<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 逆光 | main | 同義としての愛情と作業 >>

2016.11.29 Tuesday

JKT120

今朝 マキタキテーさんの読んでて思ったんだけど、高気密の住宅での予想みたいのが書いてたんですけどね、、ぜひ横槍を入れなければいけない(笑)

 

北海道では、ストーブの出力と暖められる広さを表現する場合、

 

畳(じょう)は存在しない。

 

 

 

坪なわけだ。

 

しかも、古い家の既存宅の工事じゃない場合、"リビングだけ暖める"という考え方も存在しない(笑)

 

住宅が高性能になると、20畳のリビングを暖められるにちょうどよいストーブが存在しないのだ。

 

20畳のリビングが小さすぎると言うべきなのか、小さいストーブの出力が大きすぎると言うべきか、最低その倍の20坪くらいの話からのスタートになっちまうの。

 

 

 

今までATKZM 、公開してないMPDやあれこれがありつつ、新しい数字を発表したいと思います(笑)!

 

際にらしている数 = JKT

 

使い方はこんな感じ、、「北海道では、ディファだったらJKTは70だね」みたいな(笑)

 

俺の知ってるお客さんで併用暖房じゃなくて、薪ストーブだけで暮らしている人のJKTを公開しよう、北海道の現状が想像つくと思う。あくまでも限界の数字ではない。実際にあったかくくらしてますよ、っていう性能ではなく実績の数字だ。北海道では焚き続けないので(間欠運転)長野みたいに焚き続けるの前提だったらJTKはもっと引き上げれるんだと思う。因みに俺たちは20℃でなんて過ごさない。それは下手したら起きてくる時の温度だ(笑)

 

バーモント ディファイアント JKT 70

ハースストーン イキノックス JKT 120

ダッチウエスト FA225 JTK48

ハーストーンヘリテイジ JTK 50

モルソー 7110CB    JTK 40

ネスター H33   JTK36

コンツーラ C51  JTK40

スキャン1G (みにくいあひるのこ) JTK38

 

 

キリがないからやめるけど(笑)

 

120ってすごいでしょ(笑)

 

小さいストーブでも暖まるんだよね、ただ同じ空間を小さいストーブで温めたときと、大きいストーブで温めた時の違いはいつか書くよ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.