<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もったいぶりました。 | main | こんなんが悪い。 >>

2011.03.04 Friday

木材の素晴しさ

触媒の話じゃなくてごめんなさい(笑)


戻るか…触媒祭りから普通の話に…


引き続き触媒の情報あったらくださいね



薪やってると、薪→木→山、みたいなことで本当にそのあたりのことは何でも興味深い。

先日修理に行った際に、隣の家の外装。



今では珍しい下見板貼りの杉材。

何十年たったのかわからないけど、シルバーアウトして、素晴しい佇まいだ。



夏目がやせてうずくりになってる。

時間だけができる風合い。素晴しいね。


一方、サイディングはこうはいかない。

10年もしたらボロボロで塗装が必要になる。

足場が必要になり

コーキングだって打ち替えが必要になり

寒冷地では水分浸透による暴発(染込んだ水分が凍結による体積増で表面がはがれる現象)だってよくおこす。

廃棄物として捨てるのだって凄い金かかる。


杉板に変わって出てきたはずなのに

杉板をひとつも越せてない。

写真の外装は恐らく、40年くらいはノーメンテだ。


都市部での使用が制限されているはずだけど

制限した人は薪ストーブではないんだろうと思う。

松で外装貼ったら危険だけど(すぐ燃えてまる)

杉に火付けるのなんざ大変なのはストーバーだったらわかると思うな。


コメント
コメントする









スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.