<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 余ったレンガ | main | ヒルティの永久保証はクソだった >>

2016.08.01 Monday

炉内で鋳物がサビてたんですけど大丈夫なんすか?

今、上ノ国のIさんから質問があったので、書いておこ。

 

タイトルの鋳物のサビの件なんですが、炉内の鋳物が少しサビていたそう。

 

<<原因>>

 

夏だから(笑)

 

<<対処>>

 

何もしない(笑)

 

 

笑っているがマジです。

 

鋳物はサビても大丈夫なんです。

 

知らなかった?

 

熱によるサビ(熱による酸化)はダメよ。痛めてるからね。

 

空気中の水分でちょっと錆びが出るくらいは、全く問題ないです。

 

だって考えてみ。

 

道路のマンホール。裏面は絶え間なく濡れているけど錆びているけど、マンホールのすべてが朽ち果てて道路穴だらけになってなくない? (ゼロじゃないけどね)マンホールってそんなにびっくりするほどの厚さじゃないよ。薪ストーブってそんな湿潤状態にないでしょ(笑) 極端な話、絶え間なく水道水が流れている水道管もおびただしい量が鋳物だよ(錆びてるけど 笑)、しかも土の中に埋まってる。水処理の現場なんか行くと、汚水の中にずっと浸かってるポンプなんかバンバン鋳物が使われてる。排水の継手にも鋳物製があるね。

 

(↡汚水槽の鋳物のポンプ、汚水なので当然塩素イオン濃度もある)

 

濡れてて当たり前の現場にそんなに鋳物が使われている。削ってみたらわかるけど、地金まで分厚い酸化被膜があるから鋳物はサビが侵食していきずらいわけよ。

 

だから鋳物の表面なんてサビても大丈夫なんてもんじゃない。夏場のサビなんて全く気にすることないのよ。ただし、ボルト類と鋳物がグリースアップされてりゃ。本州の湿度は高いからどうなってるのかしらんけど。

 

鋳物なんてサビさせなさい(笑)

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.