<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.03.17 Friday

目を澄ませば

北海道も春っぽい。

 

大沼の現場に行くと、今まで何回も書いてきたけど春の気配に目がとまってしかたない。

 

春の色気 2015.2.27

 

モノトーンに光るオレンジ 2011.3.9

 

木々の顔色 2013.3.10

 

こう見ると毎年同じくらいに同じこと思ってんのね(笑)

 

たぶん来年もまた思うんだと思う。

 

 

 

これは女王、イタヤだね。

 

 

 

これはエンジュかな。

 

 

 

これはアサダか、カツラか。

 

 

しつこいけど、これらがこんなに鮮やかで生気に満ちているのは、春だからなの。

 

アオタモも凄かった。エダマメくらい緑だった。特に若い木が発色するんだよ。なんかわかるよね、自然の摂理っていうか。

 

冬はこの木々は全部生気を消して、灰色なんだよね。

 

色って生気なんだ。

 

鬱病になると色とか無くなるっていうもんね。

 

北海道は特に冬が厳しいから冬は生気を消し、春は喜ぶんだろうと思うよ。

 

 

目を澄ませば、色々なものが見えてくる春。

2016.11.11 Friday

焚きたくない薪

ナラの樹皮が取れるのはカンベンだ。

 

だいたいがカミキリの仕業だね。

 

超細かいおがくずでえらいことになる。

 

対してイタヤの樹皮が取れるのは美しい。

 

白く締まってツルツルの肌に惚れ惚れする。

 

何か脱皮してワンランク上がったものにすら感じる。

 

はがれた皮すら、なんだかイイ質感(笑)

 

外装にでも使いたいくらいだ(笑)

 

クヌギがイイとか何がイイとかって樹種に関して毛頭なんかいうつもりは無いけど、こういうのを見ると焚きたくなくなる(笑)

 

真っ白なのに、、火がついたら真っ黒でみんな同じだ(笑)

 

あったかいけど。

 

眺めていたい触って焚きたくなくなる薪はイタヤカエデだけだな。

 

 

イタヤへの想いについてはかねがね書いてきてるけど

 

よっぽど好きなんだと思う(笑)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 

2016.11.04 Friday

幼木の黄葉

めんこいしょ。

 

「おめーも色づきたいのか♡」って感じ。

 

 

イタヤカエデの幼木。

 

 

この葉っぱが11枚のイタヤ、

 

10年後には何枚の葉っぱをつけるんだろうね。

 

惚れ惚れするようなデカイイタヤになってほしい。

 

充溢した真っ白な幹にものすごい沢山の炭素を固定して惚れ惚れとさせてほしい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 

2016.06.08 Wednesday

フィスカスのトビ

フィスカスの母国、ヘルシンキのホームセンター行った時に買ったった、トビみたいなもの、、さっそく使ってみた。相変わらず"味わいゼロ" だけど、まあ、これはこれでかっこいいといえばかっこいい。



とにかく軽い。もともとイタヤカエデの柄が秀逸なのは、軽いから。これはそれよりもずっと軽い。しかも腐らない。抜けない。

でも、短い(笑) そして尖がってるだけでチョンが無い。

惜しいなこれ、すげえ惜しい。少しガマンして使ってたら慣れるのかもしれねえ。

たしか、3500円くらいだつたような。現地値段だからね。日本に来たら3倍だと思うけど(笑)

けっこう前に、フィスカスにトビあったらいいのにね、なんて冗談で描いたのがこれ。

全然違ったね(笑)

2014.05.26 Monday

アズキナシ

玉切ってると、今やってるヤツ、楢、栗が多いんだけど、樹皮の薄い白いヤツを見るとときめく。

俺だけですか(笑)?



大体は、モミジの事を言ってるんだけど、これは多分アズキナシ。このあたりの山では、楢、栗、桜、カエデ、アオダモ、樺類、にぽつーんと混ざる感じ。。

まぁ、めずらしくない。

秋に確か小さい赤い実をつけるヤツだね。

カエデほど重くはない。

去年も数本あったけど、ホント、こういう樹で薪棚埋めてみたい。

イタヤカエデ、ブナ、ナナカマド、アズキナシ、アオダモ。

コグチ真っ白で暖かい雰囲気無いの(笑)、無くてもいいや。

2014.05.13 Tuesday

イタヤの蕾

イタヤカエデってのはさぁ、とにかく色々な意味で憧れに思う樹。

地球の生命感すら感じる春のイタヤのメイプルシロップ。

長い冬の始まりの秋の黄葉。

チェーンーソーかけた時の、紙ふぶきのような純白。

割ったときの飛びきりの高揚感がはじける硬さ。

風にあたってて虫がつかない強さ。

キレイな樹皮、キレイな木肌。
 
焚いて最高の暖かさ。

こんないい樹ないな。
 
ナラより何故かずっとずっと好きだ。



これはイタヤの蕾。この後たぶん淡い黄色の花が咲いて、
 
そのあとプロペラの種になる。

これは工事の最中に会った庭木でけっこうな老木だけど、この時期の葉っぱと蕾の若々しくて柔らかい感じ。
 
ホントにキレイじゃないか。


こういう素晴らしいものを持っているだけで、なんとなく豊かな気持ちになる。



 

2014.02.19 Wednesday

カミキリムシ ナラ

ウチの2年モノのナラはカミキリムシにやられてて、

持ちあげるとこうなるので

焚くのが億劫になる。

あげないけど(笑)

サーーーーっと落ちてきてるのはとても細かいオガクズ。

形成層、っていう樹皮と木質部の間を食い散らかすわけね。で、乾いてこういうことになる。

好みがあるらしく、カミキリムシが入らない木も沢山ある。

イタヤやブナ。

いずれも樹皮が薄いね。

ということでイタヤこそが最高、って言う人が北海道ではホント多い。

俺も一度だけ、イタヤだけでウチの薪棚18りゅうべいを埋めてみたいのが夢だ。

おや、手に入るものを焚きこなす、

って言ってなかったっけ(笑)


2013.11.20 Wednesday

瞬間の計算

よくお客様のとこで「この薪、乾いてる?」って聞かれます。

その時、自分で作ったことのある木は、持てばわかるんだけど、

持って何してるかっていうと、

計算してるね(笑)

自分で作ったことがある、というのは、伐ったばかりの木の重さを知ってる、ってことでさ。

記憶力が極端に悪い俺でも、

薪を作るってことは、身体を使って切ったり持ったり運んだりで嫌でも覚えてしまうのが身体を使う素晴らしさ。



で計算方法(笑)

(このイタヤのこの大きさでもし生木だったらの重さを想像したもの) − (実際に持ってみた重さ)

×ボケてないか補正(ボケた木は軽いよね)
×ZM補正(大きい薪は乾きにくいので)
×置き場所を見てしまった補正(見たらだいたいわかるよね 笑)
×お客様補正…

って補正でほとんどわかるやん!



たいしたことねーな(笑)

2011.06.26 Sunday

4980円??

今日帰りにホームセンターに寄った。

498円の六角レンチセットと1280円のセットを迷って、498円のにした。そういう男だ(笑)

(でもバンバン使うものはイイヤツを買う)

で店を出たら樹が売っていたので見てみると



見難いが"イタヤカエデ" 4980円。

ええっ 高っ!!!

山って4980円だらけじゃない??

イタヤを庭木??

ありなのか??

でかくなるよね、この木


隣のヤマモミジはイタヤよか高いと思いきや、、、



2980円。。。



カエデ類の幼木はかわいい。

山に生えてるのは一本一本が斬新な生け花みたい。

いつも持って帰りたくなる。

サクラの幼木も売ってたけど

サクラの幼木も山にいっぱいある!

いいなあホーマックに卸すかなぁー(笑)

ええっ

幼木卸したらええんでない(笑)!?

2010.06.20 Sunday

栗汁を作る2

栗薪を一晩バケツに漬けて、タンニンを採取しようという試み(遊びね)だ。

単にタンニンが欲しいきゃ、柿渋買ってきたほうが早いよね(笑)

一晩でこんな色になった


渋いのかどうか飲んでみたくなるよね(笑)

出てるね。

早速カビたシラカバに栗風呂に入ってもらう。



というか、

単純に白い木ってタンニンが含まれてないから、カビるのかな。

イタヤもかびるっちゃあ、かびるよね。腐らないげとね、シラカバみたいに。でも、*ハンノキはかびないなぁ。コブシもカビてた。。

現代人にタウリンが不足しているみたいに、白い木には、タンニンが不足しているのかな(笑)


これを浸かっていないシラカバと、栗のパワーをもらったシラカバと一緒に並べて、

なんとなく効果があるかどうか、を検証しよう。


まあ、正直、夏過ぎるとカビの勢いも無くなるし、実際その薪を使う時にカビの跡も、気にならないんだけどね



*追記: ハンノキはカビてました(笑)

2010.06.04 Friday

フキ、やっとやっと入荷しました。

あああっ、間違えた。

フキでなくてトビだった。



よーく写真を見ればわかるかもだけど、"縮み杢"が出ているのが1本ある。
キレイだ。
柄はイタヤカエデ。メイドイン北海道っぽくていいね。
とても軽くて丈夫です。"軽く"、っていうのが、めちゃくちゃに大事なんだな、この道具。

あのー

既製で売ってるモノとははっきり比べ物になりませんから。同じ名前の道具では無いくらい、違うと思います。

地方から注文いただきましたものに関しては、既に発送いたしました。

柄があるだけ作ってもらったので

既に予約いっぱいでしたが、少し余裕があるみたいです。

ご希望の方は何か連絡くださいね。まだあるかもしれません。

フキはついてきません(笑)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.05.11 Tuesday

本当に生木の含水率を測る

さっきはタイトルだけアップしてしまって(笑)

まだ測ってなかったんだよね(笑)

これから測ろうかな、と思ってたの。

乾燥した木を計るときはあっても、これから乾燥させるものを測ることってなかなか無くない??

で。

言い訳はさておき

ナラ。真冬に落としたもの。全部ね。つーか手汚ねえね(笑)
25パーセント。 硬い木なので、頑張って今年の冬焚けるようになるんでない??



で33パーセントの、ハンノキ。柔らかいし、乾くよ。



↓これはホウノキ。朴葉味噌の"ほ"  30パーセント。これもやわこいから乾くと思う。



↓細いけどイタヤカエデ。25パーセントくらい。あんなにジャブジャブだつたのに。
樹皮の下だけなんだね、ジャブジャブなのは。これも硬いよ。
こういう硬いのは、やはり2年は乾燥したいね。ナラも。




↓問題のニレ。35パーセント〜40パーセント。

めっちゃ重たいもん。

これはなんか無理なような気がする。

ニレの乾燥状態は、薪ソムリエの"ニレの成熟"コーナーで、やります。



まぁー
今まだサクラが満開か満開でないか、位だからね。

まだまだ寒く、ホントら乾燥するのかな、と思うくらいだけどね

これから暖かくなって 太陽と風のチカラを信じて待ちますか、って感じですね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.05.03 Monday

ソムリエ、玉切りに出向く

天気もイイ。(昨日の話ネ)

お昼まではなんとか時間ある。(お昼から煙突掃除!)

で、薪ナリー(ワイナリーの意)に行って来た。

マイマキナリー。


こうゆうミックスって、凄い楽しい。切ってても楽しい。

わっ ナラじゃーん

わっ イタヤ。細っ

わっ ハンノキ。太い…

ヤナギ腐ってる…

ニレ重たーーーい

久々のアカシアじゃん、臭っ

楽しいぜっ



チェーンソーのタンクひとつで切れた量。2.5㎥位なのかなぁー

一時間ちょっとはマンタンで仕事できる。

でもニレはベチャベチャだと聞いていたけど、こんなにベチャベチャなのか…

乾くのか??

ニレのデータ何点かとっておこう。

切ったら割りたくて焦る(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.05.02 Sunday

ソムリエの季節、再び(笑)

真冬に薪ソムリエは何をやっていたでしょう??

答え

なーんにもしてない(笑)

だって薪セラーにある真冬用のナラ/イタヤ/アカシア/サクラ/栗 片手じゃちょっと持てない感じのどれも大割り。

それしか無いんだもーーん。

しかもナラとイタヤ、栗は2夏越えたもの。じっくり熾して、入れてるだけ。

あったかかったぁ。

今時期はクズ薪というか。

そういうやつをこなしていた。

ソムリエの季節といったって腕組みしてセラーの前なんかいられない。

自分用の薪…まだ終わってない(笑)

ソムリエも薪つくりで修行です!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.05.01 Saturday

宙に浮くイタヤ

根から倒れていたイタヤ。

オンコにもたれかかっている。こういうのは片付けないとどうしようもない。

根から切り離してあげると、宙に浮いた(笑)


危ない危ない。

細く見えるけど、けっこう太い。30センチくらいはあると思う。

どうしようもないので

オンコも倒してみーんな薪になったとさ。

おしまい(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.04.29 Thursday

噂のトビ

昨日 噂の?"トビ"を作ってるオヤジのとこに行って来た。

なんていうか、ブルースでいうと、ミシシッピデルタのようなディープさだった、いろんな意味で(笑)



で、柄になる、原料のイタヤが、今既に在庫があまり無いそう。乾燥の具合からするとね。

ウチで予約入れている分入れれば、あと2〜3本しか、今年出せないことが判明。

ヤバイ。後は、来年以降になります。

あまり積極的に売れない商品になってしまった(笑)

市販のものとは、全く使い心地が違います。軽くて丈夫で木がついてきて、木が離れる。

自分で薪をやってて、持っていない方はぜひ!!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.04.21 Wednesday

何に使うかはまだ秘密…

本番用のナラ

身体を暖める用の樺、イタヤ

悩んだ時用のホウノキ

スターターのサクラ



いつもは目検討で切るけど、大体正確に40センチに玉切りしてきた。

1㎥くらいかな。

もうちょっと要るな…。

週末に使うものなんだけど、何に使うかはまだ言えなーーいのです(笑)

びっくりしますよ(笑)、たぶん。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.04.11 Sunday

女王は濡れている

ネタ切れでシモネタ!?

んなこたない。

薪の女王、イタヤカエデの木は今時期だけ、樹液を採取できる。らしい。

で、今時期チェーンソーでイタヤを切ってると、身体に"水?"がかかるくらい、こっちに飛んでくるくらい、まさに水が噴出している感じ。

切り口はこんなにベチャベチャ。

すっごいね。

イタヤもシロップ、メープルシロップが作れるらしい。

ちなみに、メープルシロップは、木から取れたもの、はちみつは蜂が集めたもの、と、全く別なもの、と知ったのは30歳くらいの時だったけどね。
メープルシロップはハチミツを…なんかしたもの、だと思ってた(笑)
でも、ハチミツよか、好きだと思ってたました(笑)

そんなん、採れるなら俺も集めてみたーーーい。

ということで…



で、樹にぶら下げておいて、そのまま忘れてきちゃうからね(笑)

回収しにいくよ。今日行けるかなぁ。溜まってるかなぁー

1リットルで25グラムだって、作れるの。

500のペットボトルなんで、12.5グラム(笑) トースト一枚かなぁ。

イタヤカエデは最高だね。

燃やしてよし。散らからなくてよし。樹液採ってよし。紅葉もキレイ。

イタヤの雑木林、って聞いただけでワクワクするね(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.02.08 Monday

冬の雨。

ウチの会社は建築設備もやっているので
これだけ寒波が続くとブログの更新が出来なくなる。 のです。

薪も凍りゃ水道も凍るわけさ

溶かしたら破裂してたり。。。。

ということで更新してなくてもめげずに来ていただいてありがとうございます。

でも 寒波も行きましたね。なんとなく。

もうマイナス13度とか、今年はないんじゃないでしょうか。


マイナス13度の時、うちは暖かかった。

仕事に行ったうちでは靴下2枚はいてても、寒い、って帰りたくなったりするのに(実際帰りませんよ/笑)
寒きゃ寒いほど、
ウチはあったかかった。

全然余裕だったなぁ。底冷えもない。

裸足だし Tシャツ一枚だ。仕事部屋には短パンもある。どうするのかって…暑いとき、履くのさ。

ご近所に暖かいのをアピールするためにそのまま出たりする。

ちょっとクルマにモノ取りにとか(笑)誰も見てないって。ショーパンに防寒長靴(笑)

ということでまだ10度下がったって暖かいだろう。

これもそれも薪ストーブのおかげだ。

で一生懸命作った薪が暖かい。

今はナラとイタヤばかり。

大割のイタヤがでか過ぎる、、、と思って半分にしよ、と思ってグレンス振ったら割れなくてニヤッとした(笑)

わかるかなぁーー

こんなに乾きやがって…

みたいなね(笑)

わかんねーだろうなー


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.01.27 Wednesday

薪割りは楽しいけど・・・

 ストーブ導入予定の皆様に薪割りは楽しい、って話しはよくする。

確かに楽しいんだけど…

薪割りは汚れる。自分ちの庭で割ろう、という人にはそれが出来るとこかどうか、ちやんと考えたほうがいいね。

玉にはチェーンソーのくずだって、転がしたときのドロだってついている。

割って樹皮もはじけりゃ木っ端も飛ぶ。


最初からいいことばかり言ってられないからね。

ま、これは真っ白な雪の上だからかなーーり極端だよ。これだって土の上だったら全然気にならないけどね。舗装の人とか。芝の人とか。考えとかなきゃいけないね。

イタヤとアオダモだけ割ったら全然汚れないかもね。

ま、
だけど知っててよいことだろうなあーー

ちなみにこの状態は、ウチの場合、角スコップでこそげて集めて、〇〇〇の方へうぉいしょって言いながら〇〇〇するとキレイになる(笑)

悪いことをしているわけではありません(笑)よ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.01.22 Friday

アカシアへの信頼

 お客様のとこへ試し焚きなんかに行くときは、必ずニセアカシアを持っていきます。

ナラでもイタヤでもなく、ニセアカシアは外せない。

まぁ、今シーズン、うちの薪セラーにあるのが

アカシアが多い、っていうのもあるけど、アカシアは今シーズン絶対的に信頼しています。

硬いくせに、火付きがよい。のが一番かな。

キンキンに熾きになるのは薪ストーブ初めてのお客様でも薪ストーブの暖かさをちゃんと堪能できる。

まぁ、ハウスワインならぬ…

ハウスアカシア(笑)だ



来年ウチの薪になる木がぞくぞく入ってきてるけど

アカシアが今年まだ無い。

今年は何故か単一樹種で入ってくる。
ハンノキ
シンジュ
アカマツ
カシワ
クワノキ
楽しいもんだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.12.04 Friday

ジルコン用

 ジルコンって知ってます??

失業しかけの薪ソムリエが最近いちばん思案するのが、ジルコン用の薪。。

来月かな??据付。

↓ これは撤去工事のもの。

↑ ジルコン。首を90°かしげて見てね(笑)直すのめんどくさい(笑)

オープンファイヤーのこのストーブ(?)をいかに良く燃やすか。

アペリティフ(焚付け)からしてジルコン用だろうな・・・・。

まずはファイヤースクリーンはあるにせよ、ハゼの激しくないもの、がいいと思われる。

ということで
ウチの薪セラーにあるものから作るとすると…

アペリティフは、軽いハンノキとしっかり燃えつつ、火付きが良いアカシアが半々位にマツを少し いずれも極細割で
全体に火が回ったところでサクラとイタヤの細割の短めのやつ。30センチくらい。
元気がなくなった時用に、針葉樹も用意しておく
で、ちゃんと熾きが溜まってきたところで少しずつ太めのものに変えていくけど、
いちばん太くてもエアタイトのストーブで燃やす薪の細割くらいでとめておくのがいいだろうね。

はぜない、火付き、燃え方から言って、ニセアカシアがメインでイイとおもう。

あとは、オガライトを常に焚いて、そこに薪を足していく、という焚き方がいいだろうね。

オガライト併用であれば
結構中割り位でも上手に燃やせると思う。

けど

ユーザーの皆さん。
今日あなたのストーブの扉を一度も閉めてはいけません。
って言われたら…??

けっこう考えちゃうでしょ、いろいろ(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.11.29 Sunday

果樹系の木

春にいただいた"豆柿"の木。 
割られて
乾いて
結構軽くなったのね。ああなんだ、柿って軽いのか

軽くなったから
薪ソムリエ的にはABCDでいう、CかBかなんて思ってた。。。香りもなく、皮下にワラジムシ少々。

そんな感じだから厳冬期ではなく、今時期焚いてみようと少しテイスティングしてみた。

したっけ…

なまらイイ!!

林檎といい梅といい。柿もイイなんて果実の木って…、ステキだ。

なんか、熾きの状態がね、いいんだよね。すごくいい熾きになる。。長ーーく、暖かい。ゆーっくり力強く熾きになってる。

前に果樹園の人に言われたのを思い出します。

『あんたらの焚いてるナラとかイタヤだったら熾きにならないもねー』

その時はね、えっ!?って思いつつ、林檎100パーセント 極太のカルヴァドスだったからね、、そこの薪セラー。そういうものなのかもなぁーって思ってた。

うらやましい。。

今年の冬、羨ましそうな顔して裸足で果樹園の選定眺めてたら 持ってけ! って林檎の木投げつけられないかな(笑)

やってみよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.11.09 Monday

薪セラーの整理

 しばらく触ってない(そんな触るものではないと思うが)薪セラーの中の薪を引っ張り出した。

セラー(棚のことです/笑)をつぼめる(短くする、の意)為に2年モノを一度出したのです。

もしかしてこの棚一番立派なフルボトルを置いてあるとこかもしれない。




サクラとイタヤ

全部三方六な立派な大割りかな。



三方六とは三辺が6寸ってことらしいよ。

こういうのステキだね。

まさにセラーの前でナデナデだね。

焚くために伐って、割って、乾燥させているのに

なんか焚きたくないって思っちゃう(笑)

薪セラーをボジョレーでマンタンにする春は嬉しいのと充実感だけどね。

解禁の秋以降、薪セラーが空いていくのを見るのは複雑だね(笑)

ウチも既に1.5立米は焚いてるいや飲んでる? かな。

でも薪ストーブニストは絶対寒い思いをしてはいけないからね。

沢山薪を作って、ガンガン焚く、と。抜群に暖かいのが薪ストーブだからね。

で窓開けたらイイんだもん(笑)

それでもエコなんだもんね、すごいねー

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.09.28 Monday

薪の含水率を測る (大割は乾きにくい2)

 前回に引き続き、ニセアカシア以外の薪でも測ってみることにした。
もちろん割って、その断面の含水率を測ります。


ナラ中割り 底辺16センチ 樹皮付き → 25パーセント



ナラ中〜大割り 底辺20センチ 樹皮無し → 18パーセント



ナラ丸太 直径12センチ → 25パーセント




サクラ 大割り 底辺20センチ 樹皮付き → 17パーセント



イタヤ 小〜中割り 底辺12センチ 樹皮付き → 16パーセント



イタヤ 大割 底辺20センチ 樹皮無し → 19パーセント



イタヤ 小丸太 9センチ → 見えてないけど25パーセント




針葉樹どっちにしても乾いてる!! けっこうデカイのに。


測定条件としては
晴れの日が一週間くらい続いている。
伐採は去年の春〜夏
夏〜秋に玉切り
1月から3月に割った 針葉樹は6月ころ割った


でまとめるとーー

ナラやイタヤなどの硬い木はやはり乾きにくいんだね。アカシアだって物凄い硬いよね。
硬い木の樹皮付きの大割りは要注意ですね。
また、樹皮が樹木の水分を守るのにとても大きな役割をしているのがわかったねーー

サクラは経験則として乾きやすいイメージがあったんだけど
それはホントなのかもしれないですね
やわらかいもんね、ナラやイタヤに比べると。

針葉樹も早いんだわ、水分抜けるの。

自分の薪は、薪割の時に樹皮が剥げるやつは、取っちゃった方がいい。

樹皮は樹皮で焚付けとか焚いたりとかすればいいんだもん

樹皮が無いと積むときに気にしなくってもいいしね、上下。

樹皮無しはワンシーズンでばっちりなんだわ。でも全部剥ぐわけにはいかないしね。面倒くさい(笑)


やはり 大割りの乾いてるやつ、っていうのは、手がかかる価値のあるものなんだね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.09.21 Monday

大割りは乾きにくい

 夏が過ぎた。



ポツンと書くと切なくて泣きたくなるね(笑)

まぁ、夏を過ぎて冬から春にかけて作った薪がどれくらい乾燥してくれたか。

割ってみて測ってみた。

すごい大事なことだと思う、これ
こんなん面倒くさいみなさんの代わりにやります!! (楽しいけど、俺)
薪つくりは農業と同じで一年に一度の経験しかできない。
だから経験則を培うことを、データ取りはすごい助けてくれる近道なのです。
色々なことがわかっちゃう。
それだけはダメだけどね。

まずは 樹皮なし ニセアカシア 長辺で約20センチ。長さは40センチ。
小さくはないよね??

コグチはちなみに14パーセント。参考にならないけどね。


で、。割る。

…楽しい!!

測る。

割った断面で18パーセントくらい。

いいねえ。

よし

次!

皮付き ニセアカシア 20センチくらいだから…小さくはないよね。中割りって感じかい??ま、さっきのと同じくらい。


割る。
やはり楽しい。

え゛ーーーーー

乾かないんだねー
約30パーセント。

そんなん誰でも知ってるけど実際数字で出てくるのって楽しいねー


ニセアカシアについては、他もサンプルしてみたんだけど
結果は大体こんな感じでした。
樹皮付きのものはかなり乾きが遅いみたいです。
小割りは皮付きでも乾いていました。

やはり大割りって、すごいんです。
贅沢品なんです。
人の薪棚で大割りが並んでいるとタメイキなんだね。

ちなみに屋根つき、雨ざらしの差は全くありませんでした。
7月にあんなに雨が続いたのに、です。

ナラとイタヤでもやってみよ。

ちなみに原木は去年の11月くらいの伐採かな。
玉切りは1月から3月
すぐ割りました。

棚は両側が何もなく、日当たり風当たりは最高
という条件です。

一年で大割りを燃やしたいなら
皮はいだ方が絶対だね。

ちなみに水分計はウチの店でも売ってます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.05.30 Saturday

ぱや焚き

" ぱやっと"っていうのは方言なんですかね?

ここ函館ではよく使います。

「雪積もった?」「なんも ぱやっとよ」
「おかわりどれくらい?」「ぱやっとでいい」
「用事足しにぱやっと行って来る」
なんていうか
方言っていうのは、訳すときニュアンスも含めて正確に当てはまる標準語っていうのは、なかなか存在しません。

ちょっと とか 少し とかっていう意味なんでけど

"ぱやっと焚く"
の"ぱや焚き"なんですけど
函館でも使ってるのは私だけかもしれません(笑)
いつもストーブをいじってて思うのは、ぱや焚きを上手にできるようになったら
そのストーブを焚きこなしているな、と。
ガラスが曇ることなく、低温焚きにならず
ぱやっと上手に焚けるのってなかなか難しいです。
暖かくドライヴできるようになって、その上でぱや焚きを上手にできるようになると。

その為には、小割りから中割り、大割り、
でナラ/イタヤみたいなパワーのある堅木
ハンノキ クルミ シナノキみたいな浅木
そして針葉樹
色々あるとホント便利なんですよ

ナラの大割りだけではぱや焚きできません。
それが、7月8月以外は焚く、外気温度15℃以下は焚く、ということを可能にしているのかもしれません(笑)

ちよっと大げさですけど(笑)

薪ストーブニストとして、寒い、というのは絶対に許せないことです
汗を流して、頑張って薪をたくさん作って
ガンガン焚きましょう!!!!

2009.05.27 Wednesday

豆柿 (セキレイの恩返し?)

 翌日ショールーム前には何もなかったのですが

知り合いから木をイタダキました。

これはあのセキレイがしむけてくれたこと

とします(笑)

なんかこの樹皮。
なんか
コワイ(笑)

コクチがタンニンで真っ黒です。
タンニンの多い木ですよこれは。

この木が何だかわかった人はすごい。

豆柿なんですって。
渋柿ってタンニンですよね
だからなんだ
だからきっと黒いんだよ

果実のなる木
って
どれも薪にして最高ですもんね。

林檎、サクランボ、ミカン、ウメ、どれも最高らしいですよ。

アップです。

やっぱりコワイ(笑)

以前林檎農家の方と薪の話をしたとき
「あんたらの焚いてる ナラ とか イタヤ とかなら 熾きにならないもんね」
って言ってました。。
かなりびっくりしたましたよ、、、だって王様や女王のこと熾きにならないよばわりするんですもの。

なんとかウチでも林檎の薪を扱いたいです。

ところで割ってみた感覚てですが、
普通に割れます。中は白いんですね
どれくらい乾いていかはわかりませんが、なかなか重いですよ。

来年が楽しみです!!

2009.05.03 Sunday

樹皮は下

 なんかキレイな写真だなぁ



冬のあいだ割ってはテキトーに積んでいたやつの乾燥もある程度進んで
薪棚の積み替えをしてました。

小割を整理したり
ある程度乾燥も進んでいるのでギチギチ目に積んでいます

樹皮は下ですよ
樹皮は木が乾燥しないように強力にガードしているものなので
樹皮が上だと木が蒸れてしまいます。

コグチを見ていると樹皮が上になっているイタヤだけがカビたりしていました。
湿度が上がる夏以降はもっと蒸れるでしょう。


極端に言うと
なんか性格っていうか、わかりません??
薪やってる人の積んであるやつ見ると。

シートかけてる人もいれば
積み方、割り方なんかで。

やはり大割の棚ってカッコイイですよ。
大割ばっかり作ってますも
あとは乾燥した後半分に割ってもイイですしね。

薪づくり
ウチもホントもう少しです。

2009.04.20 Monday

"木"ヘンに"臭"で ニセアカシア???

今日もやってました
薪割り。

薪割りは気分がイイです。
何が気分がイイって
コッチは楽しんでるちゅーのに
勤勉な働き者に見られるのが気分がイイのです。

ああ
もっと割りたい
割りたい人が集まって
年配者の薪ストーブユーザーのとこへ行って
5人くらいで一気に割ってあげる、みたいなボランティアとか
イイですよね

一人じゃどうしようもないけど…色々考えてみます(笑)


ところで
写真はニセアカシア サワグルミ シナノキ イタヤカエデ
ですよね

木の名前は木へんのものが多いですよね
楢 欅 桂 椛 松 樺 とかとか まだまだありますね


薪を割りながら
ぼーっとそんなことを考えていたら
このニセアカシアは外来種だというけど
漢字一文字でニセアカシアを表現できるとしたら…(ハリエンジュというのは抜きですよ)

木へんに "臭"でニセアカシアでどうですか??

前の玉図鑑のニセアカシアで匂いは"別に気にならない"、といいましたけど

やっぱ臭いです!!!!
すごく臭い!(笑)
アカシアの薪棚の前に行くと臭い
でも乾燥すると全く大丈夫ですよ
雨ざらしもなんかいいような気がします、ニオイが飛ぶような…
雨に濡れたアカシアが乾いていくときのアカシア臭もスゴイです(笑)

ずっとかんでいると
なんか具合悪くなってくる気がします。

皮に毒があるというのですが。
要は
匂いですから揮発してるんですかね???

でもワタシがここでアカシアが臭いと言ったからと言って
アカシアを敬遠しないで下さい
アカシアの暖かさと言ったらスペシャルですよ
アカシアの熾きは唯一無二、素晴らしいです。

臭い臭い言いながら
来年焚く薪の1/3はアカシアですも
フォローじゃないです(笑)
乾燥しやすいので
ナラの棚と違って最初からガチガチに隙間無く積みます

でも大丈夫
ちゃんと乾きます。

アカシアは心強いです!!




2009.04.19 Sunday

女王イタヤ

王様がナラなら女王と呼ぶにふさわしいのは…


イタヤでしょう!!

硬くなる前の割り味は最高です。
虫もつきにくい
表皮で部屋が汚れない。
気乾比重 0.67
ファンは多いですね。

割った断面の白い肌はまさに女王
ナラの悪口は王様ゆえ聞くこともありますが
イタヤの悪口は聞いたことがありません。

もし原木入手の話があるとして
ナラとイタヤ、どちらかで100パーセントだとしたら
どっちを選びますか?

とにかく
薪棚にいくらあってもイイと思える樹種ですねーー

2009.04.17 Friday

トビ

 玉切りの時、薪を割る時、積む時

絶ーーーー対に必要な道具があります!!



これです!!



トビです。
幻の道具です。
検索してみてください。
全然出てきませんから!!

一本一本ハンドメイドです。
柄はその時によって違いますが、写真の私の私物はイタヤです。

なにより
"プロ"っぽいじゃないですか(笑)
腰を折らなくて済むので
腰痛からはかなり開放されます。
今なかなか売ってません
ウチでも探すのに苦労しましたけど
あると絶対に便利です。
放せません。

ちなみにトビの全長を憶えておいて
玉切りする時メジャー代わりにも使ってます。
私の場合40センチに薪を切るので、自分のトビは38センチ、それより2センチくらい長いとこにチェーンソーで切ります。



ウチに在庫あります。
問い合わせは
ファイヤピット オオイシまで
0138-85-6760
です


2009.03.08 Sunday

栗の薪

                 今日は暖かくかなり春が近づいてきた気がします。 

ちょっと見難いアングルですが、栗の木です。

薪としては不人気ですが、あまのじゃくな私は例によって好きな樹種です。

何故に不人気なんでしょう?
着火しにくい
燃えにくい
はぜる

わたしの好きな理由は
割れまくる
重い(長く燃える)
強い(薪としては何も関係ないです・笑)

栗でウッドデッキとか作ったらイイだろうなぁ

最近ウリンやサイプレスなどの暖かい国の広葉樹(サイプレスはオーストラリアのひのきでしたね)がウッドデッキ材として人気ですが、栗の耐久性はウリンやイタウバなどに比べてどうなんでしょうね??
試してみたいです

硬いので着火はしにくいです。
熾きの中に投入することで全く問題ないですよ。
必要以上にはぜるのも、熾きに投入することで大丈夫だと思います(かと言ってはぜますけど)。
鉄板ストーブのように栗だけが燃えずに残ってしまうこともありません。

ところで栗が何故はぜるか知っていますか??

答えは右の写真です。

年輪に沿って小さな穴が沢山開いているのが解るでしょうか

導管と言って樹木の血管ですね
栗は導管の太さが世界最大級といわれています。
この中の空気が、燃やした時に膨張してはぜるわけです。
もちろん肉眼でも見えるので、栗があったらコグチ見てみてください。


イイ薪はイイです。
ナラやイタヤだけが薪では決してないです。
選り好みせず、山の資源を大事に、あるものを工夫して焚く、ということをウチではお客様と一緒にやっていきたいと考えています。


2009.02.24 Tuesday

モダンな薪ストーブ

便宜的に"タテ型"と言ったり、"フリースタンディング暖炉"と言ったり。
ヨーロッパではこちらの方が主流だといいます。実際ヨーロッパのメーカーさんはどこも出していますよね

みなさんは好きですか??

今週末ウチのお店の展示要員にモルソーの8142CBが来ます。

私は実はこういうタテ型がかなり好きで、炉台なんかもシンプルに決めて
 いつか使ってみたいと思っています。

こういうストーブは薪の寸法が大体短いのが欠点でしょうか??
ちなみにこの8142CBで33センチです。今私の薪は40センチで切っているので入りません。

なんかナラとか、ニセアカシアとか
焚きたくないなぁ(笑)

表皮のキレイな?薪を焚きたいですね
ダケカンバとか 
イタヤ
アオダモ…
でしょうね

私の独断ですけど(笑)

薪くずが似合わない気がします。
焚き付けも建材/廃材ではなく、小枝のような気がします(笑)
エレガントな女性のような面倒くささがあるのかもしれません(笑)


セントラルヒーティングが設置されている物件のストーブとしてもいいと思います。
対流式なので可燃物からの離隔距離も近く、省スペース化が図れます。

設置しましたらぜひ実物を見に来てください。
週末には設置の予定でいますが、週末は工事の方が忙しく、設置できるかどうか…どうでしょう?(笑)

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.