<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ランキングに | main | 100円という線 >>

2016.11.02 Wednesday

米と薪の価値

薪売ってる人ってすげえ。

 

いやウチも売ってるんだけど、板坂さんに委託販売で作ってもらってる。

 

これ、俺の私物?の薪なんだけど、試運転用に積んでたのね。

 

 

これっぽっちなのに辛くて辛くて(笑)!!

 

雨の当たらないとこで下がコンクリで3年。カラッカラ。ま、これはお金は発生してないんだけど、(逆に量が量なもんで、値段つけたら2000円とかなのかもだけど、それもまた痛すぎ 笑!!)

 

お金を払う、お金をいただいて売る、ただの商品かもしれないけど、そこにはお互いの敬う気持ちがないとこういうものって売れないし買わなくていいんだと思う。

 

農家さんがツナギ着てさ「これ、たった今とれた米だ」って家まで持ってきてくれたらどう思うかな?

 

それだけの想像力でイイと思うんだよね。

 

作ってる人は分かる。お金じゃないんだよね。

 

だからそれ売ってるってホント頭が下がる。

 

法律で薪ストーブ焚く人は薪づくりとか山の仕事を年間〇〇時間しなければいけない、とか、そうでなければ薪税を払う、とか、でいいかもしれないね。

 

薪はあまりにも普通に流通するのが理想かもしれないけど、それはそれでそうだとこんなことを思ってしまうジレンマ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.