<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< これが木酢液です | main | 木々の足元は木々 >>

2010.12.27 Monday

はじめちょろちょろなかぱっぱ

まずこの写真を見てよ





まあ薪ストーブだわな。こんだけ古くても道産子にはおなじみの感じだ。これがちょっとヨコ長になったやつが今でも売ってるし。。。

丸いのかわいいね。作るのラクだったんだろうね

で、蓋を取って直火でお釜が入ってる。

いやいや、メシ炊くんだろうけどさ


この写真から湧き上がるめくるめく妄想はさ、ソムリエ心にとてもワクワクしちゃわない?


このストーブで飯炊きをしていた昭和30年代の女子薪ソムリエ達

そのテクニックとたるや、すごかったと思うよ(笑)


今日はエントがそろそろ詰り気味やし…何で焚き付け湿ってんねん…ナラの大きいの入らへんし割らなないしおとうちゃんまだ帰らへんしパーティ行かなあかんねん…



楽しくないぜーー(笑)

その日のコンデションで、毎日ご飯を上手に炊き上げる女子ソムリエ達はとても逞しい。

俺の焚き付けなんか笑われてしまうことだろう。

当時、ご飯を上手に炊けるってことは、まさにいい女の"スキル"のひとつと言っていいものだったんだろう。

今は薪ソムリエと飯ソムリエが合体して、IH炊飯ジャーとなってる(笑)すごくない?


新商品、閃いた!IH炊飯ジャー"薪ソムリエ"

薪で炊きあげたご飯の旨みをIHが完全再現!

電気屋さんにあったら、俺ならそそる(笑)


スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.