<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.04.16 Saturday

メンテナンス(煙突掃除)は今やって。

地震心配ですね…。

 
らしくないタイトルにしましたけど(笑)、どんどんメンテナンスで走り回ってます。今年は4月5月をメンテ強化月間にしてます!
 
何故なら、去年9月にメンテナンスやりすぎて(受付くるのが遅すぎた)、設置工事のほうにだいぶ影響しました。

秋は工事に全力で当たれるよう、4月5月にできるよう、ご協力ください!

ウチに来てやってもイイよ、って方、連絡くださいね!!

フルメンテナンスが終わってからでももちろん焚いてもイイですから。北海道は6月も焚いてるからね。

「薪も秋でいい」、

「煙突掃除も秋でいい」、

「つけんのも秋までていい」、
 
あげくの果てには「忙しいのはわかるけどなんとかしろ」(笑)

全員がそういうこと言うから秋は無理だって春のうちに言っておきます(笑)

2016.04.14 Thursday

スッペー

煙道火災煙道火災ってよく聞くけど、ふつうの人はあまり実感はないと思う。俺たちゃよく遭遇するけど。

これね、燃えた後。
煙突トップの上から撮ったんだけど、空気がそんなに入らずにチリチリ、、がブスブス、、ニャーーって燃えた感じだね。町一帯が煙に包まれるくらいの煙を出したそう。


 
これはまた違う現場だけど、タールをごっそり貯め込んだ煙突の掃除する前。

中心に近い部分がちょっと燃えたかもしれないね。ただ石みたいだったから、少ししか燃えなかったんだと推測できる。

こうなると全然ブラシとかの問題じゃない。

すごいよね。
今は日本も訴訟社会になってきて(何かが起きると誰かに責任を、誰かがスケープゴートにならなきゃ)、本州は自分の設置した現場のメンテナンスしかしない、って考えがあるんだけど(それももちろんすごく解る。沢山のストーブ屋やそれみたいのが適当につけてたらいろんなことが起きると思う)、ウチの地元じゃこういう人達を一軒一軒無くしていくのが、また使命ががった仕事でもあると思ってます。

 
こういう現場の後はスッペー匂いでやんなるんだよね(笑)

2016.04.11 Monday

彬の説得力

久しぶり。ごめんね。
 
軽く言ってみた。ちゃんと書きまーーす(笑)
 
春になってからガンガン詰まった煙突をあちこち行ってます。

すごいでしょ、90リットルの袋です。もちろんウチで設置させてもらったお客様じゃなくてね。

 
樹がかわいそう。"あったかい"にもなれずにただのタール(※クレオソートも区別せずにここではタールと書きます)になって大気に戻っていく。俺の育った50年は何だった? って樹に思われてるよ。

 
20✖✖年、地球を守るため"タール"が世の中にものすごく必要になって、地球防衛軍がすごい量のタールを生成しなきゃいけなくなったとする。

まあ、敵の宇宙人がタールのあの匂いが苦手だとわかったんだな(笑)

俺も嫌いだ。

地球防衛軍は大急ぎでタールを生成しなきゃいけなくなり、効率よくタールを生成する方法を考える。

その時、防衛軍が選ぶ樹はなんだと思う?

松? 杉?

違う。
アキラに聞いてくれ。


「楢だよ」   聞こえてきたでしょ(笑)

重さに比例する、っていうだけ。だから俺の地元じゃ詰まらせてる人は楢ばかり。今までもこういう記事は書いてるね。

楢と触媒機ばかりが詰まっている  とか タールの処方箋 とか。

 
アキラの説得力、、ほしいね(笑)

2016.03.16 Wednesday

煙突掃除屋

煙突というと、ステンレンスチールの断熱二重煙突しか想像できないあったかい本州の人には、どうやって使うか想像できないだろうと思う。

これはワルだねー。

タイガージェットシンのサーベルよりワルだね。



これをパイプレンチでガリガリと回したりどついたり。


「自分の施工した物件しかメンテしない」的なスケールの小さい話の意味がこっちには無い。


煙突掃除屋は煙突掃除屋だのさ。

2015.11.11 Wednesday

煙突掃除オブザイヤー2015決定

2015の110件の煙突掃除/メンテナンス物件のうち、最も素晴らしかった煙突に与えられる煙突掃除オブザイヤー2015が決まりました。

といってもまだ14件残っているんだけど、ココにはあげなきゃしょうがないだろ!!的な衝撃的ショック的な煙突でした。


すごくね?
ブラシ通す前。スズメが煙突掃除してくれたのを差し引いてもトップも超キレイ。

これでなんと2年間。

すばらしい。

ストーブはダッチウエストのFA265。薪の大きさもいいもんね。

焚き方や、ストーブや、薪や、神様や、いろいろな事が重なってことなんだろうけど、すごいね。

大沼のKさん。何か持って行きます!!

2015.10.15 Thursday

いつなんどき誰の煙突でも受け付けてます。

こないだの煙突掃除はハードだった。

焚けないから、おばあちゃんが厚着して待ってるって言うんだ(笑)そんなの、予定替えても行かなきゃいけないよね(笑)

詰まって詰まって、最終的に4mの単管パイプをトンガらせて、、
 
穴開けてロープつけて、煙突の上に立って、ウリャ!! と落とす。



たけーとこの狭いとこに立ってんだよ(笑)

ここまでしか入らない(笑)
 
ドンづくこと一時間。いろんなものでいろんなことをした(笑)

最終的に詰まってたのが、自分でやろうとして取れなくなった煙突ブラシ。

ブラシも取って、タールも全部回収して、屋根上もすっかりキレイに掃除して



90リットルの袋だよ。

よくできたな、よかったよかった。

いつなんどき誰の相談でも受け付けてます!

2015.10.06 Tuesday

薪ストーブをやめる日

昨日メンテナンスでさあ、リゾート地のログでもう何回も行ってるとこだったのね。
シーズン中に詰まったり、おとーさんと少しだけど一緒に薪割ったり。印象のある現場だったんだよね。ウチで設置したところじゃないんだけど。

持て余した薪割りを見かねて、「少し割ってあげるねー」みたいな感じでパタパタ割っていこうかと思ったら、あまりにも木口が乾きすぎて俺もなかなか割れなくてさ。
あまりにもパワーヒッターだった自分を引き気味にニコニコしながら見てくれてた気がした。


(本当にそん時の写真 、4年前。ログ屋さんのHPから借りた)

そんなおとーさんが、体調を崩してログを売却して引っ越すというのでストーブをキレイにしておきたい、と。


写真でわかると思うけど、薪をさあ、細い5僂らいのも丁寧に大事に積んでたんだよね。
当時から「ゆっくりでしかできないけど」と自分で言いながら煙突掃除とかに行くとずーっと外で薪やってるようなおとーさんだったんだよね。

煙突詰まらせたりしてるけど、薪ストーブが好きなんだなあ、って凄く伝わってきてた。

だから俺も薪割りしてみたりしたんだと思う。

ストーブ屋になって8年、色々な人と出会って出会って中にはこうやってストーブと離れざるを得ない人もいる。

なんか色々考えらさった。(色々考えさせられるなーのなまり)


またお会いできる日を楽しみにしています。

2015.08.03 Monday

積み重ね

メンテのカルテ、ただの紙じゃないね、愛が溢れるときがある(笑)

事務的なこと書かなければいけない決まりも無いしね。



今日は文句が無かった(笑)

大事にしてくれているのも、ストーブがあったかく活躍してくれているのも、うれしかった。



薪ストーブユーザーより沢山の薪ストーブを知る機会が多い俺らディーラー。

薪ストーブに対してニュートラルな姿勢で居なくちゃいけない。だけど、人の子だもの、好きなストーブとかってまああるよね(笑)

滅多に言わないけど(笑)


お客さんが幸せでいてくれると、お客さんをそういう風にしてくれたそのストーブが好きになる。

俺の好きなストーブって、

その数が多いストーブなんだと思う。


そういう積み重ねを、今時期は毎日しています。

2015.07.22 Wednesday

3年とかに一回、あいつを呼ぼ

ウチのメンテナンスは、終わった後に必ず、次のメンテナンスの目安を言います。

「来年また絶対!  命令!(笑)」みたいな深刻なものから、

今日午前と午後、伺いした2件は、こういう感じ。



両方とも「3年後」だね、 上の3140は主暖房、10GLはサブ。

お客さまに会えないのは寂しいし、売上げは上がらないけど(笑)こういうユーザーが増えるのはストーブ屋冥利につきます。

全員がこんなになったらいいと思うわー。


2年とか3年に一度なら、煙突掃除人を呼んでもいいと思うだろうし、

2年とか3年に一度なら、俺のお喋りをきいてもいいと思うと思う(笑)

2015.06.01 Monday

大工、斉田さんの端材で暮らしてみた感想

斉田さんのとこに煙突掃除に行ってきた。

http://daikuayazo.exblog.jp/24527504/

大工だけあって、杉、落葉松、ツーバイだけで大野町(-20℃にもなる地域)の冬を過ごしたらしい。まぁ、朝晩の間欠運転だけどね。

ストーブはネスターマーティン。

日々出てくるものだけで、あったけーが実現できるなんて、
ステキやん!

あなたの家が灯油やガスをチビチビ焚いて、あったけんだか寒いんだかってやってる時に、
斉田さんは、現場の日々端材をストーブに入れたらあったけーーーーなんて!!
 
文句は斉田さんに言ってくれ!(笑)



スギの外壁の色が落ち着いてきた。いいねえ。

これから数年かけてシルバーアウトしていくのを見るの、楽しみ。
 
これって腐らないの? ってよく聞かれる、サイディングよりずっともつし、塗り替えもいらん。廃盤も無い。ただの杉。自然なめんな、細かいことは斉田さんに聞いてくれ(笑)

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.