<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ペレットストーブ普及から見える日本人の不器用さ | main | セントラルヒーティングとの真面目な比較6 (寒冷地限定) >>

2011.01.31 Monday

小割がエライ

大きい薪が自慢な風潮、何故かあるよね。


こんな大きくてもカラカラに乾いてる3年モノがいっぱい持っててみたいな薪長者自慢で

こんな大きな薪が入る、でかい薪ストーブがついてる俺んちはウチもデカイ自慢で

こういうのがとろーーっとみたいなとろーっと自慢ときて

最後には煙突も詰らな無いんだ、自慢ときた


もうやめませんか(笑)


薪ストーブ焚いてて、不幸に焚いてる(オーバーな言い方すいません 笑)人のほとんどが、薪が小さかったら、全て解決でシアワセになれる人がいっぱーーーい居る。



小割だと温度も上げれて

大割を燃やすだけの莫大な熾きも必要とせず

部屋の温度調節もラクで

小割は割ってから乾くのも早い。

いいことずくめ。


小割の棚を見たら

すげー

って言いましょう(笑)

勤勉さの証、上手な証だ。


大割はちょっとあったらいい。



スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.