いで、

全国の、薪ストーブ屋さん、メーカーさん、工務店や設計さん(一般ユーザーさん以外)、向けに勉強会を開きたいと思います。

日 時  2016年 6月29日水曜日 午後1時半から4時半 
場 所  北海道千歳市北栄2丁目2番11号 千歳市民文化センター(北ガス文化ホール) 3F 中会議室1
参加費  一名につき2,000円(会場代金ほかに充てさせていただきます)


全国に向けてやるので、開催地は函館ではなく、千歳空港がある千歳市でやります。僕も300キロかけて函館から千歳に移動します(笑)

午後からやるのは、午前中に千歳に入れる便を持つ空港が20コあるからです。

下の申込書をプリントアウトして、ファックスで申し込んでください。定員は30名とさせていただきます。満員になり次第、締め切りします。

(クリックすると大きくなります。)

今予定しているプログラムも貼っておきます。読んで興味のあると思った方、ぜひ。今年もう一度やることは絶対にありません(笑)
もちろん最後に質疑応答タイムも設けます。日頃、この分野で疑問に思っていることや、実際の案件なんかがあったら持ってきても!  会場は時間制限があるので無理でも、路上に移動しても、居酒屋のテーブルに移動しても、必ずお答えします。

この理論の偉いところは、経験値とか、雰囲気とか、じゃないんです。

算数で答えが出ます。

高性能な住宅が沢山建つ地域のストーブ屋さんに沢山きてもらいたいなと思ってます。もちろん地域で商売敵になるお店も快くウェルカムです(笑)!

質問があったらメールでどうぞ  firepit@ncv.jp

1弱小ディーラーがやる挑戦でもあります。
 
6月の終わり、、北海道は、とてもイイ季節です。ただ、ホテルとか超無くなるから早めにね(笑)!

2015.01.11 Sunday

バイオエタノール暖炉

知ってる? バイオエタノール暖炉。先日一台納めてきました。



燃料は、植物から作ったエタノールだからカーボンニュートラルではあるんだけど

まぁ、いろいろメリットと同時にいろいろ問題もあるみたいで、手放しで環境にいいもの、では全くないんだけどさ。

詳しくはも沢山の本も出てるし、大きくはウィキを読んでみてね

レストランとか、バーのカウンターとか、薪ストーブを設置できないリビングとか、。とかとか。

炎の魅力をワンポイントに設置できる、という点については、非常にイイです。夏でも焚けるしね。

非常にイイです(もう一回言ったね 笑)

暖かいか、って言われると暖房になるほどではないけど、エタノールが燃えたぶんの熱量は出ます。し、ほぼ完全燃焼して水分と二酸化炭素に分解されるので、

空気中の二酸化炭素濃度は上昇はするので、北海道の超高気密では3〜4時間に一度、換気が必要ではあるんだけど。



空間に生の火があるって凄いよ。

都会ではニーズ、相当あると思います。

火のものは全て取扱いということで、バイオエタノール暖炉の問い合わせ、お待ちしています。

2014.12.31 Wednesday

2014

ゴール付近でバランスを失ってそれでもなんとか滑り込んだ、みたいな感覚ッス(笑)、今。

至らない部分、色々あるなかで、2014の終わりを迎えました。

しかし反省ばかりではなく、
ストーブをウチの会社で初めて7シーズン目。実はなんと、今年が最も成長できた1年になった。

新規や2年目くらいの店って覚えることや勉強でいっぱいだと思うけど、

そのスピードも突き放すほどの(笑)、かといって大体のことわかったつもりになってるベテラン店が全く追いつけないほどの(笑)、実りの多きな年になってよかった。ま、旬っていうヤツ?(笑)、石原さとみみたいなもんさ(笑)

ずっとモンモンと妄想したり勉強したりしてたものと内容がやっと噛みあってきた感じで。ここに来たら来たでどんどん面白いその先が見えてて来年は来年で楽しみ。気を引き締めて、仕事します。今年も一年、お世話になったお客様、仲間たち、本当にありがとうございました。



話題を変えて(笑)

250km離れた大都市、札幌に年末に工事に行ってきました。

クライアントはFさん。だいたいの薪ストーブ屋より薪ストーブのことが詳しく、勉強家で情報収集能力もパンぱない。そして何よりこのFさんが素敵なのは、勉強した知識にとらわれない"本質"を捉えようとするその方向性と、それを実現していく情熱とお人柄。

それだけこだわった家づくりや、その一つの軸として在る"薪ストーブ"。

特にそのストーブ選びに関しては、僕の持っている情報を全てニュートラルにお話しして、Fさんに答えが降りてくるのを楽しみにとにかく待ちました。その待つ過程も楽しかったよね(笑)

家で輻射熱と対流熱がどういう風に作用するか。

超高気密住宅で外気導入無しで、安全に確実に焚くにはどうしたらいいか。

このFさんの工事に携われるのは、薪ストーブ屋として、誇りのあることだと思って仕事しました。

ここは誰でもできないよ。

ファイヤピットが出来てよかった。


来年もこれを沢山つくろう。

2013.04.20 Saturday

第2回 北の煙突掃除人集会 終了

北の煙突掃除人集会という名の有志プロショップだけの勉強会が終わった。参加した皆様おつかれさまでした。

今回は函館は開催地で、俺は、チャラい、ホスト。


2日間で用意した内容は、次のとおり。

.侫.ぅ筌團奪箸瞭散颪△気蝓

日本初の鋳物薪ストーブ、AGNI実演

C聾宜務店様で、ゼロエネ、LCCM住宅への流れ、性能などを講習、質疑、実際に体験

す盖ぬ住宅においての微差圧計による実際の測定

ソ斬陲旅眄能化の流れに浮かぶ薪ストーブ屋のブルーをディスカッション


一日目の夜ごはん ↑


二日目

|31年のペチカを煙突掃除/メンテ

¬攸箸澆硫箸留貽輿歃/メンテ

2現場の安全装備、その他反省会、意見交換

ぐ汰肝コ峙離で討論

ハ台について

高気密住宅×第三種換気×薪ストーブのたった一つの本当

Я躋


という感じ。

そのほかにも、前日での煙突ツアーとか、いろいろ、見てもらいました。

内容濃かった。

濃い内容にできて良かった。

いいロケーションで旨い食い物でサッポロクラシックで温泉でというのも含めて、北海道の、函館の、いいとこを見てもらって良かった。

これはまさにプライスレスな体験。


やはり一生懸命の先に"楽しい"は必ずあるね。


今からまた一生懸命だね。

2013.04.15 Monday

偉大なる"火"の一番の家来

火は人類最大の発明だという。

その最大の発明の末裔が、薪ストーブだ。

それに携わる俺たちは、偉大な火の従順な家来ともしもべともいうことができるだろう。

偉大な火の一番の家来が俺達。誇らしい。

Fire is the greatest invention of humanity.
The descendant of the greatest invention is “WOOD STOVE”.
Persons engaged in work on wood stove could be the docile retainers or servants.
We are the retainers of the great fire.
Just be proud.
(北海道リンクアップ 加藤くん 訳)



以前ブログに書いた文章がヒントになって、Tシャツのモチーフになりました。

このオフィシャルTシャツは、

"第2回 北の煙突掃除人集会" のもの。

今年ファイヤピットがホストで、函館で開催されるので記念で作ったプレミアムTシャツ(笑)

俺がイタズラ書きした形を良くして良くしてここまで製品にしてくれる青森の隊長はすごい。

Tシャツは、普通に普段着て歩けるポテンシャルが大事だと思ってる(笑)

何でも隊長に頼んだらいいわ(笑)

英訳できるカトー君もすごい。


一人じゃ何もできねえ(笑)


明日から続々と、函館にススが友達の奴らが集まってくる。

ゼロエネ、LCCM住宅、高気密と薪ストーブをメインテーマとした内容の、絶対に日本で初めての勉強会。

ヘトヘトの凄い内容になったと思う。

2013.04.05 Friday

高気密 × 第三種換気 × 薪ストーブにまつわるたった一つの本当

来る4月中旬、"第2回北の煙突掃除人集会"で、やる内容のテキスト? がやっとできた。

みんなあーだこーだ考えてるけど、こんなん答えはたった一つだ(笑)

ウチは、ちなみに全く悩んでいない。換気設備や暖房のスペシャルでもあるのでずーっと前からこんなん実践してるわ。



でもまともな設備屋さんだったら、これくらいみんな知ってること。

でも設備屋さんは薪ストーブのこと知ってるとは限らないし。。


ということでほどほどに貴重なテキストだね(笑)
 

2011.12.04 Sunday

ハウスメーカー

うちに来るお客様で、新築のお客様の話。

ハウスメーカーに薪ストーブのことを言ったら、オール電化の方がイイ、って言われました。

よくよくよくよあるパターンだ。もーー何人もいる(笑)

まぁ、ハウスメーカーが、推進費として北電からお金をもらってるのもあるし(公ではないのかもだけど)、ハウスメーカー自体が薪ストーブを知らない、ってことがあるかな。

薪ストーブも暮らしたことがある、

電化セントラルも暮らしたことがある、

そういうハウスメーカーの人が居るのであればそういう方の意見は参考にしてほしいわ。

函館でも両方の視点を持つハウスメーカーさん、ありますので紹介します(笑)


挙句の果てに家の気密が、とか言ってしまうのって全ーー然ダメですから。

勉強不足です。

高気密住宅でも、もちろん薪ストーブは燃えます。

そう作ればいいだけなんだよね。大体は高気密と計画換気設備のことを勘違いしてる人が、そういうこと言っちゃうね。


家建てるってお客様にとっては一生に一度? の大事なこと。

誰かの思惑に流されて納得いった風、って、、ヤバいと思いますけど、そんなんが横行してます。。。



ボクはお客様に言います。

薪ストーブで暮してる人だけがあったかく暮しているのです。



薪ストーブで暮らしている人達だけが知ってる本当のことです。


2009.12.07 Monday

薪買わなきゃないしょ

薪ストーブだと言うと、『じゃあ薪買わなきゃないしょ』、とよく言われる。

言われたことありません??

あなた、灯油買ってるでしょ(笑)、って言ったりしますけど(笑)

同じだよねえ

何で 薪ストーブ=薪は集めなきゃいけない になっているんだろ

『買ったら灯油より高いしょ』

次に言われたりする(笑)

だって灯油よか暖かいしょ

(北海道以外のみなさんーー北海道の方言の"〇〇っしょ"っていうのはこういう感じなのさね)

煤けるっしょー

なんも煤けね

危ないしょ

危ねぐねって

ナマリ教室みたくなってるけど(笑)
色々なお客様と話しているとランニングコストが安く済んでいるところなんかは、今のままで十分、と考えているいる方が多い。

灯油セントラルにしても、電気セントラルにしても。

電気セントラルは、付けたら電気代、みたいなイメージがあって(オイルパネルヒーターなどの場合)、みんなかなりケチケチ使ってます(ファイヤピット調べ)

私は暖かい家になれているので、正直他の人の家に行くと寒い。。。。

オール電化住宅の温水暖房の場合、3割~4割のお客様の家にポータブルの灯油ファンヒーターがあったり、灯油ストーブが置いてあったりする(ファイヤピット調べ/笑)

北海道の高気密で排気を室内に撒く系のストーブで!!

びっくりしちゃうけどホントの話。

火にあたりたいんだって。道産子もとい、人間て。

最初から薪にしたらいいじゃん。

暖かいよ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.