<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木材の素晴しさ | main | こんなんがうまい。 >>

2011.03.05 Saturday

こんなんが悪い。

ブログの文章で火を焚くなんていうことのニュアンスを伝えることは難しい。

ま、あんまりそういうつもりがなかったというか、他でいっぱいあるしテクニカルなブログじゃないもんね、うち(笑)

触媒詰りフォーラムでいろいろそのあたりのことを考えたんだけど

悪い状況を写真で写すのもそれなりに難しいので絵にした(笑)


ミスプリントのコピー用紙の裏だけどね(ちょっと裏の線透けてる/笑)



北海道だけなのかな。

北海道は大き過ぎるストーブ選んでしまってる人が多いので(部屋の中が暑すぎて)

こういう焚き方してしまってる感じ、よく見る。

燃えるかもしれないけどこれは非常に悪い。

触媒に煙りを通して何もおきてないのがこの状態だね。

外は木酢のすっぱいニオイだ。

いくら触媒だってこんなんお役に立てないわ。

たまに触媒は炭になって燃え残る、って話す人もいますけど、、必要な熾きあれば、全く燃え残らなくて普通なんで。

慢性的に炭になって残ってる方は、灰受け開けて、扉の裏見てみて。

テカッとしてない?

それタールなんだけど、煙突にも同じくつくので、炭になって残さないように心がけてね。


コメント
コメントする









スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.