<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 豊洲をポリッシュでごまかしてみた話(笑) | main | 一生モノの薪のシート >>

2016.09.20 Tuesday

佇まいの説得力

ある実験をしたいという前提で、そういうストーブが必要で、F500を自宅においた。

 

言わずもがな、定番ストーブ。数多く設置してきてるし、とても信頼してるストーブ。

 

まあこればっかりイイって言っちゃうのは停滞なのか、進化なのか、っていう危惧さえ預けるストーブ。だから俺はこればかりイイなんてことは言わない。

 

何言ってるかわかんないでしょ(笑)

 

まあでも置いて焚いてびっくり。

 

うそ!? 今さら!? 何がっ!!?? 

 

 

どうしたって その "佇まいの説得力"。

 

自然に出てきちゃった言葉だけど。

 

(しかしイイこと言うよね 笑)

 

定番ってこういうこと言うんだろうと思う。

 

もうこの手のデザインは新しいのはヨーロッパでは出てこないし(4レッグスはヨーロッパにはないからね)、アメリカの4レッグスはデザインって意味で普遍的な価値を獲得していけるようなものはもう出せないと思う。ようはもうこれが最後ってことだね。

 

あるのが普通、っていう"定番"って意味合いをイイ意味でこれほど感じさせてくれる※〇△…□§×∴◎…、、云々かんぬん、考えてしまった(笑) そういうパワーがあるってことだね。

 

いや、俺の言ってるのは容姿のことだけじゃなくって。

 

 

お値段以上、がニトリ。

 

F400とF500の価格差は7万。「価格差以上」、ってどうしても感じる(笑)

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.