<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.09.28 Saturday

酸っぱい。

いやあね、

今日も大漁、って大漁、って書きたいわけじゃないのよ。



大漁は大漁さ、

45リットルにビッチリで、10キロはラクラクある。

何が言いたいかと言うと、集塵機が新しくなった(笑)

ウチはもともと道具持ちなので、

集塵機だけで3ケ持ってるけど、どれも設備で使ってる小さいヤツでメインで使ってきたヤツが全然ダメになり…

今度は大きいヤツにした。

値段もソコソコだけど、ヤフオクで安く買えたし、前のは8年ももったので、思い切ってイイやつ買った。重いけど(笑)

今度のは10秒に一度フィルターを逆流させて、2コのフィルターを交互に、良くわかんないけど、マンタンまで集塵力が落ちないすげーの(笑)


でもデビューで満タンになると自動に止まるんだけど、そこまで吸わされてた(笑)

排気が一気に酸っぱくなった。

そうなる運命とはいえ、少しブルー(笑)

酸っぱい現場をやると、一日中酸っぱい。

明日からも酸っぱいはずだ(笑)

2013.08.18 Sunday

バンドレンチ

工具が好きなので、寝る前は工具の本を眺めながら妄想するのが好きだ。

買った工具を眺めるのは別に好きではない。

使ってナンボだ。

いわゆる高い工具もチョロチョロとあるけど特別扱いはしない。

土に埋まっても油させば使えるようなタフな工具が好き。

工具の油差しは、頻繁にやる。

油が枯れてる工具と切れない工具使ってるやつはそれだけでもうダメだと思ってしまう。

買っては使って、2軍落ちしたものも物凄く多い(笑)

縁が無かったものとして、ゴロゴロある。安物買いの〜もかなりしてる(笑)


そんな中で十数年ずーーっと1軍のコイツ。



配管屋なら全員持ってる、バンドレンチ、だ。名前もかっこよい(笑)

M6とM8をカチャカチャできる、10と13のラチェットになっている。

もともと、配管の支持金物の為にある工具なので、

煙突って配管だからさ。

とても使える。


無くするまで使えるタフさ。

コイツはずっと一軍でいると思う。


2013.03.15 Friday

冬の満点

今冬、日々最高だな、という満足をくれ続けたものがある。


そんなものあんまりない。


一度も俺を冷やすことなく

かと言って蒸れず

まぁちょっと重いけど、重いのが好きだからさ。

色はブラック。

それでいて丈夫。

って

薪ストーブの話だと思ったべ!!


違う。

この靴。



ボグス。日本でも発売になったみたいだね。

http://www.bogsfootwear.jp/fs/bogs/c/bogs


脱ぎはきがしやすく、かつフィットもする。

アイスバーンでは滑るけど、だからなんだよ(笑)

一冬で長靴をダメにしてきてる俺が穿いても、全然大丈夫。

これはいいよ。

これ穿いてる人好き(笑)

いろいろあって、まだ欲しいくらい。。。


2013.02.24 Sunday

トラックが最高

昔から乗用車に興味がない。

持ってない(笑)

トラックだ、男はトラック。

「何? トラック持ってねーの?」 って言いたい(笑)

「乗用車に薪積めねーべよ」、って言いたいわ。




俺の工具箱。

走る工作車。

みんな知らないけど、ハイエースよりずっと静かで乗り心地がいい。リクライニングがあまり効かないけどたいして気にならん。

平ボデも一台あるけど、そっちはキャンター。キャンターはいかにもトラックな乗り心地だけど、、、

ダイナは1t半のロースルロイスのような乗り心地だ。

ということで乗用車に全く興味ないけど、、ピックアップトラックっていいよね。

あれに薪とか、土とかランマーとか、投げ込みたいね。

ボンネットで小さい子供がジャンプしたり滑り台にしたりしてるのが理想。

男はトラック買ったほうがいいよ。






2012.03.26 Monday

笑うスコップ

(薪ストーブ屋スコップは使わないけど、スコップのことをぜひに書きたいです。)

  凄く原始的な道具、スコップ。

  スコップが好きだ。

  ていうか、みんなが嫌がる穴掘り、嫌いじゃない。



← 現場職人の定番 愛用の金象







ヒトは恐らくずーーっとこうやって穴を掘ってきた。電動工具や重機を使わない手掘りは、例えば2000年前にやっていることとほぼ、変わりない。

土工、現場職人、稼ぎ人や奴隷や罪人、今までの歴史も含め沢山のスコップを持ったヒト全てと同じ土俵に上がっている、気分になる。

スコップと出合ったのは24歳。東京から函館に戻ってきて、体力では誰にも負けないなんて思ってた時期、、、

日曜出勤で60歳近くのマツオさんと現場監督と、3人で穴掘りに行くことに。

北海道の暑くない6月、Tシャツ一枚でびしょびしょに汗をかいて掘っていた。

無我夢中になって、ふと後ろを振り返ると、60歳近くのマツオさんは、汗もかかず、急ぎもせず、俺の倍も掘っていた。

スコップを体力仕事だとバカにしてた俺は、スコップにしこたま笑われたのです。

それからスコップと本気で付き合っています。

スコップを一度も簡単だと思ったこと無いです。


この経験から得たものは、薪ストーブ屋としての今も、一つ一つの作業に物凄く生きてます。


ありがとうマツオさん。


2011.08.22 Monday

工具が好き。

ストーブも珈琲も好きだけど…工具もなかなかキテる(笑)

でもまあ、ストーブの工事、メンテをしていて、正しいものを使いたいな、っていつも思っています。

例えば…何かを止めるビス一本とっても、何でも止まるのかもしれないけど、材質、ラッパなのか、トラスなのか、とか、表面の仕上げ、太さ、長さ、など、後悔の無いよう、高いとこから降りてきたいと思っています。

工具も正しいものをなるべく使いたいね。増えすぎはよくないけどね(笑)

でも高い工具には全くこだわらない。。タフなヤツが好き。タフなやつは大体高いことになってるんだけどね。

居なくならないヤツが好き(笑)すぐどっか居なくなるヤツいるでしょ。

無くならない手道具って縁を感じる(笑)

どれぐらい無くなるかと言うと、カッターナイフは月に一本は無くしていると思う。

だから148円とか、98円のモノを使ってます。5本単位で買います(笑)


一度五枚くらい刃が入るカッター買ったけど、すぐ消えました(笑)

何故だろうと反省しますが、

小さい時から直らないのです…。。。。

今カッターの写真を撮りにいこうかな思ったら早速無かったので写真なしで(笑)



ボクのトラックに積んでいるモノの装備は、薪ストーブだけやってる業者さんと比べるとかなりの重装備で

例えて言うなら電動のドリルだけで、常備5台も積んでる(笑) もちろん自慢のために積んでいるわけではなく、使うから積んでいる。

ヤバイこんな話聞きたいだろうか?(笑)


動きずらいモンキーとか持っている人、もうイヤだ(笑)

13が無くなってるソケットとか(笑)


一般のお客様は作業服の清潔感なんか見ているし、職人心がある人間は人の工具を見ている。

まだまだだ。

そういうとこにも手を抜かないストーブ屋になりたい。




スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.