<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 暖炉の火入れ | main | 答えは一つ >>

2013.12.03 Tuesday

ひ き わ た し

クリステルにタイトルかけてみたけど(笑)


暖炉に火をともしていると、その前を歩いている人は

^貶佑發擦困燭青未蟆瓩る人

△舛腓辰噺る人

6瓩によって来る人、

この3つとしたら、て以外とホント多くないね(笑)

やっぱり世の中の人全員がじゃないのが信じられない俺の価値観は通用しないわ(笑)

俺だったら釘づけだけどな。



ま、

使っていく燃料の問題で、ファイヤードックを急遽作り変えして、調整して、よりよくなりました。

ようは昨日書いたイメージ通りにはいかなかった(笑)

もっと工期があれば、もっともっと素敵なアイディアは沢山持ってたんだけど、ただひたすら瞬発力を求められた工事でした。

設計屋、施主、作り手、の三位一体は全くない(施主さまは仕方ないけどね)、ウチだけが頑張った工事だったね(笑)


でも火はいいよ。

とてもいい。

今朝火入れから一時間、火を見るのが仕事だ、とばかりに暖炉の前で暖炉を独り占めしました。

心の中でようやと、"引き渡し"しましたね(笑)

コメント
周囲にはガラスが入っているんですね。
僕なら ざ甦鵑辰堂針腓蘯命燭鬚箸辰栃物にする です。
  • nnishi
  •  - 2013/12/03 4:05 PM
早くこっちの現場においで。
「三位一体」どころか、「一心同体少女隊!」って感じの仕事をしましょ。
  • だいくさいた
  •  - 2013/12/04 7:35 AM
nnishiさんありがとうございます!
火の力を信じている僕等としては、現代における火とのかかわりあいの弱さを感じてしまいました。
  • firepit
  •  - 2013/12/04 7:48 AM
だいくさいたさん
古いですね(笑)
現場は、仕事は、やっぱりそれですね。
  • firepit
  •  - 2013/12/04 7:50 AM
火を見ても楽しめない「冷めた人」が多い
今の時代、、なのかもしれませんね。
そんな人にこそ日の傍で暖まって
欲しいですよね。
  • bob
  •  - 2013/12/04 1:37 PM
すいません、日で無く火でした。(笑い)
「私の非」をお詫びします。(笑い)
  • bob
  •  - 2013/12/04 1:42 PM
暖炉が乗っている丸い台(とでも言うのでしょうか)。側面をくりぬいて薪が入れれる(置ける)部分を作ると、良いような気がします。
  • チュー
  •  - 2013/12/05 1:26 AM
正月に函館に行って偶然この暖炉の在処を見つけてしまいました。僕の他にも4名ほど薪の炎に見入っていました。隣で女児とその母が、火が燃えているね、本当の薪を燃やしているわと会話していました。本屋の中の異空間ぶりは見事でしたよ。あけましておめでとうございます。今年もよろしく。
  • nnishi
  •  - 2014/01/05 1:51 AM
nnishiさん
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします!
今度はぜひ寄ってくださいね!
  • firepit
  •  - 2014/01/05 11:04 AM
コメントする









スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.