<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ドカ雪 | main | 文春を買うな、薪を焚け。 >>

2018.01.15 Monday

(めんどくさいけど)ノーヘルのストーブ屋がなぜ素人か説明します。

俺も10年前は既に工事屋として独立してたのにそんなこともあったかもしれん。周りに誰も被ってないからいいか、とかね。何の意味があるんだ? とかね 笑

 

今は恥ずかしいよね。

 

 

日本はサムライの国だからこういう事言っちゃかっこ悪いのは重々承知してる。

 

今まで態度と文章で示してきたつもり笑

 

だが今日だけアメリカだ、理由をはっきり書こう。

 

 

薪ストーブ屋でヘルメットをでかぶらないで屋根上なんかで作業している写真なんか、よくそんな写真みるけど、

 

よく恥ずかしげもなくUPするよね。

 

誤解を恐れずに書くと、薪ストーブ屋の現場の仕事って素人さん達が想像するように"簡単"なの。例えば、配管に比べて覚えなきゃいけない部材の数も圧倒的に少ないし、例えばボイラーを設置する時の思慮の数と薪ストーブの時ではその数が圧倒的にボイラーの方が多い。両方するのでよく例えるけど、例えば銅管の温水配管と煙突では、温水配管のほうが難しい。

 

だからついこないだまで素人だった人が薪ストーブ屋になれるわけ。他にはなれなくても薪ストーブ屋にはなれるよね。

 

だからこそ沢山勉強しなきゃいけないし、他の業種の職人さんと比べて恥ずかしくないようにならなきゃいけない。そこに色々な深い思慮や独特の難しさが生まれてくる。

 

ヘルメットかぶらない人はただでさえ少ない思慮が、

 

例えば一般のお客様に対してどう見えてるか? とかそういうとこまでもさえ いかないのさ。

 

ヘルメットと同じく作業の局面局面、まっいいか、でできている。

 

残念 笑

 

そういうヤツはマジで素人とたいしてかわらない。

 

俺だったら仕事は頼まない。

 

 

現場に一日しか入らない薪ストーブ屋が来てノーヘルは現場の素人が来たと他業種の職人は思っている。いちいちめんどくさいから言わないが。

 

現場と関係ない一般の人も、プロの意識や身なりは感じている。いちいちめんどくさいから言わないが。

 

 

繰り返すけど日本はサムライの国だから言わないのさ 笑

 

 

まあヘルメットに対する俺の一考。

 

現場じゃいつ何時誰の挑戦でもうける 笑

 

かぶってりゃ安全かとかそういう理屈じゃない。日本の現場作業のルールはそうできている。誰かがその作業を見ていて、1mmでも隙を作らない事のたった一歩は難しくない。

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.