<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 回旋木理 | main | 天使の分け前 >>

2013.06.15 Saturday

石炭→トタン→土管

石炭→トタン→土管

ステキすぎる。

これで、白ごはんかなりいけるわ。。。


俺がもしラッパーだったら、セキタントタンドカン、って韻踏む感じで一曲いけるな。。



やべー、暑くてみんなが薪ストーブのこと遠のくように、

俺もブログが遠のいてました(笑)

ごめんて。

昨日さ、ここに入ってみたわけよ。

函館に来た人だったら、俺に「煙突通り」って、案内したことあるかもだけど、

そこのメイン煙突がこれ。



したら中はさぁ、!!

あの懐かしい石炭ストーブだったよ。。。



これ見て懐かしいのは道産子だけなのかもだけど、、、

染物屋さんなので、染物を乾かすのに、夏でも焚くんだって。暖かかったよ、まだ。

口数少ないねじり鉢巻きの頑固職人かと思いきや、

全くその逆のストーブ好きの方でした(笑)、突然の訪問にも関わらす、ありがいお話を聞けました。


この石炭ストーブは俺なんかが小さいころは当たりまえのここんちきだったんだけどさ、

学校も全部これさ。

よくカンカンに暖まったストーブに

靴の裏なぜかつけるんだよね。

溶けるよね。

やっぱり溶けるか。

そしてやっぱり臭いか。

なんの確認なんだろうね(笑)

あー共感できるの道産子だけ(笑)

この染物屋さん曰く、、この石炭ストーブは、

「売ってる、売ってる、まだ売ってる」、

らしいよ。

5万くらいだって(笑)

ホントかなぁ(笑)

コメント
コメントする









スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.