<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 憂鬱な再着火に気をつけろ | main | 富山と北海道の関係 >>

2017.01.28 Saturday

最初と最後はカラマツ

昨日ウチの薪を作っていただいている一人の厚沢部の蛯名さんと話していて、蛯名さんの何気ない一言がとてもイイ。

 

もちろん蛯名さんもずっと薪ストーブで暮らしているわけだけど、

 

スタートと終りはカラマツなんだって。

 

いいねえ。

 

解説したくないくらいいいね(笑)

 

蛯名さんはみにくいアヒルの子を焚いているんだけど、俺もあれで暮らしたことあるけど、凄い熾火の残るストーブなんだよね。

 

でも炉内が小さいのでイイ薪焚いているとドンドン灰が溜まっちゃう。

 

で、最後にカラマツ入れるの。針葉樹って熾火にならないからね。

 

それで朝、ゆうゆうと灰を掃除して、

 

スタートもカラマツ。

 

楢でスタートなんかしない。

 

こういうのがさ、工夫だったり、風情だったりするんだよね。

 

だからずーーっと言ってるけど、楢ばっかり、みたいなの大嫌い。そんな山ねえし。同じお金で1カロリーでも高く、って考えがなんていうかセコくて。薪ストーブに向いてないと思う(笑)

 

自分でや山から木伐って薪作る人だったらやってイイと思うけどね。

 

もし全ての顔が揃ったモン焚きたいんだったら、それは究極的には灯油って事じゃね? って思うよ。

 

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.