<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 農と薪 | main | ガラスはデカきゃイイってもんじゃない。 >>

2016.12.12 Monday

薪ストーブ、乾燥するね、じゃヤカン乗せとけばいいね、の算数

焚いとる、いやタイトルのような会話って導入前の店でよくあるんだけど、簡易的に計算できるんス。

 

で、いちいち計算しないので、店で言う答えは「ヤカン乗せてもけっこう間に合わないよ、40パーとか50パー確保したかったら加湿器もやっぱり必要、乾燥してるとタオルケットとか数時間で乾くけど、、あまりに乾燥していると身体かゆくなってきてね、、」なんだけど(笑)、

 

もやっとするだろ(笑)

 

まあでもこの公式は住宅の気密は関係のない計算をしているので北海道向きではあると思う。

 

加湿ドットネットっていうとこに詳しく書いてる。

 

<<例題>>

40坪、天井高さ2.4m、換気量160m3/h の札幌の家。

札幌市の1月の平均温度と湿度 マイナス3.6℃ 相対湿度70パーセント (こういう資料はアメダスに出ています)

札幌市で薪ストーブを焚いている家の室温 26℃ の室内を50パーセントに保つ為にはどれだけ加湿したらイイでしょうか。

(ちなみにこの条件の外気を26℃まで温めると相対湿度は10パーセントになる。北海道では湿度10パーセント台の家は本当に存在する)
 

加湿ドットネットより

 

必要加湿量 = 160×1.2×(0.011 - 0.002) = 1.728kg/h

 

となる。

 

絶対湿度は湿り空気線図からだいたいで読む。簡易的に水蒸気量で計算しても大差でないと思う。(水蒸気量でググると計算ソフト出てくるよ)

 

 

 

 

ふむふむ、1.78ℓか、一時間に。。。

 

と価格ドットコムで加湿器を探す。

 

いちまん円くらいのがいいなー、象印にあった!

象印だけあってポットみたいやん!!

 

スペックの「加湿量」を見ると、、350ml/h となる。

 

1.78 ÷ 0.35 = 5 台!!

 

5台必要でこった(笑) しかも消費電力を見ると985W × 5 台で4925W(笑)

 

何かの間違いみたいだね(笑)

 

時代はダイソンじゃね?

 

 

5万くらい。さすがかっこいいね。スペックは300ml/h。6台じゃん! しかも超音波式は全部が湿度になるわけじゃないからね(加湿効率ってのがある)。

 

ストーブの上で一時間に1.78リットル蒸発させ続ける、、、一日で42ℓ(笑)。無理だろ。加湿のために生きている気分になっちまう。

 

まあ、住んでいる人間が出す水蒸気も多いし、洗濯もある。

 

植物もいいし、きんぎょ鉢も蒸発する。800ml/hくらいの能力のものもある。

 

10年くらい前、家建てた時こういう計算はもちろんしてて、一気に加湿器を4台買った(笑)

 

でもホント北海道では湿度をキープするのって大変(外が寒いし中はあったかいからね)。

 

こうやって乾いていく俺ら。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.