<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 日の当たりすぎる、ストーブ屋 | main | クワヘヒルから161年 >>

2017.10.02 Monday

キャロルキング

最近見た"動く映像"の中でドキッとしたのは、何と言ってもキャロルキング。

 

ロンドンはハイドパークで65000人を前に行われたライブ。キャロルキング、御年74歳。

 

名盤、「つづれおり」(1971年2月発売) は、47歳の俺と同級生、つまり発売されてから47年目だ。

 

歌い継がれるマスターピース。

 

伝説の場所。

 

年代を超えて若い人達が口ずさみ、ライブ会場に脚を運ぶ。

 

何が言いたいかって? 

 

 

うらやましい。

 

 

日本に50年君臨する70台のおばあちゃんが65000人集めるライブは実現できないだろう。美空ひばりでも40年。20年後の吉田美和が初めてそれを実現してくれたりしたらいいね。

 

そういうのが歴史であり文化なんだろうな。

 

使い捨てない。

 

イイものがイイものとして普遍的な価値が認知される。

 

薪ストーブもそうありたいな。

 

歴史を積み重ね、人から人に伝えられ、その価値は誰でも知っている。

 

そう、キャロルキングのようにね。

 

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.