<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 触媒詰りフォーラム3 | main | その"仮説"。(触媒詰りフォーラム5) >>

2011.02.28 Monday

触媒詰りフォーラム4 〜煤と灰〜

煤って何よ?

煤が焼けたら灰か?(笑)


うーーん。

触媒を通り抜ける、煙りの微粒子…、。

ストーブの窓越しの炎の中で、微粒子が燃えるのみたことない?

なんていうか、触媒のしたのバッフルに飲みこまれる炎の中あたりで。

わかんないかなー

今から絵かくよ



わかんねーなー(笑)

まぁ、"それ"が触媒を通過して灰になって溜まってると思うんだけど、ウチの225もね。



これって、焚付けの時とか、によく出る。しとーって燃えてる時って出ないと思う。

第一、コンベクションヒーターはゆーーっくり燃えるストーブ。

安定燃焼時は、コンバスターを通過する気流のスピードもそんなに速くは無いはず。灰をまきあげるのは考えにくい。

ということは

なんか

ちょっとわかってきた気がするな。

ボクの今思ってる仮説が正しかったら、、ボクが焚いたらステンでも全く詰らないはず。



その仮説はもう少し待って(笑)

コメント
こんばんわ

うちのストーブは触媒ではないし、ちょっと変わったストーブなので・・・と前置きをしておいて

”それ”が発生する時ってのは、大石さんが言うとおり焚き付け時か、後はドアを開けたときに多いですよね?

やはり安定燃焼時は”それ”は発生しないし、空気流入量も少ないから排煙速度も速くはない。(とろ〜って燃えてるもんね)

焚き付け時やドアを開けた時ってのは、空気をかなり吸い込むので、排煙速度は当然速くなるし、燃焼状態も乱れますよね?
その際に”それ”が発生して、例の状態になるのでは?と想像しています。

ちなみにうちの場合は室内がかなり負圧状態なので、ドアを開けた途端に煙が室内に漏れてきて、灰が舞い上がる状態。そのために一旦窓を開けて気圧差がない状態にしてドアを開けるようにしています。

その時も”それ”は発生します。

それと、感覚的に広葉樹よりも針葉樹、針葉樹よりも建材の方が”それ”が多く発生するような気がしています。

んんっ?・・・でも、何で大石さんのは灰が詰まってないんだぁ??
  • いとう
  •  - 2011/03/01 10:50 PM
いとう 様

そうなんですよ
いいとこに気がついてくれてます。
安定燃焼しているときは、出てないんですよ
それがポイントだと思っています。

  • firepit
  •  - 2011/03/02 9:28 AM
コメントする









スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.