<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 地震は起きると想像してみる。 | main | 火は差別なく >>

2016.04.25 Monday

マムシの効力

よく20代のころ、先輩の年配の職人が現場でヘビを目撃したりすると「マムシ食うと目に汗が入らねえんだよ」と役に立つのか立たないのかわからない情報をけっこうなドヤ顔で教えてくれた。
 
「この人マムシ捕って食ってまうんだ…!」という想像が未知の世界のワイルドに連れて行ってくれるようでワクワクしたもんだ。前も言ったけどそんな人近頃いない。ちょっと前の現場はそんなヤツばかりだった。

"目に汗が入らない"、の意味自体、当時は全然わからなかって、わからないまま「へえーんなのー?」とか言ってたけど、昨日薪ステーションの邪魔な野ばらとヤナギを伐ってたら汗がすごく目に入るわけ。



チェーンソーとか刈り払い機やってると細かい粉が舞うし、それが顔について、汗で流れて、目に入ると、けっこう痛え。汗かきなのに頭に巻くタオル忘れたしね。


そういや若いころ、こんなことなかった、記憶ない。

でもさ歳取るとなんで汗が目に入るんだろう。
形なのか、皮膚なのか。

いずれにしても、汗すら目に入らないようにできる"若い"ってすげえ。

すげえし、たかだか汗くらい目に入ったくらいで痛えと思う"老化"もすげえ 笑

きっと抵抗力も下がりメッパにもなりやすかったりするんだ。。


地味に暗い話をしたぜ!!

 

まあでもマムシは食わないと思う(笑)

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.