<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.04.23 Tuesday

ペレットでセントラルヒーティング

近くで、ペレットの集まりがありました。



講演会終わりにウチに来るという流れになっていてさ。

タイトルが 「木質バイオマスで地球温暖化防止!」 とか言うのに、アンチ薪な話が多くて、それなら最初から"ペレットで"、というタイトルでいいのに。

メーカーの販促っぽいのを許容する主催とかで、また全然ダメな会だったわ(笑)

薪は完全燃焼しない

歳取ったら薪は運べない。

って言ってたからさ(笑)

歳取ったらペレット袋10埀燭戮襪(笑)?

ま、嫌味はイイとして

ドイツやオーストリアで普及しつつある、"ペレットを熱源としたセントラルヒーティング" もこれからは普及していく、って先生が言ってたけど、

これは絶対に日本では普及しない。

理由は、セントラルヒーティングはメンテナンスの責任問題が付きまとって、一社で責任施工が絶対原則。

それが出来る業者が日本に居ない。強いて言えばウチか(笑)

ペレット屋はなかなかセントラルヒーティング屋にはなれないわけ。温水暖房って難しい分野で、100件は施工経験が無いと、色々なトラブルに対応できないよね。

ウチは100件はやってるけど、

熱源にあれだけ完成されたものを使ってもタイヘンなのに、あえてペレットな理由が何もないよね。

ペレットを燃焼するのに灯油の約1/3のCO2を出すんだけど、

極端な話、COPの高いヒートポンプ使ったら同じだもんね。。。

古い家は、灯油のボイラー取っ払って、灯油の暖房ボイラー交換するだけでも高い高い言われるのに、

新たにペレットボイラーやストレージタンクをつけるなんて庶民の感覚からして絶対にないわ。

商用では全然あると思うよ。


やべえ面白くない話してしまってる……

2011.01.30 Sunday

ペレットストーブ普及から見える日本人の不器用さ

論文のタイトルみたいしょ(笑)

突然だけど、家のどこかに棚板一枚つけて欲しい、と家族に頼まれたら、付けれますか?

昔のお父さんって、大体それくらい付けてたよね。どこの家でも、鋸とか、玄翁とか、転がってたもんさね。

今は付けれない人が多いと思う。



ペレットストーブって、持ってる人はわかるけど、それなり面倒くさいものなのさ。

店で両方焚いてるからはっきりわかるけど、薪ストーブの方が、メンテめいたことは少ないんだよ。

機械仕掛けだから、便利なものだと思ってる人が多い。

そして"機械は壊れない"と思ってる工業国ニッポンの人達。機械だから壊れるのに(笑)

だから外国ではノープログレムでも、日本ではトラブルになる。

何か異常があったとき、日本人はすぐクレームだと思う。

ペレットストーブというのは、とにかくそういうことが多いし、そういうものなんだよね。



ペレットストーブが普及する土壌というのは、国民のDIYの熟成度にあるような気がする。

残念ながら、そういう意味で日本のペレット産業はこれからも苦戦だと思います(笑)


欧州欧米のように、何でも直して使う文化のある国と

もともと手先はとっても器用なはずだったのに"直す"ことをやめてしまった国ニッポン。



日本人はとーーーっても不器用な国民ということ、考えたことなかったでしょ。

棚板、付けれますか?





2010.11.29 Monday

ペレットストーブinはこだてクリスマスファンタジー

はこだての元町、ベイエリアに毎年恒例のクリスマスファンタジー。

そのスープバーの休憩所に豊臣エンバイロさんとペレットストーブを設置してきました。



エンプレスの黒。



今日は雪でなまら寒い。

沢山のスープが温めてくれそう。


暖まってお帰りください。





2010.10.07 Thursday

スタバの記事

函館にスタバが出来るんだけど、記事が載ってた。

ちょっと読んでみて。



なんとなく違和感を憶えてしまう(笑)

"薪ストーブに似たペレットストーブ"

そしてわざわざ函館まで十勝からペレットを持ってくるんだって(笑)

そして、伐採後に植林(笑)

なんか、あまり勉強していない人達の話だわ、これなら(笑) 書いてる記者さんもそうだね。

きっと、伊達とか、釧路とか、本州の盛んな地域だったら

この話題もこういう書き方にはならないと思う。

読んだ人も"??"と思うはずだ。



ちょっと痒い記事でした







2009.11.15 Sunday

ペレットストーブもやっているんです

 昨日北海道新聞の取材を受けました。

函館で唯一のペレットストーブの実演販売店…ということでの取材でした。

で、ウチのペレットストーブです。

トヨトミ エンバイロ (カナダのペレットストーブです) の エンプレス というペレットストーブです。

ホーローのプラウン。


(写真は 火 ついてませんけど…)

取材は普段は抑え気味にしているエコネタ全開でした!!
それはそれでなかなか楽しかったですけど(笑)

ペレット自体の価格は、日本ではまだですけど、欧州では灯油の1/2から1/3の値段だそうです
あなたならどうしますか?
灯油ストーブからだったら入れ替えします?
燃焼代が半分とか1/3とかだったらぐっと来ませんか??
日本も普及し出せばどんどん 単価は下がっていくでしょう。

まあ、薪ストーブとペレットストーブ。

同時着火 可能 なんで。
ぜひお店に来てくださーーいね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.