<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三角、、いやキンドリンクラッカー | main | 敬う春 >>

2016.05.05 Thursday

台を疑ってみる

色々な人の薪割りを見ていて、「この人、薪割り台があと10センチ低かったらもっと割れるのになー」という方がけっこういる。

っていうか、なんでみんな決まったように30センチでやってるんだろうね(笑)

薪を流用してるからか。

俺はこのあたりけっこうシビアで、好きな高さってのにうるさい。ちなみに好きな高さは25センチくらいかな。

身長は178センチ。

ウソつきました、169だった(169あるように見えないらしいが 笑)

足は24.5(関係ないネ 笑)


女子なんてだいたい30センチは高いよ。

でもみんなこの高さは疑ってかかってない。

インパクトの時、一番斧や体の力を薪に伝えられる高さをもう一度考えてみるといいよ。

使ってる斧にもよるねー。重たいやつ、軽いやつ、長いやつ、短いやつ。

腰を落とす人、俺みたいに全く落とさない人、割り方にもよると思う。

台の写真は無いので、薪ステーションの写真にします。


「この斧ダメなんじゃねえの?」と斧を疑い、
「叩くとこダメなのかなー」と腕を疑い、
「この薪割れないんじゃないの?」と薪を疑うけど、台はなかなか疑われない。

台を色々してみるのもいいと思います。

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.