<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ツアコン | main | この道をいけばー >>

2018.01.26 Friday

薪ストーブ修学旅行 at スモールタウンホステル

薪ストーブ修学旅行が無事終わった。

 

なかなか濃密な時間だった。

 

薪ストーブ屋同士ってただ話してても面白いけど、そういう意味の濃密って印象ではなくて。

 

一つ一つ進む時間が、濃く重たく、大事で、何か未来へと繋がっていくワクワクに溢れてる。

 

大げさに言うとそんな感じかな。

 

 

あと、現場じゃなくて倉庫でレンガ積む練習やもろもろの基礎になる練習をしたんだけど、楽しかった。現場職人として29年目、残り20年現場で動きたいことを考えれば、折り返しはとっくに過ぎている。ためてきたものをどんどん吐き出すの歳になった、って初めて強く自覚した。

 

もっと出来る分野があるって感じたよ。

 

自分に得は全く無いけど、誰も選ばず、何も残さず全部出すの。

 

そうしないと、俺が覚えてきた事や考えてきた事を誰も知らずにそのうち俺はいなくなる、って思った、歳とるとそういう役割になるんだ、って理解した日だった。

 

ノウハウやテクニックはしまいたい人が多いけど、俺が覚えてきた時間や考えてきた時間をあげるのは、少しも勿体なくない。

 

そしてまだまだ俺も前に進もう。

 

 

 

そして宿場は、去年秋に1.7tの蓄熱型のヒーター(スカンジナビアンペチカ)を設置したスモールタウンホステル。

 

極上の低温輻射があふれる室内の心地よさが何たるかを経験できる二日間、-14℃の朝と荒天の夜でもヒーターはその役目を十分に果たした。

 

 

そのスモールタウンホステルの良さは俺がアンケートに書いた言葉に要約されているか、まだ足りないかくらいだ。

 

 

スモールタウンホステルには、「愛とストーブと函館のイイところが詰まっている」

 

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.