<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 樹皮は下 | main | シナノキ >>

2009.05.08 Friday

タラノキ

道南はタランボ(タラノメ)がちょうど良い時期です。
タラノキって間抜けで、目立つとこにしかありません。
山に道路つけたりすると一番最初に生えるのがタラノキです。
自分に葉っぱがかぶさるとこでは育っていけないのです。
よって
タラは目立ちます。
だから採られちゃって無くなっちゃうのです。



私も大好きです↑

タラノキっての薪っていうのもレアかもしれませんね(笑)
 
山って面白いです。
新芽の芽吹く時期も樹木によって様々・・・
今ピンクのぼやっとした塊に見えるのはヤマザクラ
白い花を付けてるモクレン↓
どちらとも薪にイイです。



薪が好きなとこから山の樹木が気になるようになってしまいました(笑)
20代の頃は ただ山は山だろう って思ってました
今は 山ってすげ ーって
思います
誰も耕さず、肥料もやるわけでもないのに
アイヌネギやウドなど、山菜に代表されるように山は完璧なものを育ててくれますよね
一本一本の木々だって
ただ生えている木、っていうより
佇んでいる凄さみたいなものを感じてしまいます。
私が生まれる前から
朽ちることなく凍えることなく佇んでいる。
そのパワーで私達をあったかくしてもらって。
いつもここで書く"手に入るものを上手に焚きこなす"、という思いはそういうところから来ています。
でも
山と仲良くしたいなあと思っている割には
このあいだブヨに噛まれてボッコリです(笑)



スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.