<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.04.25 Saturday

ニセアカシア その2

最近ブログ書いててわかったんですが、ニセアカシアへの関心が強いことがわかりました。
外来種の関係で伐採されているのかなぁ??
それで手に入りやすいとか??

そういう関係かどうかはわかりませんが


ニセアカシアネタで悪いですけど(笑)



これは直径7センチくらい。
でも年輪の広さ、すごいよねーー
たまねぎの輪切りしたみたいですよね
最後の3年
成長しすぎ。
なんか
ヘンな木ですよねー

これは去年の夏造園屋さんが伐ったのを置いていってくれたやつ。

こんなに細くて薪割不能ですけど(笑)

いいんです

乾いたら燃やしますよ


こんな枝サイズが…
2㎥はあります(笑)




2009.04.19 Sunday

女王イタヤ

王様がナラなら女王と呼ぶにふさわしいのは…


イタヤでしょう!!

硬くなる前の割り味は最高です。
虫もつきにくい
表皮で部屋が汚れない。
気乾比重 0.67
ファンは多いですね。

割った断面の白い肌はまさに女王
ナラの悪口は王様ゆえ聞くこともありますが
イタヤの悪口は聞いたことがありません。

もし原木入手の話があるとして
ナラとイタヤ、どちらかで100パーセントだとしたら
どっちを選びますか?

とにかく
薪棚にいくらあってもイイと思える樹種ですねーー

2009.03.17 Tuesday

今日の玉は…
角です!!

いやいやいや。
ストーブ屋が廃材を焚くって…
多少節操無い感じはしますけど(笑)
選り好みせず手に入るものを工夫して焚く、というのは何回も言ってる通り大事なことだと思います。
色々言う人が居ますね
廃材は暖かくない、とか
すぐばーーーっと燃えてなくなる、とか
ススが出る、とかとか
では実際焚いてみるべや!!ということです。

今日のは20年前の建物を解体した、柱や梁です。
松ですね
カリカリに乾いています。
着火剤みたいに火がつきます。
このままばーーっと燃え尽きるのかな??と思いきや
大きさが功を奏すのかゆっくり燃えました


ダッチウエストエンライトスモール
ふつーに暖かいです。

外気温がそんなに低くない、っていうのもありますけど…
ガラスも全く曇らないし
ちゃんと上げて焚いてあげれば
問題ないですね
薪を補給するときのフロントの扉を開け、感じる熱量は低いです。
熾きも少なく、追加の薪のタイミングが大事ですね。
早め、早めです。
針葉樹/廃材をメインに焚くイメージで何日か焚いてみましたが3月だと特に暖かさに関して
不満はありません。かえって物凄く乾いているのでヤニも出ません。
燃やし方によってはイメージよりゆっくり焚けるということがわかりました。
乾燥釜で乾燥させたツーバイ材も焚いてみましたが、こちらはヤニがガラスにつきました。
大きさといい、こちらの方が難しかったですね。
広葉樹の熾きの上に投入するとよいです。

40センチに切って
朝から寝るまで焚くと
約20本なことがわかりました。
8m分ですね、わかりやすいです(笑)


ね、250℃巡航ですよ

同じことを触媒機のセネカ(FA265なんかのフェデラルコンベクションも同じです)でやってみましたけど
燃え方は違えど、同じく全く問題ないです。


産業廃棄物で捨てるのに集積してあるものを切って燃やすとウチが暖かい、というのはなんか特した気分になりました。
やはり建築屋さんの事務所なんかは薪ストーブがあるといいです

ストーブ屋なので薪棚に"角"をスタッキングすることはできませんが(笑)、
私自身のスタンスとしては廃材を焚くのにネガティブではありません。
乾燥が甘いものを焚くなら
廃材の方が全然良いです

薪ストーブはちょっとしたことでも、ホント色々考えさせてくれます。
それが楽しいんだと思います。



2009.03.16 Monday

ヤマザクラ

ヤマザクラです。

今ウチの薪棚にはけっこうありますね。

イイ匂いがするといいますけど。

ぶっちゃけみなさんどうですか(笑)?

そんなにイイ匂いな感じはしません(笑)正直。
ましてや今のストーブはエアタイト。
室内にサクラのニオイなんてしませんよね

手に入れた原木にサクラが多くても、普通のテンションです

割味はイイです。
軽い音とともにはじけて割れます。
皮がしつこいですけど。
乾くと「うそー」てくらい軽いですね。

樹液が甘いのか、虫がついているやつがあります。アリが巣作ってたり。

そういうことで意外に好きじゃないです、ヤマザクラ。
悪口は書くつもりはないです(笑)
手に入るものを焚きこなす、と前に言ってますよね(笑)

自家製ベーコンのチップにイイですね
それやってみよう
木キリでチップすぐできますもんね

ああ、サクラでちゃんとテンション上がってきた(笑)

2009.03.09 Monday

北海道の薪の王様 ナラ

ナラの三兄弟です。

 全然違う木に見えてしまいますが、同じ木、ナラです。
ナラは子供の頃表皮は裂けてなく、ツルンとしてます。写真右
お兄さんの頃からだんだん裂けてきます。写真真ん中
大人になると裂けまくりです。


北海道の薪の王様
プロレスでいう猪木
サッカーで言うカズ
家電でいうソニー
みたいな感じでしょうか
王様は言わずと知れたドングリの木です。
栗拾いに行くとドングリしかねーなーのドングリです
王様は乾きにくいし、虫もつきます
椎茸のホダ木になるくらいだから腐朽菌もつき易いのかもしれません。
でも乾いた王様の暖かさといったら…

やはり寝る前の一本は二年ものの枝付きの極大割ですね
コニャックやワインの話ではありません。
お前はなかなか割れなかったなぁ、と遠くを見る目でナデナデしながら投入です。
王様が熾きになったときの温度は特別に高く、長いです。
安定して暖かさを供給し続けてくれます。

でかいナラを熾きの上に転がす
すぐに火が回る
暖かいという約束の合図です

薪棚に王様が沢山あるととても嬉しいです
12月 1月 あたりの一番寒いときの為に
暖かいときのチョイ焚きには王様は焚けません

贅沢な気持ちにさせてくれる薪です

2009.03.08 Sunday

栗の薪

                 今日は暖かくかなり春が近づいてきた気がします。 

ちょっと見難いアングルですが、栗の木です。

薪としては不人気ですが、あまのじゃくな私は例によって好きな樹種です。

何故に不人気なんでしょう?
着火しにくい
燃えにくい
はぜる

わたしの好きな理由は
割れまくる
重い(長く燃える)
強い(薪としては何も関係ないです・笑)

栗でウッドデッキとか作ったらイイだろうなぁ

最近ウリンやサイプレスなどの暖かい国の広葉樹(サイプレスはオーストラリアのひのきでしたね)がウッドデッキ材として人気ですが、栗の耐久性はウリンやイタウバなどに比べてどうなんでしょうね??
試してみたいです

硬いので着火はしにくいです。
熾きの中に投入することで全く問題ないですよ。
必要以上にはぜるのも、熾きに投入することで大丈夫だと思います(かと言ってはぜますけど)。
鉄板ストーブのように栗だけが燃えずに残ってしまうこともありません。

ところで栗が何故はぜるか知っていますか??

答えは右の写真です。

年輪に沿って小さな穴が沢山開いているのが解るでしょうか

導管と言って樹木の血管ですね
栗は導管の太さが世界最大級といわれています。
この中の空気が、燃やした時に膨張してはぜるわけです。
もちろん肉眼でも見えるので、栗があったらコグチ見てみてください。


イイ薪はイイです。
ナラやイタヤだけが薪では決してないです。
選り好みせず、山の資源を大事に、あるものを工夫して焚く、ということをウチではお客様と一緒にやっていきたいと考えています。


2009.03.06 Friday

ニセアカシア

三月に入って薪の準備を考えている人も多いのではないでしょうか

道南で手に入りやすい薪のひとつに"ニセアカシア"があると思います。
まぁ、知ってか知らずかそのままに"アカシア"と呼んでる人が多いですね。

車で走っていても特徴のある葉っぱと、春に咲く白い花のせいでとても目立ちますね
花はテンプラにできるそうで(食べたことありませんが)、
ハチミツは癖が無くおいしいそうです。

アカシアを玉切りしてていつも思うのですが、年輪の広さに驚きます。
物凄い成長の速さです。成長が早いくせに比重はかなり重く、イコール火持ちもとても良いです。
とてもイイ熾きができます
炭のように紫色の炎を出しながらキキン、キーンと炭みたいな音までするときがあります。
重い割に(ナラなんかと比べると)全然火付きも良いし、乾燥も速いと思います。
心材の腐朽性も良く、薪としてはいいとこずくめで私としてはかなり好きな樹種ですね。
来シーズンの私が焚く薪の1/3はニセアカシアになると思います。

ただ煙のニオイがニセアカシヤをA代表入りさせない理由でしょうかね?
私は全く気にならないですけど
嫌がる方もいます

色々な樹種の薪を焚きこなすことも楽しいですね!




スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.