<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 愛はガラスに映る | main | 煙突と静電気(世界初?の動画付) >>

2016.01.28 Thursday

ダルマに触媒2

倉庫のダルマ触媒を焚いてて気が付いた。

前半は、触媒の効果は全くないが、後半に差し掛かると今までとちょっと違う。



もう殆どが熾きになりつつ、って時、ダルマストーブだけだと白っぽい煙が消えることは無いのね。

それは、触媒運転だとほとんど見えなくなる。

へーーー。

まあ、前回でも書いたように、一次燃焼、、つまり触媒を通す前にどれくらいキレイに燃えてるか、って言うのが大事だってこの事からもよくわかるね。

これくらいの作用だってことを理解しているといいね。

みんなも炎が透明感出るまでちゃんと焚いて、、触媒を働かせたらいいよ。


あとは、煙の出るスピードが全く違う。これは、触媒で適度な抵抗をうけているからで、そのことで長く燃えるようにはなった(嬉)

ダウンドラフト(下向きの排気経路←アンコールとかがそうだね)や排気経路の長さを組み込むようにして、一般的な触媒機は効率よく長く燃えるようにしてるってことだね。

ウチのこのダルマストーブの触媒は、生の火の真上に晒されてるしね、多分すぐぶっ壊れるんだと思う(笑)
ま、なんだかんだいっぱいあるし、中古の触媒、、、。
もったいなくないな(笑)

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.