<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マムシの効力 | main | 三角、、いやキンドリンクラッカー >>

2016.04.26 Tuesday

火は差別なく

今時期はこういったヤツ焚くのがいい。

暑すぎないし、満足する明るさと、満足する輻射熱をくれる。

桜の時期のそういう焚き方する時は、ストーブの横の長さは割と無視して、真ん中にできるだけ高く積み上げてコロコロしたこんなヤツを焚く。



原木から作ってる人だけが持ってる、色々な形をしたドンコロ。

作ってる最中で捨てちゃうか取っておこうか、じゃどうやって取っておくか、なんて手間がかかるやつだけど。


忘れたころ目に入ってくる、こういうのいっぱいある。

こういうのが豊かなんだよね。

本来ゴミみたいなものが温かく明るい。

なんか写真が汚ならしいけど、キレイでも汚らしくても、火は差別なく同じだしね。


そんな差別ない火を見ながら、きれいとか汚いとか、人間の持ってる価値観がそのまま自然になってることって、すごい少ないかもしれないな、、なんて浅い妄想を巡らせるのもいいもんだよ。


そういうのが薪ストーブのいいところの一つだと思う、そういうとこ好き。

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.