<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 集合煙突というもの | main | ブナ >>

2010.08.15 Sunday

暖房後進国 ニッポン の 先進地域 北海道

日本の首都は東京。

われら道産子からすると、エアコンで暖房できる地域。ちなみに我等道産子は、エアコンが暖房器具だと思っていません、全く大袈裟ではなく、本当の話です。

もし、東京が札幌の寒さだったら、ニッポンは世界一の暖房先進国になっていたかもしれない。

首都がなまじっかな暖かいため、

そして世界一の工業国たるおごりか、そんなこと日本人はほとんど知らないけど、日本の"暖房"はあらゆる意味で世界にとっても遅れている。

ヒートポンプだけは、リードしているけど…、空気熱ヒートポンプでの暖房は
 〆のとこコストがかかりすぎ
 ∈のとこ極寒冷地での熱効率の悪さ
 E典ぅ┘優襯ー自体、それほどエコではない
などなど

日本ほどは世界で広まってはいかないだろうと、個人的に思う。


北海道はちゃんと寒いので暖房が必須になるわけなんだけど

セントラルヒーティングに使われてる例えばパイプや継手、ポンプやボイラーやヒーターは、かなりな割合で、北欧やドイツあたり?のものを輸入して使っている。

工業国ニッポンにそれらのモノでイイモノが無いのだ。

驚かない??

北海道の端にいるからわかんないが

そんなきっちり暖房が必要なのは、日本のちょっと、北海道や東北、日本海側、上の方だけなんだろうと。

それだもん薪ストーブも海外に比べたら普及してないわ

暖かい地域の人達がインテリア感覚で焚いてるのが、主流になってしまえば

実用力ダントツ1の薪ストーブが北海道でスタンダードになりにくいのもわかる。

だってみんな『薪ストーブ一台で暖まるの??』って聞くーーー(笑)



この答えは薪ストーブで過ごしている人だけが知っている、"特権"みたくなっている。



スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.