<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< キラキラしたゴアテックスもどき | main | 高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備におけるたった一つの本当、全公開予告。 >>

2018.03.01 Thursday

蓄熱特集 薪ストーブライフ32発売

薪ストーブライフ誌32号にマモル特集があります。

 

今回は蓄熱のことについて4ページ書かせてもらいました。

 

っていうか、毎号書きてえ 笑

 

書くって作業って、纏めて、終わって、次に行くって行ける気持ちになるので好きなんだよな。

 

 

↑この写真はグッドリッチ富田くんがたまたま撮ってくれたやつ。みんななんでこれなの!?って言ってたけど 笑

 

「印象ではなく、数値化して説明するのをモットーとしている」

 

な訳ないよね 笑

 

算数が好きなだけ。まあ、このブログを読んでくれてる人は知ってるよね。最後は気持ち。どう感じるか、がモットーだよね。

 

まあ気にしない、誤解されるのは慣れている。

 

4000文字のこの蓄熱に関する記事は、詳しくは1700円で買って読んで欲しいけど、俺が言いたかった事を何コかあげると

 

.優奪筏事はウソばかり 笑

 

∀台の蓄熱は勘違い

 

43℃の風呂と200℃の鋳物ストーブの蓄熱量はなんと同じ!

 

っ瀁は一トンとか重量が重くないとあんまり意味は無い。

 

ツ稈瀁高温輻射熱、、高蓄熱低温輻射熱 という新しい言葉

 

Π貳崑膸なとこは、人間は60パーセントが最も比熱が高い(もっとも温めづらい)水でできているから、、、、。

 

って感じ。

 

超面白そう。

 

 

 

蓄熱のヒーターに関しては東京以北は工事に行くのでどんどん相談だけでもいいからしてみてね。

 

 

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.