<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.08.26 Saturday

保冷剤が、、、

メンテナンスに歩いていると あちこちでいろんなものをいただく。

 

仕事してお金頂いてお土産までホントにありがたい。特に秋になるとモノがなるのか沢山いただく。

 

ありがとうございます笑!

 

色々なものをもらうけど、先日、森の漁師さんから信じられないようなモノをいただいた。

 

 

本州のみんな、わかるかなあこれ

 

気ガニだよ、毛ガニ。食ったことある笑?

 

しかも6パイ!! 

 

凄くない!?

 

保冷剤ねえなー なんて言ってて、、「凍ったエビいれとけばイイべ」なんつってエビまでいただいた。ワイルドすぎるしビッグ過ぎると思わない?

 

こんな新鮮な浜茹でしたエビが保冷剤代わり。エビもええっ!って言ったと思う笑

 

おいしい保冷剤だった。多分このあたりでは、ビールが冷えてない時は凍ったエビで缶をクルクルするのかもしれない。なんて豊かなんだろう北海道。

 

世の中の保冷剤が全てエビだったらどうしようと思った。

 

東京でお土産で八天堂買っても、千疋屋買っても、、、保冷剤はエビなの。

 

そんな豊かな海にしようぜ!!

 

なんのこっちゃだけど、本当にごちそうさまでした。超おいしかった。

 

 

もう少しするとラミーの季節も来るしね(笑)

 

いや、催促じゃないですから、、、

2017.08.25 Friday

私の身体を通り過ぎていった20台の薪ストーブ達

9/2,3日の"私の身体を通り過ぎて行った20台のストーブ達"、、の絵が増えた。

 

こうやって見てると、いろいろ思い出すけど、薪ストーブは絶対に暮らさないとわからない。

 

 

カタログに書いてるスペックとかマジでどうでもよくって 笑 (みんなも読んだらダメだよ、参考程度ね。)

 

それ読むくらいだったら 家につけるね。

 

 

そもそも暮らす道具だし、

 

薪ストーブが優先じゃなく、暮らしが優先で暮らしの中で性能や特徴がどうフィットしていったりしていかなかったりするという情報のことを情報っていう。

 

どうやって燃えるか? なんてーのはどっかで焚いたらすぐわかるけど、今、俺くらい薪ストーブバカでも3か月暮らして初めて「えっこの子、こーなんだ、、、」ってわかることがいっぱいある。

 

それが大事なわけよ。

 

それを自信持って日々お伝えしたくて結果こんなんになった(笑)

 

 

因みに、同じ理由でお客さまが燃焼している薪ストーブを見てわかる事もない(笑)

 

 

無くていいの♡

 

火との生活を想像してもらえるきっかけになればイイからね。

 

 

2017.08.24 Thursday

よろしく と ありがとう

煙突掃除の時、命綱となるロープを木や何かの架台なんかに結ぶ。

 

命綱を結ぶものだから、煙突掃除全体のキャストとしては非常に重要な存在だと思う。

 

それがなんかの架台とか場合全く何とも思わないケド、

 

木の場合、ロープを結んだあと「よろしくな」って木に手をあててお願いする。

 

そういう気持ちに素直になれる。

 

なんてーの? 生き物同士手と手を貸し合ってる的な笑?

 

気分的に10センチくらいのツルンとした女の人みたいな木の場合「ごめんな」の時もあるし

 

ダブルエイトノットの結び目を間違うくらい大きな木は尊敬を込めて「お前は大丈夫すぎるケドね笑」の時もある。

 

 

で無事に屋根から降りてきたら、またちゃんと木に手をあてて「ありがとうな」っていう。

 

 

無礼や不愛想は許されない気がするし、

 

そこは通じ合ってる前提でいさせて欲しい 笑

2017.08.22 Tuesday

第七回 薪ストーブ日和祭 

ほぼ "日本最大の薪ストーブイベント" 毎年恒例の薪ストーブ日和祭。

 

今回はスタッフだけでなんと50名超え。マジで!? すげーよね。スタッフだけでイベントできるわ!!笑

 

その中にはあっこの社長も来るし、あの方も来るし、あの方も来る。希代のワル、ワル宮坂も来る笑!!

 

 

フライヤーに色々な出し物が出てる。今年はリンクアップさんが20周年だし今までやってない出し物もいっばいあります。餅まきとか笑。

けど、出し物を見に来るというよりは、日本最大の薪ストーブイベントを来たあなたと一緒に作り上げたい。

 

餅を拾い、沢山のストーブマンと話をし、なんか食って、なんか飲んで、なんかを持って帰ってほしい。

 

あなた方ひとりひとりが薪ストーブ日和祭。

 

あなた方ひとりひとりが雰囲気。

 

そういう参加型の内容が増えました!!

 

ヒムロ風に言うと、「ライブハウス盤渓駐車場(武道館なみとはいかんが相当に広い)へようこそ!!」だし

 

スプリングスティーン風に言うと「学校よりも3分間で焼けるピザから多くのことを学んだ」

 

だと思う!(意味不明)

 

 

今年はレイアウトも中身もちょっと違うので、いつも同じでマンネリ化しててもういいや、と思っている人もぜひ!!もう一度来てみて!

2017.08.20 Sunday

ヤシの木

とにかく、なんか東京くらいまで行くとさ、こういう木生えてるよね?

 

 

俺ら道産子はさ、これ見ると「さすがあったけーとこはヤシの木生えてるで」って思う。

 

ヤシの実落ちたらどうすんね?とか笑

 

南国のストーブマンはさ、ヤシの木焚いてたらそっちぽくてイイと思う。

 

ヤシの木 玉切りしてる絵ずらとか、超イイ 笑!

 

バカにしてないよ笑

 

なんか、ヤシの木生えてるけど、ストーブ焚くみたいなのがそれだけで面白くない? 

 

エスキモーがタンクトップ試着してるみたいな? 

 

バカにしてないって笑。

 

ヤシの薪憧れる!!

 

年輪の冬目と夏目無かったりして!!

 

割るとココナッツの香り!! (ヤシとココナッツ混同 混同っていうかもうぜんぜんわかんない 笑)

 

南国のストーブマンは杉の葉っぱやシラカバの皮で焚き付けるんじゃなくて、、ぜひヤシのモシャモシャで焚き付けたりしてて欲しい。

 

ヤシの実もジュース飲んで乾けばカーボンニュートラル!!笑

 

もーわかんないけど、ヤシの木とかゴムの木とか焚いてその情報教えて欲しい 笑

 

 

 

ひとりで盛り上がったけど、知ってるよ、ヤシじゃないんでしょ 笑

 

 

2017.08.17 Thursday

ただいま。

なんか、それだったら勝手にちょっと休も、と思ったんだよね。

 

なんかアウトプットするもんスゲーいっぱいあるのに、その情報をどう扱ってイイかわかんない不自由さになんか疲れて 笑

 

めんどくせーだろ 笑

 

そしたら4か月も書かないでしまった!!!

 

なんか お蔭で"やってる感" ゼロなんだけど相変わらず忙しく過ごしておりました!!

 

そう、誰かのSNSとかの"やってる感"にも疲れ、誰のブログとかSNSも全く見なかった。あー気持ちイー笑

 

でもそろそろ書くか。

 

そろそろ吐き出そう(答えが出たわけじゃないんだけど)。

 

まず書くか。

 

まず絵かこ。

 

 

 

あー楽しー 笑

 

これは、9月2日〜3日札幌の日和祭り!! で午前中やる予定の「私の身体を通り過ぎていったストーブ達」っていうタイトルのお喋りするんだけど、実際に俺んちに設置した20台の薪ストーブを通して、薪ストーブ選びについて考えてみようっていう講義。質問タイム多くとるのできわどいコースのボール大歓迎笑。

 

あと16台書かなきゃな。

 

4台で満足したから書かないかもしれないな笑

 

 

2017.04.14 Friday

蓄熱体は高性能住宅にハッキリ向いている

蓄熱体のヒーターで冬を過ごしたことによって、いや、正確に言うと、薪ストーブと2台で過ごしたことによって、凄く実感したのが、

「家の性能がある程度ないと、暖房のことは語れない」

 

って、、、身も蓋もないこと(笑)

 

 

俺が今まで見てきたメイソンリヒーターは、そんなに断熱気密の性能でいえばいいところではなくって、イメージでいうと、大きな蓄熱体を持ったヒーターは高性能住宅に合わない、って思ってたし、どっちかっていうとそう言ってきた(笑)!

 

でも、逆だね。

 

空間全部が柔らかい輻射で満たされる感じは、高性能住宅のほうが高性能な分よりその特徴が出る、って感じ(まあ、ウチは10年前位の建物で物凄いイイわけでもないが)。

 

それぞれの特徴が生かせるための、、住宅の高性能化なんだよ。

 

でも例えばドイツみたいに、人の体温だけで部屋の温度が維持できる、とかね、

 

そういうのが幸せか、というと全くそういうことではない。ドイツ人は、そういう"感覚"が幸せなんだと思う。これだけエネルギーを合理的にクレバーにやってるぜ!!気持ちイイ!!みたいなね。ドイツ人に聞いたわけではないけど(笑) 俺は日本はドイツ化しなくてイイと思う、そもそも、日本ってマレーシア人がマレーシアより暑いっていう国だから(これはマレーシアの友達から聞いた)目指す方向が違う気がする。

 

じゃあ、断熱気密が良くない家に(良くない家が悪いってことじゃない)何が向いてるのか、っていうと、何が合ってるとか悪いとかじゃない、ただ、パワープレイだってこと。デカイ薪ストーブを焚いて朝までデカイ薪を焚いたらいいし、朝熾火を掘り起こして着火すればいい。北海道の最近の家ではそんなことはもうしない。夏は東京みたいにエアコンを各部屋につけてガンガン冷やせばいい。パワーが必要なとこにはパワーで対抗するしかない。それは相性とか特徴の問題ではないってことさ。いろいろな暖房のパラメータがあるなかで、"パワー"という要素からの特徴でしかない。

 

ようは、「向かない暖房なんてない」ってこった。その特徴が出るだけ。

 

これに今冬はっきりわかった。

 

日本のこの現状ってそのことを考えると合点がいくね。

 

 

今日は一人つぶやき一人納得だな、笑わせなくてごめんよ(笑)

 

 

 

2017.04.12 Wednesday

銀座と赤川

昨日銀座にいた。

 

東京ストーブのT嬢と

 

「今日寒いけど東京さくら咲いてるもんね」

「今までホントあったかかったんでよぉー」

「北海道なんて、緑って言ったらまだフキノトウしかねーよ」

「えーーっ、フキノトウってずーーっと見たことなーい」

「そこいらじゅうフキノトウだらけだよ!」

 

なんて会話を銀座でしたのさ。

 

 

今日は銀座でなくて函館の赤川にいる。

 

ジーユーもアップルもヴィトンシャネルブルガリ、、そんなんはもちろんないけど、赤川にはこんなんがいる。

M氏によると、イタチだそうだ。

 

超カワイイ。キタキツネは犬並みにそこいら歩いてるけど、イタチはそんなにいるもんじゃないだろ。

 

そしてこれ。

野生のアサツキ。究極のオーガニック。オーガニックって言葉がアホくさいほどのね。

 

赤川にティファニーもスタバ1号店も無いけど、

 

水のあるとこにはイワナが泳ぎ、おいしい天然のアサツキが生え、エビアンみたいな水が蛇口からいくらでも流れ、イタチやキジがいる。

 

築地で売ってたタラノメは函館では"採ってはいけない"サイズだ(笑)

 

銀座より遥かに豊かだ、、俺にとって(笑)

 

 

薪もし放題。

 

どっちがい(笑)?

 

2017.04.09 Sunday

マルチの刃

蓄熱の間に小ネタはさみます(笑)

 

 

マルチツールで刃ってダメになってダメな刃ってたまっていくんだよね。数えたら今ダメなやつ8枚あった。

 

これ、高いさ。2000円とか3000円する、一枚。ま、切るのは主に木。突っ込み切りができるから便利なんだよね。

 

 

左なんて全く無くなってるね(笑)

 

でこれをイイトコで切る。刃を落としちゃう。

 

いっぱいあるね。

 

 

で、ゼットソーとかの刃を切って、溶接しちゃう。

 

 

たまんねー。

 

がっつ増えるし、なんていうか、こっちの方がかなり切れるんだよね。アサリがあるからかな。

 

買ったモノより工夫したものってなんか愛着沸くよね。

 

薪ストーブもそろそろそういう時代が来るかもね。使いやすくカスタムしたり、チューンナップして薪ストーブのキャラクターを変えたりって、、もう始まってるもんね。いつかそんな話もします(笑)

2017.04.07 Friday

針葉樹が超向いている。

ストーブが送られてくると木のパレットで梱包されてくるんだけど、

 

このストーブは大きくないのにバレットに木がふんだんに使われている。

 

いいね、その為にこのストーブ買いたくなるわ(笑)

 

オイシイパレットだね。

 

これをこなすと、

 

 

これになる。

 

今時期の二日分はあるね。

 

何回も何回も書いてるけど今時期はホントパレットがイイんだよね。

 

で、先日ご紹介申し上げたアレで焚く

 

 

普通、薪ストーブって、鋼板製ストーブだろうが、鋳物ストーブだろうが、鋼板か鋳物に火があたるのは絶対に避けられない。だから前にも言った通り、ノーダメージでは無理、って言ったよね。ネスターマーチン以外。でも、コイツはドア以外金属の部分が無いの。熱は全部受け止めます(笑)

 

廃材が超向いている。

 

これ、モラルが許すなら、コンパネも大丈夫なんだと思うな。

 

だって壊れる部分が無いもん。

 

すげーよ、それって。

 

とって付けたものではなく、尚一層 恒久的な感じがするね。

 

針葉樹のバーーーッと燃えて短時間に来る輻射熱とかは無い。柔らかい輻射熱に時間をかけて変換してくれる。

 

でも気がついたんだけど、これで焚いても広葉樹焚いたほうがやっぱり熱量あるね(笑)

 

 

でも針葉樹は超向いている♡

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.