<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タイトルの"熾壺"とは。 | main | 捨てるエコもある >>

2009.10.06 Tuesday

パレットストーブ

聞き間違えではない。そう、 ペレットストーブの発音がイイバージョンではない。
カメラがキャメラとか
ピキャンなのかピーキャンなのか…(笑)とか
セリエアーって言うのってちょっと恥ずかしいんだよね…とか。

どうでもいいんですけど…


ストーブは沢山の梱包材で梱包されてくる。
例えばこんな感じ。

上をばらしたんだけど
まだ下にパレットがある。

タッカーの針や、ビス、釘。。。。。

パレット(梱包材)はまさに禁断のパレットストーブ。薪ストーブ屋が焚くものか焚かぬものか。

ここはきちんとポリシーを持って答えたい(笑)

自然からのいただきものである木を大事に焚くか
薪ストーブ屋としてキレイでイイ品質の薪を焚くのが醍醐味なのか。


あなたなら焚きますか焚きませんか。
(お客様のとこに納品に行って「焚きなさい」とは言いませんよ。新しいストーブの初シーズンだものね)

ファイヤピットは 焚く 。焚きます。

今まで産廃としてお金をかけて処分していたこともあります。
でも今は分解して切って、焚きます。
薪に困ってるわけではないです。いっぱい持ってます。


暖かい。
それが一番なんだって気がする。

例えば今時期の朝方、ペレットストーブならぬ薪ストーブにペレットストーブの梱包材であるパレットを焚く。

ちょうどよいよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.