<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 熾きの作り方ですか? | main | 触媒詰りフォーラム2 >>

2011.02.22 Tuesday

触媒詰まりフォーラム (コメント開放!!)

触媒が詰ってしまう、という現象についてインターネットで語られているのは、殆どバーモントキャスティングス。

色々あるんだけど、原因のひとつは、ダッチウエストユーザーはブログを書いてる人が少ないっていうのがあるだろう(笑)

まぁさておき、この間の "詰ったコンバスター"という記事に多少の反応がありました。



で、ダッチ系の触媒機使用の方でコンバスターが詰った方に

勇気を出してコメント書いて色々教えて欲しいです。どうだとかこうだとか。意見、見解も大歓迎!!

ステン触媒か、セラミックか、も書いてね。

全然詰ってないよ、系も歓迎です。

イイ話はダッチウエストジャパンさんに、アメリカに話を持っていってもらうので。

初めてのコメント開放ですけど、どしどし書きこんでください。


ちなみに、ウチの店のFA225は、詰ってねーなーー

セラミック触媒で2シーズン目。

焚付けは焚付け材(100コで2000円とかの)を使用、ほぼ針葉樹/廃材。

ステンに変えてみっかな…。


コメントは下の帯の、"comments()"をクリックしてね(言わなくてもわかるか/笑)


コメント
うちの225はステンだけど、ツーバイメインで焚いてるせいか三分の一くらい詰まっててダンパー閉じると引きが悪かったです。ステンの方が詰まりやすいんですかね
  • おさむ
  •  - 2011/02/23 12:10 AM
詰まっているものは触媒の表面(下)ですか?それともハニカムの中で詰まってましたか?
  • firepit
  •  - 2011/02/23 12:45 AM
イントレ鵺。3シーズン目です。毎年2月ごろには分解掃除しないと完全に詰まります。灰の掃除頻度や、焚き付けの方法、薪の樹種にかかわらず、どう頑張っても詰まるものは詰まるという印象です。なのでどうせならステンレス製でもいいかなとも思ってます。
  • みなみの
  •  - 2011/02/23 9:19 PM
バーモントユーザーもまぜてね。
  • みなみの
  •  - 2011/02/23 9:21 PM
265のセラミック3シーズン目です。
昨年の今頃詰まりました。
春も近づき、雪より雨って日が多くなってくると、薪が湿って詰まってしまったようです。
今シーズンはまだ全然。
  •  - 2011/02/23 9:54 PM
詰まっているものは前回の写真のような茶色もので、触媒の下でした2ミリくらい刺さってました。ブラシで優しくとりました触媒の外側が若干歪みがきてました。まだ4ヶ月くらいなんですが、やっぱり針葉樹メインってやばいすか。内部変形怖いですぅ。250度なるべく守ってるんですけど

  • おさむ
  •  - 2011/02/23 9:57 PM
ステンレス触媒は、インナートップ側でなく、リフラクトリー側、要は上が開く形でゆがむことが多いとダッチの方が言ってました。
針葉樹は燃焼ガスの気化が盛んです。
二次燃焼用の空気調整をちょっと開け気味にして(4回転とか)ちょうどよい温度に触媒を保つのも手だと思います。



  • firepit
  •  - 2011/02/23 10:44 PM
みなみの様

アンコール三兄弟は私も詰るものは詰る、という印象です。頻度は違えど。まぁ上から下の排気の向きなので、仕方ない気がするのですが、ダッチは逆ですからねー

仕方ない感じがしないのです
諦めきれないというか(笑)。
  • firepit
  •  - 2011/02/23 10:54 PM
湿った薪を焚くと触媒が詰るのは暖まってない触媒で、結露になってタール?になるんですかね?
それは経験が無いので正直わかりません。
今度実験してみようかな…
  • firepit
  •  - 2011/02/23 10:57 PM
湿気た薪やヤニが乾燥しきっていない針葉樹を焚くとかなりの短期間でも詰まりますね。ステンになって目が細かくなって反応速度が上がるのは良いんですが、薪を選ぶようになったのは困ったチャンですね。
  • メタボ店長
  •  - 2011/02/24 9:47 AM
コメントをみているとダッチとバーモントでは、詰まるメカニズムが異なるみたいですね。バーモントは、単に灰がコンバスターの上に積もることで詰まります。一方、ダッチは煙突に煤が付着するのと同じことがコンバスターで起きているのではないですか?すなわち、低温でダンパーを閉めたり、湿った薪を使うことで詰まる。なら、高温でがっつり燃焼させれば、燃えきったりして。みなさま、この仮説どうおもいますか?
  • みなみの
  •  - 2011/02/24 9:50 AM
焚きつけの時、確かにダンパーを閉じるの早かったですね。灰受けから空気をいれつつ、熾きを作って天板トップ100度位で閉じてました。それでも30分かからないで焚き上がってました。少しせっかちでしたね反省。
  • おさむ
  •  - 2011/02/24 8:42 PM
はじめまして。いつも楽しく拝見しています。新潟にてFA265を10月の頭から焚き始め、11月〜4月までは24時間焚いています。セラミックの触媒で1シーズン2〜3回目詰まりの為掃除します。インナートップ側(下側)に白い灰が固着するように詰まります。薪は焚き付け以外2年乾燥させた広葉樹です。先日3年目のコンバスターが崩壊しましたので、ステンレス製に交換しました。現在違いを検証中です。煙突の引きが強いことと、昼間の家内の焚き方に原因があるように思っています。
  • h_d_o
  •  - 2011/02/24 9:28 PM
h_d_o 様 
はじめまして!
白い灰ですか…。白い灰が詰る場合だとステンレスの場合もっと早く詰るかもしれないですね。なくとなくですけど(笑)

わかったらまた情報お願いします。

  • firepit
  •  - 2011/02/25 9:06 AM
メタボ店長 さま
やはり、コンバスターを通過するときに煙突詰りと同じ現象が起きてしまう、ということなんですかね。

生の針葉樹…焚いてみる実験するかな(笑)

  • firepit
  •  - 2011/02/25 9:09 AM
コメントする









スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.