<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セントラルヒーティングとの真面目な比較5 | main | 朴の木の葉っぱ >>

2010.08.31 Tuesday

ニレの成熟度合い

今年は異常な湿気で薪の乾燥も、進んだとか進まないとか、腐ったとかカビが生えたとか、色々なことを聞く。

で薪セラーのニレを引っ張りだしてきた。


半分に割って、含水率の測定だ



触ると、湿ってる、というのはわかるんだけど何よりかにより、"なま温かい"

含まれている水分が、30度くらいになっている感じ。

なんか蒸発したいんだけど、空気中の湿度で押し戻されているような…、感じ。



やはりまだ30パーセント近く。

さほど乾燥は進んでないね。

湿度と温度、、、、

どちらが重要な要素なんだろうね。


ところで
ワインを樽につめて熟成に入ると、だんだん自然に減る。

その減った分を "天使の分け前" という。

ガイジンさんだってステキなこと言えるじゃん、と思ったものだ(笑)

ここで、薪ソムリエ的には薪が乾燥したことによって失われる水分を…

しゃれたこと言ってみたかったが思いつかなかった(笑)



スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.