<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.03.19 Sunday

美容室と薪ストーブ店は似ている。

美容室と薪ストーブ店は似ている。

 

前々から思っていたけど長くなりそうで、文章にするのが億劫だった。

 

 

仕事の "範疇" は、美容師もストーブマンも自分で決めることができる。

 

例えば、お客様と会わずにカタログで選んだストーブを新築につけるのを主にするストーブマン。

 

のような画一的な薪ストーブ店もあれば、、

 

沢山打ち合わせをして、ストーブも炉台も色々なものがある中からじっくり話して生活スタイルに合うように決めていく、、、しかもお客様のリビングは福山雅治にはなりませんよ、髪質が違うのと、似合わないと思う。ただ、こういう手はあるよ、、毎朝スタイリングしたくないなならこのストーブは立上りが早くてラクだし、この方法だと髪も煙突も痛まないよ(美容室とストーブがごっちゃになっている 笑)、、

 

 

みたいに、全てにおいて"最短ルートじゃないことをやる店"、、っていうの?

 

わかるかな

 

最短ルートじゃないことをやる店は、最短ルート望むお客さん自体に物足りなさを感じてしまうことはあるだろう。逆の立場だと鬱陶しいっていうの?

 

すげー超有名美容室の売れっ子美容師さんに、「丸刈りー」を注文するようなもんだ。

 

そのあたりは店と客の相性だろうね。というのは美容室もストーブもいっしょだね。

 

 

俺みたいに忙しくなってくると風呂場で文房具のハサミでDIY床屋しちゃう人もいれば、

 

煙突買ってきて、ストーブ買ってきてつけちゃう人もいる。似てるよね 笑。

 

だんだんメチャメチャになってきて、プロのとこ行くのが恥ずかしいのも、DIY煙突をプロに見せる時と似ているかもしれない。

 

腕のイイ美容師さんの世界も知っていて、なおかつそれでも自分で文房具のハサミで髪を切るのを選ぶのであればそれはそれで価値観ではあると思う。だいたい対極の事を知らず、お互いをネガティブに言い合うことが多いのはストーブの成熟してない世界の特徴かもね 笑

 

ウチは、とにかく最良の薪ストーブ生活のことを考えてしまう店なので、お客様がこだわってない部分にファイヤピットのこだわりが入っていたりはする 笑。

 

美容室や床屋さんも、俺はそういう人に切ってもらいたい、と思うようになってきた。さんざん風呂場で切ってるくせに何言ってるんだと言われるが、自分で髪なんてものにこだわりが無いから、間違いないヤツにフルオーダーしたいんだ。何も注文しない。俺の頭の形や髪質や顔の形や性格を見極めて自由にやってくれたらいい。そうしたら次は1か月後に来てよ、ってその人が言ったら行くな。俺もストーブマンとしてそういう店になりたいし、最終的には全まかせ(今でもまあまああるけど 笑)だね。

 

 

俺はこの年で髪があるとは予定外だったし、キレイにしてないと汚く見える歳にはなってはきたわな 笑。

 

誰かそんな人に出会いたい 笑。

 

2017.03.18 Saturday

王様の遊び

ねえ、山から木を伐るとこから薪を作ってるリアルストーブマン達に聞きたい。

 

 

山に生えている木が薪になるという一連のプロセスの中で、

 

玉になった薪を割るって

 

作業の割合としてはどれくらいだと思う?

 

 

俺もそういう作業するけど、ソコって10パーセントあるかな?

 

まあ俺の感覚だけど、1割だとしよう。

 

9割は他の人がやってるってことだよ。

 

でも玉割ってる人は「割ったった感」と「俺が薪を作ってる感」が半端ない笑

 

それをわかって、玉買ってる人は謙虚になってほしい(何に対して 笑?)けど、作業的に超おいしいとこだけやってるからわかりずらい。

 

しかも割りずらいとことか作ってる人は気を使って持っていかねーし笑

 

 

そうだな例えると、ほとんどお膳立てしてくれてパカン! とおいしいとこをやる王様の遊びみたいなもんだ。

 

拍手までついてきたりする!、全然ワイルドじゃねえ 笑

 

 

やっぱり玉で買ってる人を山に連れていかないとダメだな…

 

 

2017.03.17 Friday

目を澄ませば

北海道も春っぽい。

 

大沼の現場に行くと、今まで何回も書いてきたけど春の気配に目がとまってしかたない。

 

春の色気 2015.2.27

 

モノトーンに光るオレンジ 2011.3.9

 

木々の顔色 2013.3.10

 

こう見ると毎年同じくらいに同じこと思ってんのね(笑)

 

たぶん来年もまた思うんだと思う。

 

 

 

これは女王、イタヤだね。

 

 

 

これはエンジュかな。

 

 

 

これはアサダか、カツラか。

 

 

しつこいけど、これらがこんなに鮮やかで生気に満ちているのは、春だからなの。

 

アオタモも凄かった。エダマメくらい緑だった。特に若い木が発色するんだよ。なんかわかるよね、自然の摂理っていうか。

 

冬はこの木々は全部生気を消して、灰色なんだよね。

 

色って生気なんだ。

 

鬱病になると色とか無くなるっていうもんね。

 

北海道は特に冬が厳しいから冬は生気を消し、春は喜ぶんだろうと思うよ。

 

 

目を澄ませば、色々なものが見えてくる春。

2017.03.16 Thursday

ガラスを灰で拭く、っていう表現

"ガラスを灰で拭く"、っていうのは薪ストーブ生活の中では日常的な表現なんだけど、誤解も生むことなので、、正確に復習しておこうかね。

 

灰で拭く、っていうのは正確には間違いで、灰汁で拭くんだよね。灰の汁(しる)と書いて、これで"アク"っていうんだよね。

 

アク抜きの灰汁だね。

 

じゃ、灰汁ってなに?

 

 

上澄みのことなんです!

 

(熾壺日記2010.6より)

 

ただ、こんなんやってられないし、これ作るくらいだったら重曹で同じなんだよね。

 

俺はティシュと水だけでガラスを拭くんだけど、ちょっとアルカリが欲しい時ってあるんだよね。黒いのを溶かしたい時ね。そん時にティッシュに水つけて、灰の白いとこをチョンとつけて、アルカリ水(灰汁)を作る、ガラスの上で作る、って感じ。灰のスクラブ分で黒いのを落とすのは間違いよ。灰の中に硬いものがあれば、いくら硬いガラスでも傷ついちゃう。

 

後、これをやった時は、灰分をきちんとまた水拭きね。

 

灰汁が残っていると白くなる原因になるし、焚き方やストーブによっては、灰分が溶けてガラスにくっついてしまうともう絶対にとれないよ。

 

めんどくさいって?

 

実はぜんぜん面倒じゃない。

 

曇らせなきゃイイだけ!!

 

基本、ガラスクリーナーも灰も重曹もいらない。

 

水で十分とれる、っていうのが、、、なんていうか、ファイヤピットのスタンダートだし、お客さんにもガラスクリーナー売ったことねー。

 

水でとれるしウチなんて毎日拭くわけでもないし。それでもキレーだしね。

 

ちなみにティッシュにつく色、茶色と黒にはそれぞれ意味がある。長くなったのでまたいつか笑!!

2017.03.13 Monday

どさんこワイドでチェックすること

おしさしぷりっす!!

 

今日 夕方ね、どさんこワイド(STV)に薪ストーブ界のイケメンランギング、第2位の加藤くんが出るらしいから見て!

 

イケメンランキングと言えば、、、なんで2位なのかって!? 嫌な予感がするね、、違うよ、そんなこと考えてないよ(笑)、、1位は誰かって(笑)? 1位は、ダッチウエストのS部長!! スタイルからしてガチのモデルみたいなんだよ。

 

札幌の加藤くんと言えば、、

 

最近もWBCで活躍中の筒香に似ているからそれ目線でどさんこワイド見てみて!

 

筒香 から ふてぶてしさをひいたかんじ。

 

 

加藤くんの場合、これにぱるる張りの"困り顔"の要素がプラスされるんだよね。

 

 

加藤くんと一緒にいると、実際色々な人が助けてくれる!!

 

まさに「世界を惑わす困り顔」って感じ!!

 

そんな加藤くんが、テレビで困っているか、助けられているか、ストーブの前で語り掛けるどさんこワイド、16:00頃。要チェック!!

 

2017.02.28 Tuesday

B薪

"B薪" を倉庫から運んだ。

 

B薪とは、薪ステーションで保管状態が良くない数か月を送ってしまったせいでカビたり、ドロドロだったり、形が悪かったハネモノだ。

 

それが、積んでおくと、A薪までとはいかないけどいつの間にか あの頃の"B"ではなくなる。

 

AB薪ってのかな。

 

 

時間ってすげえ。

 

何もしてないのにカビは何事もなかったように消え、泥も消え、汚い思い出も消え(笑)、火をつけると温かい。

 

 

薪ストーブは、火をコントロールする道具でもなく、薪作りは、薪の乾燥をコントロールするでもない。

 

「時間にも自然にも抗えない」

 

つまりは薪ストーブ生活って、それを知る道具だと思う。

 

 

それが薪ストーブの

 

すげえーイイところだと思うんだ。

2017.02.27 Monday

地球温暖化神話 終りの始まり

前からこの手の論調は気になってて、ようやく今回の出張の移動中に読んだ。

 

この手の論調っていうのは、"CO2は増やしてもよい!!" とか、"それどころか減ったらマズイ" とか 。

 

 

太陽光パネルのオカシナからくりとか、世界のこれに対する認識とか、作るのに大量の二酸化炭素を出しちゃうプリウスとか、20兆円今まで使ったけどCO2が減った事実は無いこととか、アメリカは京都議定書からぬけているとか、ロシアはCO2排出権で超儲かったとか、日本の1990年は既にクリーンだったとか、詳しくは読め、って感じなんだけど、

 

今回思ったのは、

 

色々な考えに耳を傾ける柔軟さの必要性。

 

ホント、ドキッとしたわ。

 

今まで「薪はカーボンニュートラルでー」とか俺も言ってた(笑)

 

読んだ限り、俺は、ゴアの不都合な真実よりもこっちのほうが相当信頼できると思った。

 

だからと言って消費を続けるのがイイということではないし、薪からもし、カーボンオフセットの要素が無くなったとしてもその魅力が減ることはない。

 

より本質に迫るだけの話で、

 

歓迎だ。

 

 

CO2と温暖化をその口から語る可能性のある人は、必ず読んで欲しいッス。

2017.02.25 Saturday

チームストーブ野郎

前々からその存在はもちろん知ってたし、数年前に参加する予定だったんだけど行けなかって、、ようやく長野県のストーブアートさんが主催する「チームストーブ野郎」に参加してきた。

 

静岡、長野(伊那、諏訪)、茅ケ崎、って感じの出張でした。

 

そんなチームストーブ野郎、、今年で第9回になるらしい。

 

 

恒例の集合写真にやっとのれたね(笑)

 

顔出しNGにしてた熾壺日記も今年からバンバン出していくからね(笑)

 

まー、色々な話ができて楽しかった。薪ストーブが大好きなヤツらが集まってテーマを持って話するのって。やっぱりストーブマンが集まるのっていいね。会うのを楽しみにしてくれてた方なんかもいて、恐縮で光栄でした。

 

静岡でも、伊那でも、諏訪でも、茅ケ崎でも濃い何日間だった。

 

 

ベタだけど、こうやって燃えてるヤツがカッコイイと思った。ストーブマンはそうありたい。

2017.02.17 Friday

焙煎機の煙突

今年に入って全然ブログのペース遅いなあーと思って読み返してたら、2016、っていう今年これこれやったけど来年は地固めだな的な2016最後の記事に書き忘れてたことがあった。

 

焙煎機の煙突やったんだった。

 

 

焙煎機の煙突ってそりゃやるだろ、煙突屋だもん。

 

じゃなくって、世界のコーヒーマンとコラボというには恐れ多くて、世界の珈琲マンの仕事に触れさせていただいた、っていうのが正しいかな。楽しい工事だった。

 

触れさせていただいたことによって何がおきたかっていうと。

珈琲マンが求める煙突というものは、今までは珈琲マンは言葉をもっていなかった。ストーブマンはぼやけたものをこれまた具現化できなかった。

 

それが今回で具体的にわかったって感じ。

 

自家焙煎や焙煎工場で煙突設備にこだわる方、相談に乗るので電話してよ(北海道全域と東日本)。

 

 

こういう仕事のイイところは、後で色々かえってくる。

 

珈琲豆が届くとかそういうことじゃないよ。

 

それよりももっともっと大きなものだね。

 

経験とか知識とか。

 

これって、ただステンの断熱筒ぶらさげて、ただ200キロ搬入してたって無いからね。ホントベタなことだけどリスクのないとこには何にもないね。チャレンジはやめられない。お金じゃないね。いやお金も大事だけど(笑)

 

今年もどんどん色々始まってる。ブログじゃ書けないことばかり(笑)。だまって火にあたってる場合じゃないよ。

2017.02.16 Thursday

岡田は許さない。

久し振り! (笑)

 

なんだか忙しいね!

 

 

焚き付けしててさ、これ火がそのままおがる(育つ)かなー、消えちゃうかなー、なんて時たまにあるでしょ?

 

 

この熾火にこの量の焚き付けでそれがちゃんと火が回るかなーーみたいなね。

 

その時の大原則は、「調子のイイ時はいじるな」だよね。よかれと思って空気とか色々いじってダメになる時はよく思う。あ、調子のいい時は触らないのが一番だったって。

 

これはサッカーによく言われることだね。チームが勝っている時は作戦やメンバーを積極的にいじらない、みたいなね。

 

薪を途中から入れ替えるなんてもってのほかでしょ。

 

だからカズは絶対に連れて行くべきだった。俺は岡田は今でも許していないしこれからも許さない(笑)

 

あれっ、もしかして、これを書きたかったのかもしれない。

 

書いたらなんかスッキリした。

 

でも許さないけど(笑)

 

ファイヤピットは大間原発と岡田カントクは許さない。

 

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.