<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アメリカまで通じる(フォーラム続行中です) | main | 触媒詰りフォーラム4 〜煤と灰〜 >>

2011.02.27 Sunday

触媒詰りフォーラム3

さて今日は新潟にお住まいのHさんからお便り、いただきました。(ラジオDJ風)

こんにちはファイヤピットさん

はいこんにちわー

いつも楽しくよんでいます。

はいありがとうございます!

詰ったコンバスターま写真があったので送りますー。

はいそういうことでございましてですね、写真のほうなんですけれども

エアディストリビューター側


リフラクトリー側



↑の固まりは、プローブ温度計の焼け落ちたものだそうです。

リフラクトリーを外した写真はこれ↓



これだけ触媒を通過してる、ってことだもんね。灰が。

いい色だけどね

Hさんのお便りによると

1. 薪の投入タイミングが遅れてしまい、熾き火が少なく燃焼室内の温度が低下した状態で薪を投入。
2. 薪に完全に火が回る前にダンパーを閉じる
3. 部屋が寒いので、1次エアー全開
4. 貯めすぎの灰が舞い上がりコンバスターへ


と"あくまで素人の予想"と前置きした上で原因を分析していただきました。

1と2は、M氏のつぶやきでも活躍していただいてるみなみのさんも言ってる仮説ですね。

煙突詰りと同じ理屈だという…。

でもボクは

Hさんの触媒はそれと違う気がするんですよね…


そのあたりまたみなさんの意見 見解お願いします!!

Hさんありがとうございました!!

それではまた明日!


コメント
M氏です。
写真をみると、Hさんは煤ではなく、灰が付着して詰ってますよね。なので1.2.は、直接的な原因ではないような気がします。もしかしたら、煤が着いて空気の通りが悪くなり詰まるというパターンもあるのかもしれませんが…。
Hさんの触媒の付着物が灰であることに異論がない場合、何故、二次燃焼室にまで入り込んでしまうほどの量が吸い込まれるのかに焦点が移ります。

ダッチは二次燃焼室は上にあるから、
薪を高く積み過ぎとか…。

大石さんの写真とずいぶん違うもんねぇ。
  • みなみの
  •  - 2011/02/27 11:18 PM
M氏 様

ボクもだから"(灰が)イイ色だ"って言ってたんですよ
リフラクトリーを外して触媒とこんにちわすると、灰がごっそり、っていうのはメンテで何回も経験があって、細かい灰はある程度は触媒を通過するんだな、っていう認識です。
ボクのはキレイでしたけど(笑)

薪を高く積むのは、あんまり関係ないと思っていて、ウチ焚付けの時はそれを推奨してるくらいだから(笑)

ダンパー閉めて排気のスピードががらっと変わった時に、灰が持っていかれるようなイメージってちょっとある気がしますね。
ボクのはキレイでしたれど(笑)



  • firepit
  •  - 2011/02/28 9:04 AM
盛り上げってますね。
アメリカまで届け!触媒フォーラム!(笑

私もきれいな灰だと思います
ノースモーカー並みの肺ですね(笑

焚きつけの時、結構火力が上がるまで灰受けドア開けて焚いたとか、、、
1次燃焼エアーだけでは灰はそれ程舞い上がらないような、、、

うーん奥が深い、勉強になります。
  • kinokoubou
  •  - 2011/02/28 3:56 PM
kinokoubou 様

お久しぶりです。
もう少し腰の調子がよくなったら、白樺伐ってきますので(笑)






  • firepit
  •  - 2011/02/28 9:38 PM
コメントする









スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.