<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015.01.13 Tuesday

暖房屋さーーーん

温水暖房をウチの会社でいっぱいやってた時は現場で「暖房屋さーーん」と声かけられてたのね。

何て呼ばれてももちろんイイのだけれど、北海道には、この「暖房屋さん」っていう職種がある。ちなみに、薪ストーブは"暖房屋さん"とは言われない、


気になったんだけど、、たとえば、

日本の南、九州にはそういう職種、いるのかな???

行ったことねえけど暖かさそうな四国には??

黒潮がブチ当たる静岡には??

北海道で「暖房屋さん」、っていうのは、温水暖房の専門の会社。いっぱいある。

新築で配管を敷設して、熱源のボイラーをつけて、パネルヒーターをつけて、制御の工事をして、"液張り"をして試運転をする。

密閉だ半密閉だ、単管だ複管だ、O2だ銅管だ、膨張タンクだエア抜きだ、ばかりやってる人達。
(写真はお借りしました↓)


ウチは両方やってる日本で唯一の会社なので比較すると

家一軒 温水暖房にする工事の手間と薪ストーブと煙突をつける工事手間 温水暖房が薪ストーブの3〜5倍(慣れてる人で)

試運転の手間 温水暖房が薪の3〜5倍

メンテナンス 温水暖房が薪の3倍

暖かさ 薪が温水暖房の倍(笑)


薪は道産子むけだ(笑)、。

2015.01.06 Tuesday

あけましておめでとうございます。

あったかくしてたかい。

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

店は1月8日より。

現場は昨日から動いています!

現場の空気はいいね。


いい歌だよね。

ぜひ薪ストーブネタであったかいんだからってやってほしいね(笑)


 

2014.12.31 Wednesday

2014

ゴール付近でバランスを失ってそれでもなんとか滑り込んだ、みたいな感覚ッス(笑)、今。

至らない部分、色々あるなかで、2014の終わりを迎えました。

しかし反省ばかりではなく、
ストーブをウチの会社で初めて7シーズン目。実はなんと、今年が最も成長できた1年になった。

新規や2年目くらいの店って覚えることや勉強でいっぱいだと思うけど、

そのスピードも突き放すほどの(笑)、かといって大体のことわかったつもりになってるベテラン店が全く追いつけないほどの(笑)、実りの多きな年になってよかった。ま、旬っていうヤツ?(笑)、石原さとみみたいなもんさ(笑)

ずっとモンモンと妄想したり勉強したりしてたものと内容がやっと噛みあってきた感じで。ここに来たら来たでどんどん面白いその先が見えてて来年は来年で楽しみ。気を引き締めて、仕事します。今年も一年、お世話になったお客様、仲間たち、本当にありがとうございました。



話題を変えて(笑)

250km離れた大都市、札幌に年末に工事に行ってきました。

クライアントはFさん。だいたいの薪ストーブ屋より薪ストーブのことが詳しく、勉強家で情報収集能力もパンぱない。そして何よりこのFさんが素敵なのは、勉強した知識にとらわれない"本質"を捉えようとするその方向性と、それを実現していく情熱とお人柄。

それだけこだわった家づくりや、その一つの軸として在る"薪ストーブ"。

特にそのストーブ選びに関しては、僕の持っている情報を全てニュートラルにお話しして、Fさんに答えが降りてくるのを楽しみにとにかく待ちました。その待つ過程も楽しかったよね(笑)

家で輻射熱と対流熱がどういう風に作用するか。

超高気密住宅で外気導入無しで、安全に確実に焚くにはどうしたらいいか。

このFさんの工事に携われるのは、薪ストーブ屋として、誇りのあることだと思って仕事しました。

ここは誰でもできないよ。

ファイヤピットが出来てよかった。


来年もこれを沢山つくろう。

2014.10.04 Saturday

函館蔦屋書店と亀田八幡宮

蔦屋書店のN店長から電話があって、

いつも忙しい店長のこと、何忙しいことを言われるのかと思ったら(笑)、

「函館っていつから暖炉焚き始めていいものですか?」と。

とてもイイ質問だと思いました(笑)、だって店長は本州の方だから、函館感覚を得ようというもくろみはとってもイイナ、って思いました、しかもそれが俺に聞いてくれるってのがさ、正しいと思いましたね(笑)

で、僕の答えは、

亀田八幡宮のお祭り(9月の15日)が終わったら、基本的にいつ焚いてもおかしくないと。

函館人じゃなく、俺だけの話だと思うけど(笑)

でも、暖かくないようには作ったんだけど、焚くと二階が暑いらしく、二階はクーラー焚きながら暖炉を夜とか焚いてくれるって。

薪も納めたし。

いよいよ蔦屋の暖炉の火が見れるね。

2014.09.02 Tuesday

錆の旬

板厚は2.3mm

外に出していた期間は3年

猫はモンプチ(意味不明 笑)



ようやといい色になりましたな。
錆の色いろいろあると思うけど、やっぱり自然の錆の色が自然でいいな。

時間って作るのやっぱり難しいんだよ。。
っていうか、これ何? って、
鋼板一枚から作る焚火するヤツね(笑)、 名前無い。

煙突効果でとっても燃えるよ。
先っちょから火吹くときあるね(笑)

元々の板の大きさと板取りの仕方で色々な形が作れるんだよ。

夏にいいね。重いけど(笑)

2014.08.26 Tuesday

BB KING

BBキングというブルースマンがいるのさ。
 
今から20年以上前、新宿のライブハウスで生で観た。

レコードの音よりずっとギターの音がラウドで、ハウるギリギリの音から子猫が鳴くような音で愛機ルシールを鳴かせてみせてすんげーな、と思ったものだ。
そんなBBも今や88歳。

エリッククラプトンが主催するCROSSROADSというギターフェステバルに去年BBが出たんだけど、僕的には久しぶりに動くBBを観た(最近そのDVDを買ったのさ 笑)

ということは87歳の時かな。すごいね。

ギターも歌ももちろん全盛期というわけにはいかないけど、(というより、ひどいけど 笑、いや87歳だから素晴らしいけど)

ロバートクレイ、クラプトン、ジミーヴォーンに支えれてギターを弾いてた姿はホント、勇気をもらうね。
 
BBでいうギターって、俺みたいな凡人でいうと何かな、って考えると、、やっぱり
薪割りかもね(笑)

身体が動くこと、

身体を動かすことが面倒じゃないこと、
 
を誇りに思わないといけない、って 頑張んなきゃ、って

 
ほとんど椅子に座ったまま立つことの無くなったBBを観て なんか思ったね。

 

2014.06.10 Tuesday

1001

昨日、オキツボ日記の記事がちょうど1000になった。今日は1001だね。

1000てすごいぞ、毎日書いても3年だよ。

1000だけ薪ストーブの事書いた読み物ってさ、きっと何個もないよ。(3000の頑固親父に怒られそうだけど  笑)

そのあいだ、少なくとも100万回以上がオキツボを読んでくれたんだな、と思うと、

もお俺ほどほどに満足だ(笑)

殿堂入りさせてくれ(笑)

自分でもワクワクしたり、自分と静かに向き合ったり、書くことで確認したり、ホント勉強になった。

オキツボのお陰で成長できたわ。

オキツボのお陰で沢山の人に出会い、

オキツボのお蔭で沢山のとこに行けた。

1000はそれぞれ、ウソじゃなく1000個分のその時の気持ちが入った自分の分身だ。

みんなホントめんこくて、大事なもんだね。

サラッと書いてるけど、ブログって基本毎日書くもんだから次の日の記事のせいで前の日の記事になるのが勿体ないくらいいいこと書いてる昨日もいっぱいある。

ちょっとさ、、、読み返すわ、俺(笑)

ということで、
リニューアルだ (笑) 表紙が新しくなるのか、気持ちが新しくなるのかわからないけど、ちょっと待っててね(笑)

2014.06.08 Sunday

火吹きパイプ2

雨で予定していたメンテ2件延期にしました。

はぁーずっと雨の予報、、ま、今までずっと晴れっぱなしだったからおあいこだね。
 
火吹きパイプ、って灯油の送油管、通称「はちぱい」(8φ)を使ってるんだけど、

今回倉庫を整理してて、滅多に使わない「じゅっぱい」(10φ)を全部切ったった。



これの先っちょをあなた好みにカナヅチでトントンすればいいわけよ。
 
銅だから口つけるとこに菌も繁殖しなくて、
 
ってなんか生々しくてやだな、この話(笑)

2014.06.07 Saturday

梅こぶ茶、ホットで。

函館は海に囲まれてて、北海道の中でも気候が本当にいい。

薪火屋(呼び捨て 笑)んとこみたいに37.8℃には絶対にならない。

で、昨日なんかは倉庫に居るとちょっと肌寒い。

と言いながら作業ズボンめくって半ズボンになってるんだけどさ。



そしたら、ホットの梅こぶ茶と、火で一服でしょ。

あーーーー

たまんねえ(笑)

2014.05.23 Friday

現場に出よう

日本は現場に出る人が極端に減っていて、建設業のこの行く先は、外国(主に中国です)の労働者を大量に受け入れるしか成立しない、ってテレビで言ってた。そんなの現場にずっといる俺達は、テレビで言われなくたってずっと感じていること。だって25年やってるのに未だに若手だもん。今や日本人は世界一利口で頭のイイ国では全くない。日本人のいいところは昔からただただ一つだけ。どこの国のヤツにも負けずに勤勉だっていうこと。それって地道に汗することだと俺は思うよ。そこで頑張るしかない。だって現場ってさあ、


 
現場に出てる俺達ってさあ、かっこよくね(笑)?

男として現場仕事出来る人ってかっこいいでしょ?

作業着ってかっこよくね?

俺らの道具ってかっこよくね?

腰袋下げてるのかっこよくね?

トラック乗りこなすのかっこよくね?

現場用語ってなんかかっこよくね?

ヘルメットかぶって似合うのってかっこよくね?

働いてる実感かっこよくね?

無いより使える俺らの筋肉、なんかよくね?

色黒の腕、よくねえ?

熱いのも痛いのも汚ねえのも平気でかっこよくね?

実力の世界かっこよくね?

アタマイイやつにもできねえことかっこよくね?

プライド持ってつくるの、なんかよくねえ?

ハードで優しくてかっこよくねえ?


こんなにいいこと沢山だよ?
 
現場に出ようよ。

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.