<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.09.08 Friday

デナリ大滑降

今年の祭りはなんかソワソワした。

 

協会の青年部の立ち上げが控えていたこともあったけど、

 

イベントが終わった日曜の夜九時にNHKスペシャルで「世界初 極北の冒険 デナリ大滑降」が放送されるのが決まっていた。僕ら身内の間でもクレイジージャーニーやその他でこの冒険に佐々木大輔氏と一緒に札幌の狩野くんが(写真一番右) が同行しているのは話題になっていたしね。

 

イベント前日設営手伝いで会場に入るとひと段落した時に俺、ストーブの絵にパステルで色塗ってたんだ。

 

そん時狩野くんとちょっと話ししたんだけど、

 

リラックスしてニュートラルに、わかりやすく、言葉は最小限で話してくれるんだけど、、

 

あれ以上の冒険はないことや、自分のピークや死について、、、、。淡々とにこやかに強い口調も誇張も思惑もなく言う姿にシビれた。なんていうかリアルが伝わりすぎて。

 

俺は冒険家じゃないし死と常に隣り合わせの仕事をしているわけでもないので、狩野くんや佐々木さんの冒険はNHKで見るだけで充分だけど

 

あの壮大すぎる雪山の景色と経験を持っている人がいるってことだよね。

 

 

 

俺はストーブマンらしく、煙突掃除人らしく、俺の見られる景色を見よう。

 

(湯口さんに声をかけてもらって来場した佐々木大輔さんにイベントTシャツにサインをいただいた!)

 

狩野くんとのダブルネームにしたかったけど、狩野くんに頼むと、、

 

「サインないよ」。

 

ホント、、シビれるな笑

 

 

2017.09.06 Wednesday

"20台" と "未来"

先週土日の札幌盤渓で行われた第七回日和祭りからのそのまま函館に戻らず東京に行き、

 

灰色の喧騒から、色彩豊かな北海道に帰ってきた笑

 

五感がよみがえるわ。

 

 

5泊6日だったので、イベントの他のコンテンツは他の人に任せて、自分のことだけ書くか笑

 

いやだっていっぱいありすぎてかけねー。

 

イベント初日の午前の部。

「私の身体を通り過ぎていった20台のストーブ達」

 

自邸に設置したことがある約20台のストーブ達が、その特徴、性能が、同じハコで、どう作用するか、というお話にまつわるイロイロ。

 

(ホントに今年から顔出すんだね笑)

 

なんか、絵が思ったよりみんな喜んでくれて笑

 

書いてるとこ見せたいくらい時間かかってないのにさ。

 

 

いやーこれ楽しかったね!

 

話してる俺も楽しかった! 新ネタなんで一日目と二日目全然違うかったけど笑。一日目が質問もいっぱい出て特に盛り上がりました!

 

どんどんブラッシュアップして、またやりたいな。そんなこと言ったら噺家(はなしか)か! って柴さんに突っ込まれたけど、、、

 

 

 

そして二日間のイベントを終え東京。

 

暖炉ストーブ協会の仕事で青年女性部ってのがスタートしたんですが、その集まりでディカッションの材料になる「日本の薪ストーブの未来」を担当させていただきました。写真は富士ストーブさんのFBから。撮ってくれてありがと笑

 

NHKのプロフェッショナルをパクったオープニング 笑

 

まあ、こういうテーマで同業者40人の前で考えを発表するって、、、、やったヤツじゃないとわかるまい的な重みのある仕事で。まあ下手糞ながら精一杯やらせていただきました。

 

たいへん勉強なりました!

 

前々回の協会もそうだったんだけど、ホント顕著で、前で強めに発表とかあると、飲み会で全く人が寄ってこないんだよね 笑

 

 

疲れを充実感に変えて、、また明日から頑張ろう。

 

2017.09.01 Friday

スタッフはバッタ色

札幌に向かっています。薪ストーブ日和祭のため。

このイベントはいつも、なんかやっぱりたくさんの大人が気持ちを一つにするのっていいな、って。

たくさんそういうのがあればいいな。


スタッフTシャツはこの色、 バッタ色なんで気軽に声をかけてね。

デカイバッタから小さいバッタまでたくさんいますが笑

昔と違ってみんなTシャツが似合わなくなってきたかもしれないね笑




じゃ、みなさん明日札幌で会いましょう!

2017.08.31 Thursday

出張

5泊6日の出張近づいてきた。

 

 

あと何台描くんだっけな。一枚5分もかかってないけど、、まにあわねー。

 

 

20台のストーブの色々を話ししながら、

 

たとえば

対流式ストーブと輻射式ストーブってあるけど、どう作用していくか

とか

小さい薪ストーブであったまる、は本当か

とか

蓄熱の意味(炉台も含めて)

とか

触媒ストーブはクリーンバーンに比べてどれくらい燃費がいいの?

とか

新しめのストーブと古いストーブの違い、、

とか

を正直に話ししたいと思います笑

 

 

正直なもんで笑

 

 

札幌3泊の東京2泊。東京ではいよいよアレが待っている。

2017.08.30 Wednesday

煙突トップ火災

メンテナンスも半分を超えたと思うとホッとする。

 

毎日様々な煙突トップを触っていると、煙突トップも隠せない証拠の塊で笑、やっぱりユーザーさまに情報をフィードバックしてさ、焚き方とか薪の大きさとかスタートの確認を定期的にしていくことで、ホント上手になる。

 

2年連続自社ユーザーからフロック状のススを回収していない(全員パウダー)という記録は今年とうとう崩れたけど、

 

ホントファイヤピットのお客さんはマジでうまい。

 

ホント自慢だ。

 

ガラスも曇らせる人もまずいないしね。

 

 

これは掃除する前。

 

キレイでしょ。

 

だけどこれはトップが燃えたの。キレイだから燃えた、って短絡はダメよ。燃えた跡がちゃんとあるの。

 

煙道火災、ってみんなも聞いたことあると思うけど、


小規模なものも含めればトップ火災は煙道火災の3倍とか4倍でチョコチョコ起きてる気がする。

 

トップはやっぱりスス付きやすい。トップ燃えても煙突そうでもないとことかあるからね。

 

やっぱトップっていらねーよな。

 

話それるからこの話題やめるけど笑、

 

煙突掃除屋としては「あ、燃えたな、掃除ラクだな」ってことになるけど、喜んではいられない。修正しないと、煙道火災に発展したりするからね。

 

 

こんなんでどんなに隠してもトップや煙突、薪ストーブは内臓の中を見られてるのと一緒で、どうやってきたかってのがハッキリわかる。

 

さて今日はどんな煙突トップかな。

2017.08.29 Tuesday

ヤシの薪

この間、本州の"ヤシの木"問題を取り上げたところ(なにも問題じゃない笑)、洒落のセンスがあるというか、悪ノリに乗ってくれたというか、

 

熾壺にも今まで出たことがある名古屋の庭師、ピースデッサンの加田さんがヤシの木をマジで送ってくれた!!

 

 

包みをあけると動物の死骸がくるんであるようなミステリアスさ、、、汗

 

 

全身が出るとヤシ感すげー。なんか一気に南国。

 

BGMは山下達郎のBIGWAVE か 大瀧詠一のEACHTIME だな。

 

 

たたせるとピグモンじゃない? 若い人わかんないか。。

 

俺の北国育ちのDNAがヤシ感を受け付けない 笑

 

 

いちおー 年輪を確認するとやっぱ夏目も冬目もない!!

 

やっぱりこいつ夏しか感じてねー。

 

達郎はクリスマスイブあるし、大瀧詠一は冬のリビエラ作曲してるしな。。。。

 

 

BGM チューブに変更だな 笑

 

っていうか、このモシャモシヤ、、、、、ライオンみたいじゃない、、、?

 

 

ライオンやん!

 

題名 これから割られるライオン 笑

 

 

割るとモシャモシヤが割れるのを防いでくれる。全然パッカーンとはいかない。

 

なんのこっちゃ。

 

埃もめっちゃ飛ぶ 、目痛い、、笑

 

 

身とモシャモシャを分けるとすげえ。

 

着火剤になるね、、

喜んでる場合か!!  

なんか南国の人がこれを薪にしないって、、、

南国の人と分かりあえた気がする 笑 

 

 

 

※ ヤシの木は、ヤシ科ヤシ目のシュロ、トウジュロだそうです。

2017.08.26 Saturday

保冷剤が、、、

メンテナンスに歩いていると あちこちでいろんなものをいただく。

 

仕事してお金頂いてお土産までホントにありがたい。特に秋になるとモノがなるのか沢山いただく。

 

ありがとうございます笑!

 

色々なものをもらうけど、先日、森の漁師さんから信じられないようなモノをいただいた。

 

 

本州のみんな、わかるかなあこれ

 

気ガニだよ、毛ガニ。食ったことある笑?

 

しかも6パイ!! 

 

凄くない!?

 

保冷剤ねえなー なんて言ってて、、「凍ったエビいれとけばイイべ」なんつってエビまでいただいた。ワイルドすぎるしビッグ過ぎると思わない?

 

こんな新鮮な浜茹でしたエビが保冷剤代わり。エビもええっ!って言ったと思う笑

 

おいしい保冷剤だった。多分このあたりでは、ビールが冷えてない時は凍ったエビで缶をクルクルするのかもしれない。なんて豊かなんだろう北海道。

 

世の中の保冷剤が全てエビだったらどうしようと思った。

 

東京でお土産で八天堂買っても、千疋屋買っても、、、保冷剤はエビなの。

 

そんな豊かな海にしようぜ!!

 

なんのこっちゃだけど、本当にごちそうさまでした。超おいしかった。

 

 

もう少しするとラミーの季節も来るしね(笑)

 

いや、催促じゃないですから、、、

2017.08.25 Friday

私の身体を通り過ぎていった20台の薪ストーブ達

9/2,3日の"私の身体を通り過ぎて行った20台のストーブ達"、、の絵が増えた。

 

こうやって見てると、いろいろ思い出すけど、薪ストーブは絶対に暮らさないとわからない。

 

 

カタログに書いてるスペックとかマジでどうでもよくって 笑 (みんなも読んだらダメだよ、参考程度ね。)

 

それ読むくらいだったら 家につけるね。

 

 

そもそも暮らす道具だし、

 

薪ストーブが優先じゃなく、暮らしが優先で暮らしの中で性能や特徴がどうフィットしていったりしていかなかったりするという情報のことを情報っていう。

 

どうやって燃えるか? なんてーのはどっかで焚いたらすぐわかるけど、今、俺くらい薪ストーブバカでも3か月暮らして初めて「えっこの子、こーなんだ、、、」ってわかることがいっぱいある。

 

それが大事なわけよ。

 

それを自信持って日々お伝えしたくて結果こんなんになった(笑)

 

 

因みに、同じ理由でお客さまが燃焼している薪ストーブを見てわかる事もない(笑)

 

 

無くていいの♡

 

火との生活を想像してもらえるきっかけになればイイからね。

 

 

2017.08.24 Thursday

よろしく と ありがとう

煙突掃除の時、命綱となるロープを木や何かの架台なんかに結ぶ。

 

命綱を結ぶものだから、煙突掃除全体のキャストとしては非常に重要な存在だと思う。

 

それがなんかの架台とか場合全く何とも思わないケド、

 

木の場合、ロープを結んだあと「よろしくな」って木に手をあててお願いする。

 

そういう気持ちに素直になれる。

 

なんてーの? 生き物同士手と手を貸し合ってる的な笑?

 

気分的に10センチくらいのツルンとした女の人みたいな木の場合「ごめんな」の時もあるし

 

ダブルエイトノットの結び目を間違うくらい大きな木は尊敬を込めて「お前は大丈夫すぎるケドね笑」の時もある。

 

 

で無事に屋根から降りてきたら、またちゃんと木に手をあてて「ありがとうな」っていう。

 

 

無礼や不愛想は許されない気がするし、

 

そこは通じ合ってる前提でいさせて欲しい 笑

2017.08.22 Tuesday

第七回 薪ストーブ日和祭 

ほぼ "日本最大の薪ストーブイベント" 毎年恒例の薪ストーブ日和祭。

 

今回はスタッフだけでなんと50名超え。マジで!? すげーよね。スタッフだけでイベントできるわ!!笑

 

その中にはあっこの社長も来るし、あの方も来るし、あの方も来る。希代のワル、ワル宮坂も来る笑!!

 

 

フライヤーに色々な出し物が出てる。今年はリンクアップさんが20周年だし今までやってない出し物もいっばいあります。餅まきとか笑。

けど、出し物を見に来るというよりは、日本最大の薪ストーブイベントを来たあなたと一緒に作り上げたい。

 

餅を拾い、沢山のストーブマンと話をし、なんか食って、なんか飲んで、なんかを持って帰ってほしい。

 

あなた方ひとりひとりが薪ストーブ日和祭。

 

あなた方ひとりひとりが雰囲気。

 

そういう参加型の内容が増えました!!

 

ヒムロ風に言うと、「ライブハウス盤渓駐車場(武道館なみとはいかんが相当に広い)へようこそ!!」だし

 

スプリングスティーン風に言うと「学校よりも3分間で焼けるピザから多くのことを学んだ」

 

だと思う!(意味不明)

 

 

今年はレイアウトも中身もちょっと違うので、いつも同じでマンネリ化しててもういいや、と思っている人もぜひ!!もう一度来てみて!

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.