<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あなたの目標 | main | 日本薪ストーブ界イケメンランキング >>

2018.03.19 Monday

パーツの高温酸化

春って急にくる。

 

あれだけ毎日少しづつ積み上げた雪を、、努力の後も残さず雪の辛さも忘れさせるかのように太陽と雨はあっという間に溶かす。

 

大騒ぎしたのがウソみたいだ。

 

 

でさ、錆びてる炉内って見たことない?

 

あ、ユーザーさんは無いか。

 

ディーラーさんはあるね。

 

こういうやつ。

 

 

灰受けあけて煽って焚くからこういうことになるんだけどさ。

 

空気入れて焚けば鉄も溶けるって覚えておいて。

 

塩ついた薪焚いてこうなるって信じてる人もいるね 笑

 

鉄が溶ける温度に近づくと酸素と鉄がくっつきたがって錆になるわけよ。

 

溶接部も高温になるから酸化しないようにシールドガスってのがあるでしょ。

 

この温度まで上げても壊れないってのが蓄熱するヒーターさ。メイソンリヒーターとかスカンジナビアンペチカ、色々。

 

鉄のストーブは灰受け開けて下から空気入れたらダメなの。このストーブは曲がってパーツが取れないから現場で全バラシ。シンプルにできてるストーブってこういう時えらいなって思う。

 

 

今日は(笑) が無いけど元気です 笑

 

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.