<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会、千歳にて。 | main | そして旅に出ます2 >>

2016.05.23 Monday

千歳で勉強会の後、札幌で親睦会する事にしたからー。

6/29に千歳で開催する、「高気密住宅×薪ストーブ×住宅換気設備の勉強会」、の申込みもFAXの紙が詰まるくらい(ウソです 笑)の反響なんですが、いや、実際にFAX流れてくるとうれしいもんです。
 
反響に合わせ、親睦会を隣の大都市札幌でやりたいと思います。幹事も札幌のあの方に頼みました(笑)

千歳〜札幌はだいたい1時間くらいなんですが、お泊りの方は、札幌のススキノ、大通り付近にビジネスを予約してもらうと親睦会もスムーズだと思います。具体的な店なんかは、人数で決めたいと思っております。

でもどんどんホテルが埋まっていくので、予約はホント、早めにお願いします。



で、昨日のちょっと読み返して、ちょっとピンと来ないかな、と思ったので補足します。

この講習に何があるかというと、

「薪ストーブを焚くときは窓を開ける」 違う。

「薪ストーブの近くに給気口を設ける」 違う。

「レンジフードを回すとストーブが逆流する」 違う。

「自然給気だけではバランスが取れないので、ファンをつける」 全然違う(笑)

「薪ストーブは、気密のない性能の低い家で楽しむべきで、高性能住宅とはマッチしない」 全くもって全然違う。

「24時間換気を止めるとよい」 おいおい違う。止めないし。

「給気口をつけて、薪ストーブで排気でちょうどよい換気」 違う。



まーこれね、「薪ストーブ 給気」とかってググるとホントに出てきたやつ要約して書いていったのですが(読んでるだけで辛かった…)、こういうののすべての答えが6/29にあります。(ただ、⇑に書いたような知識がベースだと、3時間講習聞いていたら自動的にすべて理解できるほど簡単な内容ではありません。ものすごい集中してもらいます 笑)

ウチが外気導入に全く頼らないのも、外気導入が根本的解決には全くならないからです。

だって外気導入って 薪いれる時どうするの? 窓開けるの?


そんな曖昧でテキトーな事は、やらないし、言わないのです。

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.