<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.05.06 Friday

敬う春

今時期、草木があちこちで芽吹くのは自然の順番に従ってというか、ただ自然にというか一日一日昨日と違った表情が春の生命感をより立体的にしている気がする。

それは北海道の春がゆっくりゆっくり歩むからだと思う。

よく本州では山菜が採れました、みたいな写真で色々な山菜が一緒に撮られている写真があるけど、

こっちではキトピロとカタクリとアギスナの時期にタラノメとかコシアブラ、ハリギリは同じ山では絶対に生えてない。だから一緒に食べられるものではなくって、順番に食うもんなんだよね。

毎日何かしら一個ずつ、花をつけたり、葉っぱをつけたり、している。


そんな中、ブナの薄緑の明るい若葉の色がすごく好きだと思って毎朝見てる(通勤路↑)。とにかく今時期のブナは"黄緑"ともいえるくらい、日差しが透けて明るいんだよね。

左にシルエットになってる、落葉する針葉樹のイチョウはまだ葉っぱさえまだつけてない。

落葉しない針葉樹の緑は煮詰まったように濃いね。(写真に写ってないけど)


森の変遷の中で最後に出てくるのがブナ。一番最初に生えるのはこのあたりだとタラノキ、カバ類。クルミも多いね。水場だとハンノキ、ヤナギ。だから山を伐った道路っぷちってそういうのが多いでしょ。適当に生えているわけではなく、だいたいの順番が決まっているらしい。

ブナが生えてる森は、古い森が多い。そういう森は広葉樹の変遷を経ているのでだいたい足元は黒土だ。アイヌネギと呼ばれるキトピロは黒土に生えている。アイヌネギが生えている山を探す時、俺はブナを見ていることが多い。

そしてブナの葉っぱは腐りにくいそう。この薄緑の若葉も秋になると古びた真鍮のような色の葉っぱを沢山落とす。

表層の新しい枯葉から、深くなるにつれてだんだんとゆっくり腐って土に近くなって最後は黒土になって。

そのグラデーションが脈々と水を湛えるので、ブナの山は森のダムっていうんだって。



そんな素敵なブナも、薪にしても最高で虫もつかないしすごいあったかい。

なんか、ブナって特別感ある。特別だ、って思って焚いてた。

いや、焚かしてもらってる、って素直に思えてくる。

だって人間って黒土ひとつ、木ひとつ作れないんだからね。

2013.12.04 Wednesday

答えは一つ

暖炉に人工薪あんまり合わなかった。



炉内が高温をキープできるエアタイトストーブと違って、

どんどん空気が入って冷やされ続ける暖炉では、比重が重すぎって、、いうか、燃えない。

比重が重たい人工薪燃やすために熾火が沢山いる感じ。

で何が向いてるか…。

なんとなんと!!

乾いた薪、 だ(笑)

いつもながら 全ての答えはたった一つ でびっくりするな(笑)

しかも長さは25僂らいの、小割から中割りを20分から30分に1本から2本入れていく、ってのが一番キレイと思った。

めんどくせーよ(笑)

ていよく燃やそうと思ったらめんどくーもんなの。

エアタイトストーブは、めんどくさくない。フツーていよく燃える。しかもあったけー。

暖炉あんな量焚いてるのに、

暖かくねえ(笑)

もう少し暖かくすることも出来るのは出来るんだけど、、

まぁいいか(笑)

でもたいがいの人が火に手をかざすね。

俺は心の中で、かざさないで、見て感じて、とか思うさ。

2013.02.21 Thursday

種子類最強?

豚のハナのスタンプのようなコイツは、そうクルミ。



地産地消的な着火材としては、マツボックリも燃えるし、

クリのイガだって、何だって植物由来だったらカーボンニュートラルでイイと思うわ。

地産地消だからといって、イカトックリはダメだと思うし、ウニのカラも…動物だからダメだと思うわ。

ああ! そういえばポテトチップスも着火剤になるらしいよね(笑)

あれも植物だからカーボンニュートラルだな。

だけと、タラコバター味なんかは、かなり動物入ってきてますね。

どうでもいいわ(笑)


でさ(笑)

クルミの殻が超激しく燃えるのよ。

油多いわ。。 多分種子類最強。拾ってきてやってみて。

拾うの大変だよね(笑)


どんぐりもナラの種だからさぁ

凄かったりして…

2013.01.28 Monday

ゲテモノ

薪ソムリエはゲテモノが実はキライ。

例えば、タチも、ノーミソみたいでタラの精子やん、って思うと衣で姿を隠してくれないと食べれないね。

牡蠣もさぁ、食べ物でグレーって何? って思うとね。

オーブン焼きがいいね(笑)

イカのワタなんて食わない方がいいと思うし、

すっぽんのタマゴとか。超怖いよね。



これも怖いしょ(笑)

焚きつけ付と言ってもいいよね。


燃やす時 枝が燃える様子はなんか苦しんでいるようで凄く怖いんでない(笑)?

2012.05.10 Thursday

マツの幸せもある

北海道では朝晩、ストーブを焚くね。

薪ソムリエ(久々に言った/笑)がチョイスする薪は、今時期は本当、マツが幸せだね



ぱぁーーっと火が走って

ストーブを暖めてくれる。

小さい火力で焚くには、"小さく激しく燃やす"のが大原則だけど

マツはそれを実現させてくれるね。


ナラしか持ってないの?

ちよっと軽めにやりたいときに、フルボディの赤しかないのと同じ。

かわいそうに(笑)


2011.04.29 Friday

カーボンニュートラル?

植物由来なので、これもカーボンニュートラルなんだと思う。

ということは焚いてしまおう。



燃えそうじゃない?

ストーブん中入れるのにそこそこな苦労。。。



なんか、40年間山の中に放置され、蔦が入り込んだ大変な薪ストーブみたいになってますけど(笑)

しかも、ぐにゃぐにゃでこれ以上薪らしい薪を足せない感じ(笑)


なんか、拾ってこなくても、よかった感じ。


燃え味?

そんなん感じるほどでもなかった(笑)






2011.03.08 Tuesday

こんなんがあったかい。

ワインて、ソムリエにかかると、変なフレーバーの表現が大変そうだよね。

さっぱりとした酸味と豊富なフレーバーを持つミディアムフルワイン。味わいはドライで、熟したスグリとトロピカルフルーツの香りが口に広がり、その後に多くのフルーツの根強さとライチソーウ゛ィニョンの香りが長く持続する。


なんやねん!!

的なね。

でも薪ソムリエだって負けてはいないぜ

例えばこの薪




さっぱりとした燃え味もここまで巨大になることでゆったりとした燃焼時間を持つミディアムフル。持つと手触りはドライで、乾ききった夏季の赤土のような香りが鼻に広がり、いくつかの叩き痕から連想させる硬さ、打たれ強さと充分な乾燥時間とあいまって長く持続する。



パクったね。出だしと最後だけ一緒みたいなね



入れるのにアンダイアン外しちゃう。


こういうのが焚けるのも、もうそろそろ無いね。

2011.02.05 Saturday

ナラは燃えない。

ちょっと前に書いた 小割がエライ に続き、逆説記事チックなタイトル…

好きだ、こういうの(笑)



でも、実際にお客様なんかからこう言われたことがあるのは一回や二回じゃない。

びっくりするしょ?

まあ、エアタイトストーブで、熾火が無い状態でいきなりナラを安定燃焼させるのはムリだろう。

いやムリなんだ。

ナラを燃やすには、ナラを燃やすためのたっぷりの熾がいる。

ナラにただ火をつけたって暖かくないよね。

ナラは熾火に独特のパワーがあるのさね。

ただ黒くなって燃えない、と思っている人は熾火が足りないのね。

じゃあどうするか?


ナラなんか燃やさなきゃいいと思う。

ナラを黒くしているようじゃ、かえって、ススや木酸酢の問題の可能性が高くなる。

ナラも『これだったら俺じゃなくてもいいのに…』って思ってることだと思う(笑)

王様に対して失礼だし、成仏させてあげないとね。

ナラを焚くのに悩むくらいだったら


シラカバや

ハンノキやシコロやホウノキ

でがっつりシアワセだ


軽い木は悪くないのさね。









2010.12.27 Monday

はじめちょろちょろなかぱっぱ

まずこの写真を見てよ





まあ薪ストーブだわな。こんだけ古くても道産子にはおなじみの感じだ。これがちょっとヨコ長になったやつが今でも売ってるし。。。

丸いのかわいいね。作るのラクだったんだろうね

で、蓋を取って直火でお釜が入ってる。

いやいや、メシ炊くんだろうけどさ


この写真から湧き上がるめくるめく妄想はさ、ソムリエ心にとてもワクワクしちゃわない?


このストーブで飯炊きをしていた昭和30年代の女子薪ソムリエ達

そのテクニックとたるや、すごかったと思うよ(笑)


今日はエントがそろそろ詰り気味やし…何で焚き付け湿ってんねん…ナラの大きいの入らへんし割らなないしおとうちゃんまだ帰らへんしパーティ行かなあかんねん…



楽しくないぜーー(笑)

その日のコンデションで、毎日ご飯を上手に炊き上げる女子ソムリエ達はとても逞しい。

俺の焚き付けなんか笑われてしまうことだろう。

当時、ご飯を上手に炊けるってことは、まさにいい女の"スキル"のひとつと言っていいものだったんだろう。

今は薪ソムリエと飯ソムリエが合体して、IH炊飯ジャーとなってる(笑)すごくない?


新商品、閃いた!IH炊飯ジャー"薪ソムリエ"

薪で炊きあげたご飯の旨みをIHが完全再現!

電気屋さんにあったら、俺ならそそる(笑)


2010.12.15 Wednesday

マイナス10℃のかまどこわし

七回あんたらの「ナナカマド」

そして 前のブログで書いた"ニレ" はなんだっけ…、(笑) 「ワルクナイ」

「オニゴロシ」 は焼酎

「クマゴロシ」 はウィリーウイリアムズ

「ナベコワシ」 はトゲカジカ


そして王様 "楢" のことを何て言うか知ってる?

定かでないけど、「カマドコワシ」って言うのを聞いたことある。

ナラの熾火はパワーがありすぎて、かまどを壊してしまうことがある、みたいな話だった。

さだかでは無い(笑)


でもわかる。楢の熾きは本当に暖かい。パワーが全然違う。


で、マイナス10℃だもの、カマドコワシの登場じゃない?




カシワ。

柏餅のカシワ。

カシワはまぁ、広い意味でナラだね。

分けて呼ぶ人もいるし、分けてない人もいる。

カマドを壊すだけ温めて欲しいけど

ストーブは壊さないで欲しい(笑)


スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.