<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.02.18 Sunday

美の壺みた。

草刈正雄はしかしカッコイイね。

 

 

見た。美の壺、薪ストーブ。

 

まあ取材してるNHKがそもそも薪ストーブ暮らししてないから仕方ないし、全く掘り下げないNHKが悪いと思うけど、日本の今のレベルを映し出した、って感じだった。

 

つまり、、しつこいけど笑、

 

鋼板は冷めやすいとかオーロラとか、薪ストーブでピザで。

 

これらは10年前からいやそれ以上前からあって、10年間ずっとこれを繰り返してる。

 

このままだとそれになってしまわないかい?

 

俺だったら「そんな切り口やめとけ」ってNHKに説教して取材が終わるわ 笑

 

全国的に言うと物凄い勢いで薪ストーブの設置台数っていうのが減ってきていて

 

いろんなモノを捨ててきたみたいに薪ストーブはやっぱり日本に根付かないかもしれない。

 

 

こんなにいいものなのにな。

 

 

2017.12.23 Saturday

過去に葬り去ったほうがイイ表現ベスト5 いよいよオーロラ

やっぱりさ、

 

もうホントにいらないのは オーロラの炎、オーロラ燃焼。

 

これとても_| ̄|○する。

 

何がそんなに_| ̄|○するのかかんがえてみた。

 

 

やっぱり前から色々書いてるけど、木みたいな固形物がガス化して燃えるのにいつまでも感動してはしゃいでる感に、、、正直嫌悪なんだと思う (笑)

 

我ながら性格悪い(笑)! 

 

 

オーロラ燃焼するのが目的なような風潮

 

オーロラ燃焼するのが上手いみたいな(そういうことじゃないから 笑)

 

オーロラ燃焼するのが高性能なストーブかの勘違い (全然そういうことじゃない)

 

 

オーロラ燃焼から日本も卒業しようよ。俺も卒業した。

 

もう木みたいな固形物がガス化で燃えるのは当たりまえなんだってのを受け入れよう。

 

 

コーヒーに例えると「スペシャルティコーヒーってさあ、酸っぱいわけよ」ってドヤ顔で言ってるのと一緒。

 

まるで酸っぱいのが目的なようにね。

 

 

キャンプで言うと、何でもスノーピークがカッコよく見えてるのと一緒。キャンプが目的なのに道具が目的になってるみたいに。

 

 

トラックで言うと、ピックアップは買ったけど、何も積まないのと一緒。ハイラックスに砂利でも薪でも藁でも積めよ笑!!

 

 

ロックで言うとストーンズをわかってるつもりになってるのと一緒。並大抵じゃねえよ 笑

 

 

将来 本質が抜け落ちたことを「君はオーロラ燃焼だね」って言うようになればイイと思う! 笑

 

 

オーロラを楽しむことに対して、例えば薪作る作業は常に本質だ。そこからまっすぐにつながった答えは、"オーロラ" ではなく "あったかい" でイイと俺は思う。

2016.10.03 Monday

オーロラなんてクソだというのをそろそろわからなきゃいけない時代。

オーロラにいつまで喜んでんだ?

 

本物のオーロラは喜んだらいい。地球の奇跡だもんな、キレイだし貴重だ。

 

でも、ストーブのオーロラは、ある程度温めて空気絞ったら出るもの。奇跡でもなんでもないし、全く貴重でもない。

 

特に世界的にストーブの鋼板化が進んでるなか、ますます火室のエアタイト化も進んで、オーロラは簡単に出る。

 

オーロラが高性能の証でもなんでもない。

 

二次燃焼にはしゃぐのはもうそろそろやめにしようよ、これって、我が日本の薪ストーブ文化が低い証なんだ。

 

オーロラは、燃えるものがあって、温度があって、空気が足りてない時に出る不完全燃焼。

 

メーカーもストーブ屋もオーロラなんて売り物にしちゃダメだ。

 

特に外気が低い道産子のみんな、絶対にやっちゃダメだよ。

2016.07.04 Monday

地震で煙突が外れたら。2

早速 昨日書いた通り、斉田さんの提案の実験をやってみた。

 

知りたかったことは、ガンガンに燃えているストーブの口元から突然煙突を外したら、だね。

 

有志に事前にどうなるか予想してもらった。

 

「ゆるやかに燃え続ける」とか、「10秒で消える」、「10分で消える」、色々な意見が出ました。

 

ストーブはいっぱい入れて焚きつけて、熾火になったところで広葉樹の薪を3本入れて、15分くらい焚き上げた一番イイ感じのところ。着火からは40分くらいかな。

 

で、結果を時系列で文章にすると

 

1 煙突が外れる

2 燃えていた火が空気を絞ったような燃え方になる。(大嫌いな、いわゆる"オーロラ"みたいな) 25秒

3 火がだんだん弱くなる(ここまではものすごく煙は出ていない) 30秒

4 火が消える 45秒

5 消えたとたん、真っ白な煙がいっぱい。(くさい)

 

で、また煙突つないだら火になったんだけどね、、

 

この小さな実験で分かったこと。

 

 

1 地震の時、煙突とストーブは完全に外れるべきではない。炭化水素ガスでも、熾火のCOでも、いずれにしても死ぬと思うし、家の中にニオイがついたら、、家は大丈夫だったとしても、2度と住めないと思う。

 

2 煙突とストーブは外れるべきではない、とすると、耐震、免震、色々考えがあると思うけど、「ずれない、コケない。」が基本的なものになると思う。縦型ストーブの上が重たいバランスの悪さ、4本脚ストーブの脚と本体の固定方法、強度、どっちとも今のところ、日本の地震に対応してはいないと思う。

 

3 震度7で壊れない家と同等の強度の煙突が必要。

 

(ここまでで、これをクリアする方法が1つ思い浮かんでる。)

 

ってまだまだ色々あると思うけど、断熱二重煙突も、どこのやつが揺れに強いのか。とか、強度のある煙突囲いの作り方とか、ナナメ天井+煙突囲いみたいに強度の無いものとか課題は山盛りだ。

 

やっぱり煙突は耐久性安全性などの必然事項で優先されて設計されるべきで、

 

カッコイイから、とか意匠的にとか、、、言ってる場合でなくなったのは、2011と今回の熊本が警笛を鳴らしたのかもしれない。

 

大工、斉田さんも 雰囲気より命 、って言ってるね。

2015.01.07 Wednesday

どうでもよくなるりょく

暖かかったらどうでもよくなる。

その力たるや凄い。

ウチのストーブなんて、サイドドアの調整がちょっと甘く、もっとキチキチに調整しなきゃとおもいつつ、

暖かいから「ま、いいか」となる。

ナマグサなだけか(笑)

いやいやただ、俺はこの仕事だからイイけど、

皆さんのとこのメンテは壊れる前がいい。

壊れてからするのは修理。



Tシャツがちょっと短くてモモヒキの中にインできなくても、暖かかったら「まいいか」になるし、

オーロラ燃焼とかどうでもいいし、暖かいってすげえ。

 
昨日ちょっと遅めに来た数枚の年賀状が凄かった。

みんなそれぞれ思い思いの"暖かい"を書いてくれてる。嬉しいもんだね、ホント、暖かいってすげえ。

2013.11.12 Tuesday

あれこれストーブより煙突より大事なこと

真っ白になったね。


薪くべて、ドア閉めて、閉めたとたん薪に火が回ってすぐにガス化の燃焼に戻る。

薪が最高に乾いているだけの話だけど、

素晴らしい煙突とあれこれ悩んだ素晴らしいストーブの組み合わせうんぬんより、

ちゃんと割って、それが乾く薪棚がある、それで乾いた薪がたっぷりある、っていうことの方が10倍大事だ(俺のことだけど 笑)



後はオーロラ燃焼とか、触媒がどうとか悩んだり考えたり、

けっこう俺はどうでもいい(笑)


ストーブが機能するための箱づくりも大事。



今時期身体が寒さについていかないよね。火にあたれることのありがたみが骨身に染みる。

2010.11.10 Wednesday

一分間のオーロラ燃焼ショー(エンライト)

オーロラ燃焼が何もえらいわけではないけれど

単純にキレイだったので撮ってもた。しばらくこんなんして燃えてた。

久々の動画UP。 


you tube です。このブログにも貼れればいいのにね。(よくわからん/笑)

(後記)
貼れました


エンライトみたいに炉内に積極的に二次燃焼用のエアーが入っていない(このあたりが正確なこと言うと またちょっと違うんだけど、)ストーブだと、

こういう燃え方するね。

何言ってるかわからんけど(笑)



2010.05.13 Thursday

ダッチウエスト フェデラルコンベクションブーム

お店の実演機はダッチウエストのフェデラルコンベンションヒーター。FA225。

ということでブームが起きているのは、私の中でのこと(笑)

体重172舛FA225 も 287舛離┘ストララージの FA285も、なんと触媒は全く同じもの。

FA225のボディには大きめの触媒になるのか、FA285には小さめの触媒なのかわからんけど、FA225の燃焼効率は、カタログ数値云々ではなく、本当にヤバイ気がする。

実は私はフェデラルコンベンションヒーターのデザインは好きではない。なんというか…、あまり好きではない(笑)


でも、性能、って意味で言うと…

FA225にかなうものは無いのではないか??って思うほど凄い。

ボコボコフェイスも、カタログに表面積が58パーセントどうの書いてあって、そんなんたいした違うかよ! と正直思っていたけど、、、、

全く違う(笑)!!!

前の実演機セネカと比べると、全く違うのさね。(セネカもイイストーブだったけど。。。)

そして、燃焼時間。。。カタログには8時間と書いてあるけど

12時間くらい後でも全然熾きある!! 低温燃焼させてるわけじゃないですよ。とにかく、長く燃えるし、薪を選ばない。セネカはここまでは燃えたこと無いなぁ。

外気導入できないけどね。

セネカに比べると、火室の高く、火足が長いせいか、、紫のオーロラがキレイ。上が丸いガラスなのでちょっと見えにくい?けど(笑)


ストーブの技術って、性能って、"暖かい"ストーブて簡単に作れるんですよ。

タマゴ型とかの鉄板ストーブって暖かいもんね。っていうか、熱いのか。

いろいろなトラブルを誘発する低温燃焼しない安全な温度で、許す限りの低出力で長時間燃焼できる性能、ってことを考えると…

やはり触媒にかなうものは無いなぁ。

このあたりは同社のエンライトと比べても全く違いますからねー。

そしてフェデラルコンベクションヒーターは、メンテナンス性もとてもいい。

インナートップさえ壊さなきゃ、ホント長ーい間使える。


まぁ、今日は褒めちぎりましたけど(笑)、いろいろなストーブに対して、ニュートラルでいるのは、当然そうであるつもりでいます。

昨日見たアンデルセンのクリーンバーンの炎もキレイだったぁーー(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.12.13 Sunday

オーロラって言うからには青い

 オーロラ燃焼って人気あるよね。

ストーブは決してオーロラ出す道具ではないけど

キレイだからやってしまうよね。

温度が低くてもオーロラ出せるストーブの人は要注意だよ。高い温度で出そうね。オーロラ。

でも前に動画アップしてたやつなんかも赤いんだよねー。赤はカンタンなんだよなぁ…

青くなきゃオーロラでないよねー。

という事で頑張って青いっぽいの撮ったさね


ちょっと前よかはいいね。

部屋を暗くすると、テレビよか全然おもしろい。

似てるなぁ、ホンモノと。。

ここまで似てるというのは、もしかしたらなんか関係あるかも!!??って思って…

なんか関係あったら ストーブ内は小さな地球だったりしてとか思ったらステキ過ぎるべや!!と思って…

ウィキに聞いたら…

全然わかんねーーーー

たぶん いや絶対 関係ないです(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.11.07 Saturday

夫婦喧嘩になるネスターマーティン2

 今日また、ネスターマーティン行ってきました。

特注の壁プレートをつけて、焚付けすることに。

で見れは見るほど、変わってるステキなストーブだ。



ストーブは一緒に暮らさないと、そのストーブのことはわからない。
焚付けしたことあるくらいで、そのストーブのことを色々言うのは解ったつもりになっているだけ。と私は思っています。

なのでそれを前提に読んでね(笑)

このストーブ、他と決定的に違う点が何点かあるけど
薪ストーブマガジンでも紹介されたように、針葉樹推奨、、、らしい。
いやもちろん広葉樹が悪いわけではない。

でオーナー様が焚付けしたのは今日は暖かいので殆んどが建築端材。(かなり細かい)
中に一本ニセアカシアが混じった。直径で10センチくらい。

通常ならアカシアだけ残ってしまうだろう。

結果はアカシアの熾きが先に崩れた。

端材の熾きはデレキでつっつくと、考えられないくらいしっかりしていた。

それだけゆっくり焚けるのに、、、温度低下が見られない…

不思議なストーブだ。


オーナー様夫婦がなかば本気で口喧嘩していました。原因なんだと思います???
[
私のオーロラの方がキレイだって(笑)

笑ってたけどなんかわかる(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.03.13 Friday

エンライトでのオーロラの炎

エンライトユーザーの方もそうでない方も
実際はもう少し色がキレイですけど


写真はエンライトスモールの炉内です。
この状態は偶然の出現ではありません。
こういうふうに焚いているんです。
一時間後にこれ見たいから用意しといて、
と言われればこの状態で焚けるものなんです。
この状態が長い時は何十分か続きます。
その時ストーブはトップで250℃位の安定した巡航状態です。

この状態は基本的には燃焼空気が足りていない状態なんですね
条件として
熾き床があること
その上に燃焼ガスを出す、これから燃える薪があることです
そして炉内が十分に温まっていること

熾きに炙られ、薪が燃焼ガスを炉内に出します。
今のところ酸素が無いので燃焼はしません
そこで暖められた一次燃焼空気と未燃焼ガスが反応して炉内いっぱいに火がつくのです。
ちょっとした爆発というか、バックドラフト状態というか
実物はこんなに赤くなく、幻想的でもっとキレイです。
部屋を暗くしたりしたらとてもキレイでしょうね。

エンライトは二次燃焼ボックスがストーブ背面ですので
炎が基本的には後ろに引かれます
エンライトの二次燃焼時はさほど炎がキレイじゃないという方もいますが
こういう燃やし方もできるんですよ
動画はもちろんダンパーを閉めた状態の時です

ストーブの温度を下げずに
空気を少なめに焚くと薪も経済的です。
それが難しいのですが(笑)
コツは熾き床ですよ
そして空気の調整です

エンライトの空気の調整については
また次回にします!!

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.