<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010.06.17 Thursday

キャンプで焚き火の薪

このあいだキャンプ用の薪をくれ、というお客様が来て

薪ソムリエが久々に

「焚き火ですか?料理は何ですか?重いのがお好みですか?軽いのがいいですか?」

とあいなった(笑)

で、考えてみるとソムリエは焚き火について深ーーーく考えたことがなく

アドリブでみつくろった。

お客様が使ってるスノーピークの焚き火台は知ってる。私のとは違うけど。なんとなく想像はできる。

長くても30センチの、あまり太くないやつ、香りが悪くないサクラをメイン。

カラマツの焚きつけもつけてさしあげた。袋の一番上に入れたよ

散らからないでかい"ガラ袋"なるものに入れて

20キロはあるんじゃなかろうか。3束くらいあるよね

えっいくら??これ??

いくらで売ったらよいの??

とりあえず1500円いただいた。

安いの??高いの??よくわからなかったが、お客様がそれでいいんですか?言ってたのでよしとしよう。


ソムリエは薪にはうるさいがお金には疎い。



そういう注文も承っております。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.05.20 Thursday

乾燥無垢レーダー

手作りの将棋盤が、落ちてた。



拾った(笑)

こういうの拾うから薪焚人は、節操が無く思われるのかなぁ。

いや、ゴミ箱あさりみたいなことじゃないですよ(笑)私の場合はかなりスマートに、、、拾いますからね(笑)

本気でこれ欲しくて集めてるわけではないんだけどね。

"乾燥していて無垢"というレーダーに引っかかってしまった。

今日は将棋の盤があったけーなぁーなんて楽しいな、と思って。

北海道はまだ朝晩は普通に焚いてる人が多いと思うので。

こういうのがちょうど良いんですよ。将棋の盤が(笑)

今時期は針葉樹がホントにいい。


将棋のコマはツゲ、盤は桂なんかなんだってね

これは、上はラワン、下はトドマツかなぁ。乾ききって凄く硬かった。油断の一撃では、割れなかった。

沢山の名戦を繰り広げた盤が最後は暖かい。

やめられないね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.05.18 Tuesday

薪の芳香

薪セラーに行くと、いろいろな木の香りが混じった複雑な風が鼻腔をくすぐります。

かなり濃ーい、木の香りがする。

水分が揮発しているのと同時に木の香りがするんだろう。



乾いてる、乾いてると思う。

夏までそういう香りがして、秋になって空気が乾燥してくると、もうそう感じることはなくなる。

ナラの臭いは最初キライだったけど、今は好きだ。

王様の臭い、暖かい臭いだ(笑)

クルミや栗が最高。室内に置いておきたくなるくらい。


今日も天気がイイっすねー

乾け乾け

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.05.07 Friday

花見の季節(ソメイヨシノ)

花見のサクラといや、開花標準木、ソメイヨシノだろう。まだ全然咲いてないですけどね。

でもヤマザクラと違ってソメイヨシノを焚いてるなんて人は少ないんでないの?

そのソメイヨシノの薪 (乾燥したものね) を、函館のサクラの名所、某所から、あーして、んーして……

手に入った(笑)



すごいね

"こぶ"だらけ

"ワル"より更にワル過ぎる!!
 
大好きです、こうゆうの。これはすごいもつと思うよ。

ちょっと今時期は mottainai もとい 勿体無いね。

来年の冬まで保管かなあ。

超ゆっくり、楽しんでみたい感じだよね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.05.02 Sunday

ソムリエの季節、再び(笑)

真冬に薪ソムリエは何をやっていたでしょう??

答え

なーんにもしてない(笑)

だって薪セラーにある真冬用のナラ/イタヤ/アカシア/サクラ/栗 片手じゃちょっと持てない感じのどれも大割り。

それしか無いんだもーーん。

しかもナラとイタヤ、栗は2夏越えたもの。じっくり熾して、入れてるだけ。

あったかかったぁ。

今時期はクズ薪というか。

そういうやつをこなしていた。

ソムリエの季節といったって腕組みしてセラーの前なんかいられない。

自分用の薪…まだ終わってない(笑)

ソムリエも薪つくりで修行です!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.02.02 Tuesday

どんころを詰め込む

 薪セラーを見渡すと、どうも大割が目立つ。

バランス的に言って今シーズンは大割を作りすぎた気がする。

そして薪の副産物というか、どんころは目立たない"どんころセラー"に苦労して並べた。

それからどんころはセラーごと存在ごとキレイに忘れ去ってしまってた。

でもなんとなく気分的に、どんころを楽しむときが来た!!という感じだ(笑)

なんせ冷え込んでる。明日の予報は最高気温でマイナス8℃だって。

昨日はナラのどんころを4つ入れて寝た。外はマイナス11℃。

最後の投入から6時間たっていたけど今朝は熾りがかなりあったね。

その時の室温21℃。2階は24度くらい。ちょうど良かった。もちろんセントラルヒーティングと違って喉も痛くない。



ワインの搾りかすは飼料になったりするらしい。

アウトレット品というか、バウムクーヘンやチーズケーキの端っこを安く売ってる、けど、ウマイ!!みたいなお得感がある。

今日もどんころ詰めて寝よ。

どんころ大好きだ。

どんころ市とかどんころ専門店とか、あったら俺なら行くね。

でもどうしてもスタッキングは芋カゴ系になってしまってちょっとみっともないけどね(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.01.29 Friday

杉について語ってみたり。

 杉ってヤニ無いよね。アロマはいいけどね(笑)

パサパサしてる、という表現??

で軽い。杉よか軽いのって。桐とか、シナ?

であまり、薪としては眼中に無かったんだけど最近少し見直してた。

今までの針葉樹の使い方としては、(寡佞院これは松系は火が走るから、全体に火が回りやすいので使う。

△發Δ劼箸弔熾きと薪のバランスが崩れてしまったとき。
その薪を炙るだけ熾きが足りてないとき。

針葉樹の薪を添い寝させることによって温度を下げずに焚ける。

あまり寒くないときにストーブを温めるくらいで、家がポカポカする、という焚き方。七月とか九月とかにする。

こんな感じなんだけど、杉はどうもニュアンスが違う。

"燃えにくい"と言ったら、反感買うかな(笑)、表面炭化して、燃焼ガスを出しながら、そのまま炭化する。
松みたいに火が走らない。

時間は長くは無いけど、ウチのストーブでは杉は熾きになる。

松系はならない。

今のとこ使い方としては、,亡悗靴討蓮大量に杉を焚付けに使ったら広葉樹に火をまわしにくい。特にエンライトの場合だとかなり温度を上げてからダンパーを閉めても、一発の乗せるのは難しい感じがするなぁ。
触媒はだいじょうぶだよ。

△亡悗靴討蓮火を走らせて広葉樹を助ける、というよりは、炭化したときの燃え方は使える(温度が高い)けど添い寝させるとそのまま一緒に元気が無くなる(笑)

はいいかも。杉だけでばーーーっと燃やす。



今は私は広葉樹の間を埋めるように使ってます。


´↓て針葉樹のメリットで、針葉樹の薪もあればいい、って思うのはこういう理由に由来しているんだと思うんだ。針葉樹、って言うよか、、、松だね。

まあまあ(笑)
松でも杉でも。

いいですか?今日写真つけなくて(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.01.22 Friday

アカシアへの信頼

 お客様のとこへ試し焚きなんかに行くときは、必ずニセアカシアを持っていきます。

ナラでもイタヤでもなく、ニセアカシアは外せない。

まぁ、今シーズン、うちの薪セラーにあるのが

アカシアが多い、っていうのもあるけど、アカシアは今シーズン絶対的に信頼しています。

硬いくせに、火付きがよい。のが一番かな。

キンキンに熾きになるのは薪ストーブ初めてのお客様でも薪ストーブの暖かさをちゃんと堪能できる。

まぁ、ハウスワインならぬ…

ハウスアカシア(笑)だ



来年ウチの薪になる木がぞくぞく入ってきてるけど

アカシアが今年まだ無い。

今年は何故か単一樹種で入ってくる。
ハンノキ
シンジュ
アカマツ
カシワ
クワノキ
楽しいもんだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2010.01.13 Wednesday

サクラ ビンテージ?

 私は来ていただいたお客様にたまに、薪のおすそ分けをすることがあります。

このタモすごいよ
とか
このラクヨウ 広葉樹みたいにもつよ
とか
まぁ
テイスティングだよね(笑)

で後日どうだった?
なんて会話は完全に あのチーズどうだった?
みたいなノリで、薪ストーブニストしか楽しくないよね(笑)

で昨日 倉庫保管?5~6年モノ なるビンテージをいただいた。

主にサクラ。

軽いんだこれが。持って手ごたえ無いのはちょっとコケる。
よく、ボケる、というけど、科学的には、………何なんだろう。
腐朽菌によって分解されただけなのかな??

↓ サクラ


↓ クリ 芯はキレイに残ってる。


↓ これもサクラ。腐朽菌の痕。象の横顔みたいでない??


薪の火力は比重によるらしいからね、少々乱暴に言うと。

で焚いてみた。

軽いのに、ばーーーっと無くなるわけではなく、火力も無い(笑)

でも焚くさ。

最高ではないにしろ、そんなの焚いても暖かい、ってことがすげー。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

2009.12.04 Friday

ジルコン用

 ジルコンって知ってます??

失業しかけの薪ソムリエが最近いちばん思案するのが、ジルコン用の薪。。

来月かな??据付。

↓ これは撤去工事のもの。

↑ ジルコン。首を90°かしげて見てね(笑)直すのめんどくさい(笑)

オープンファイヤーのこのストーブ(?)をいかに良く燃やすか。

アペリティフ(焚付け)からしてジルコン用だろうな・・・・。

まずはファイヤースクリーンはあるにせよ、ハゼの激しくないもの、がいいと思われる。

ということで
ウチの薪セラーにあるものから作るとすると…

アペリティフは、軽いハンノキとしっかり燃えつつ、火付きが良いアカシアが半々位にマツを少し いずれも極細割で
全体に火が回ったところでサクラとイタヤの細割の短めのやつ。30センチくらい。
元気がなくなった時用に、針葉樹も用意しておく
で、ちゃんと熾きが溜まってきたところで少しずつ太めのものに変えていくけど、
いちばん太くてもエアタイトのストーブで燃やす薪の細割くらいでとめておくのがいいだろうね。

はぜない、火付き、燃え方から言って、ニセアカシアがメインでイイとおもう。

あとは、オガライトを常に焚いて、そこに薪を足していく、という焚き方がいいだろうね。

オガライト併用であれば
結構中割り位でも上手に燃やせると思う。

けど

ユーザーの皆さん。
今日あなたのストーブの扉を一度も閉めてはいけません。
って言われたら…??

けっこう考えちゃうでしょ、いろいろ(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.