<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.09.21 Thursday

煙突は煙突

石油ストーブの煙突詰まりなんて電話、「自社で施工した物件じゃないとメンテしません!」的風潮の本州だと、問題外で簡単に断るんだろうけど、

 

ウチは年間5件くらいはやってるな 笑

 

石油ストーブのススは、カーボンの粒子が薪ストーブより超細かくて、少しでもススを落とすと正直言って大変 笑、、原因とか対処とかも含めて本州の煙突掃除人は意味不明だろうね(笑)

 

自社施工の煙突掃除/メンテナンスは、7割止まりで3割が他社施工のものを煙突掃除とメンテにいってます。

 

読んでるユーザー様方はどうしてそういう風潮なんだろう? って思うと思う方が大半だと思うけど、

 

ひとつには、他社施工の煙突掃除を行った後の責任問題うんぬんの問題があるらしいよ。

 

ギスギスしていやだね。

 

(↑施工ちゅうの現場。函館山の真正面って感じだね。ここもまた来るんだろうなあ)

 

 

そりゃ自社のは楽だよ。おかしい配管になってないわけだし、そもそもこれどうやって登るの? とか無いわけだし。

 

煙突掃除屋を掲げる限り、時間がある限り何でもやるよ。ウチ自社も他社も同じ料金だし(笑)。わざわざ言うほどでもなく当たり前だと思っています。

 

2017.08.30 Wednesday

煙突トップ火災

メンテナンスも半分を超えたと思うとホッとする。

 

毎日様々な煙突トップを触っていると、煙突トップも隠せない証拠の塊で笑、やっぱりユーザーさまに情報をフィードバックしてさ、焚き方とか薪の大きさとかスタートの確認を定期的にしていくことで、ホント上手になる。

 

2年連続自社ユーザーからフロック状のススを回収していない(全員パウダー)という記録は今年とうとう崩れたけど、

 

ホントファイヤピットのお客さんはマジでうまい。

 

ホント自慢だ。

 

ガラスも曇らせる人もまずいないしね。

 

 

これは掃除する前。

 

キレイでしょ。

 

だけどこれはトップが燃えたの。キレイだから燃えた、って短絡はダメよ。燃えた跡がちゃんとあるの。

 

煙道火災、ってみんなも聞いたことあると思うけど、


小規模なものも含めればトップ火災は煙道火災の3倍とか4倍でチョコチョコ起きてる気がする。

 

トップはやっぱりスス付きやすい。トップ燃えても煙突そうでもないとことかあるからね。

 

やっぱトップっていらねーよな。

 

話それるからこの話題やめるけど笑、

 

煙突掃除屋としては「あ、燃えたな、掃除ラクだな」ってことになるけど、喜んではいられない。修正しないと、煙道火災に発展したりするからね。

 

 

こんなんでどんなに隠してもトップや煙突、薪ストーブは内臓の中を見られてるのと一緒で、どうやってきたかってのがハッキリわかる。

 

さて今日はどんな煙突トップかな。

2017.08.26 Saturday

保冷剤が、、、

メンテナンスに歩いていると あちこちでいろんなものをいただく。

 

仕事してお金頂いてお土産までホントにありがたい。特に秋になるとモノがなるのか沢山いただく。

 

ありがとうございます笑!

 

色々なものをもらうけど、先日、森の漁師さんから信じられないようなモノをいただいた。

 

 

本州のみんな、わかるかなあこれ

 

気ガニだよ、毛ガニ。食ったことある笑?

 

しかも6パイ!! 

 

凄くない!?

 

保冷剤ねえなー なんて言ってて、、「凍ったエビいれとけばイイべ」なんつってエビまでいただいた。ワイルドすぎるしビッグ過ぎると思わない?

 

こんな新鮮な浜茹でしたエビが保冷剤代わり。エビもええっ!って言ったと思う笑

 

おいしい保冷剤だった。多分このあたりでは、ビールが冷えてない時は凍ったエビで缶をクルクルするのかもしれない。なんて豊かなんだろう北海道。

 

世の中の保冷剤が全てエビだったらどうしようと思った。

 

東京でお土産で八天堂買っても、千疋屋買っても、、、保冷剤はエビなの。

 

そんな豊かな海にしようぜ!!

 

なんのこっちゃだけど、本当にごちそうさまでした。超おいしかった。

 

 

もう少しするとラミーの季節も来るしね(笑)

 

いや、催促じゃないですから、、、

2017.08.24 Thursday

よろしく と ありがとう

煙突掃除の時、命綱となるロープを木や何かの架台なんかに結ぶ。

 

命綱を結ぶものだから、煙突掃除全体のキャストとしては非常に重要な存在だと思う。

 

それがなんかの架台とか場合全く何とも思わないケド、

 

木の場合、ロープを結んだあと「よろしくな」って木に手をあててお願いする。

 

そういう気持ちに素直になれる。

 

なんてーの? 生き物同士手と手を貸し合ってる的な笑?

 

気分的に10センチくらいのツルンとした女の人みたいな木の場合「ごめんな」の時もあるし

 

ダブルエイトノットの結び目を間違うくらい大きな木は尊敬を込めて「お前は大丈夫すぎるケドね笑」の時もある。

 

 

で無事に屋根から降りてきたら、またちゃんと木に手をあてて「ありがとうな」っていう。

 

 

無礼や不愛想は許されない気がするし、

 

そこは通じ合ってる前提でいさせて欲しい 笑

2017.03.16 Thursday

ガラスを灰で拭く、っていう表現

"ガラスを灰で拭く"、っていうのは薪ストーブ生活の中では日常的な表現なんだけど、誤解も生むことなので、、正確に復習しておこうかね。

 

灰で拭く、っていうのは正確には間違いで、灰汁で拭くんだよね。灰の汁(しる)と書いて、これで"アク"っていうんだよね。

 

アク抜きの灰汁だね。

 

じゃ、灰汁ってなに?

 

 

上澄みのことなんです!

 

(熾壺日記2010.6より)

 

ただ、こんなんやってられないし、これ作るくらいだったら重曹で同じなんだよね。

 

俺はティシュと水だけでガラスを拭くんだけど、ちょっとアルカリが欲しい時ってあるんだよね。黒いのを溶かしたい時ね。そん時にティッシュに水つけて、灰の白いとこをチョンとつけて、アルカリ水(灰汁)を作る、ガラスの上で作る、って感じ。灰のスクラブ分で黒いのを落とすのは間違いよ。灰の中に硬いものがあれば、いくら硬いガラスでも傷ついちゃう。

 

後、これをやった時は、灰分をきちんとまた水拭きね。

 

灰汁が残っていると白くなる原因になるし、焚き方やストーブによっては、灰分が溶けてガラスにくっついてしまうともう絶対にとれないよ。

 

めんどくさいって?

 

実はぜんぜん面倒じゃない。

 

曇らせなきゃイイだけ!!

 

基本、ガラスクリーナーも灰も重曹もいらない。

 

水で十分とれる、っていうのが、、、なんていうか、ファイヤピットのスタンダートだし、お客さんにもガラスクリーナー売ったことねー。

 

水でとれるしウチなんて毎日拭くわけでもないし。それでもキレーだしね。

 

ちなみにティッシュにつく色、茶色と黒にはそれぞれ意味がある。長くなったのでまたいつか笑!!

2016.11.20 Sunday

塊の揮発

こーゆー テカテカのすげー極上タールで煙突がびっちりだったとする。

 

 

こーゆーのくっついちゃうと、石みたいに取れないんだよね。

 

でジェットシンのサーベルや、ブロディのチェーンなど、色々なもの 使うんだけど(笑)、、

 

この塊が煙突内で取れないで残ったとする。(集合煙突ってクネクネ積んでるの多くてどうしても残る場合あんだよね)

 

薪ストーブ屋さんの指導のもと、焚き方が改善され、シーズンを過ごすと、、、

 

どうなるかっていうと、結露しない安定した温度の排気に煙突内で晒され続けるとタールは揮発して揮発して、軽くなって次の煙突掃除にゴッソリ取れる。あれだけ頑固にくっついてしまったのも簡単に取れるようになるのね(煙突掃除屋でも知らない人が多い)。

 

揮発して軽くなんの。

 

それがこの手に持ってるこれ。

 

この手のテカテカはかなり重いはずなのに持つと軽い。

 

俺の手がそれを覚えている(笑)

 

ちゃんと焚いたのに次の年ゴッソリ、みたいなのはこういう見極めも必要になってくるよね。煙突刑事は何が起きたのか正確に分からないといけない。

 

この現場はよかった、全く同じストーブ、煙突、薪で、焚き方と心構えだけで大幅に改善された嬉しい例でした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 

2016.10.26 Wednesday

イッポサキのブラシ

昨日、ウチの煙突掃除ブラシを作ってもらってる会社から電話があり、

 

「以前相談を受けていたブラシなんですが、ちよっとアイディアが浮かんだので作ってみたんです!!送りますので使ってください!!」

 

と電話があった。頼んでないのに。

 

超嬉しかった!

 

ちょいと大き目の口径でさ。相談してたんだよね。覚えててくれて考えてくれたんじゃない。

 

「それがたとえ要望を満たさないものでも俺はちゃんとお代はお支払いします!! お気持ちに感動しました!!」

 

ってヤリトリしたんだけど、考えてくれた気持ちがホント嬉しいよね。

 

普通はアイディアができた時点で俺に相談するよ。図面とかでさ。

 

でも先に作っちゃおうってのがさ。

 

この人お金もらえるかどうかは覚悟して作ったよね。

 

この気持ち凄いわかるし、すぐアイディアを形にしたかったんだろうし、それを現場で使ってみてほしかったんたろうと思う。

 

いい。

 

いい気持ちの連鎖はどこまでもいい。一歩先にどんどんやってほしい。

 

ストーブ屋の秋は毎秋キャパオーバーでなかなかこうはいかないんだけど、そういう業者になれるように頑張ります。

 

 

あーー来るのが楽しみ。

2016.10.07 Friday

たかいとこ

高いとこにいると、客観的に下からどう見えてるんだろう? って思わない? 同業者のみんな。

 

俺の腰はひけてないのか、屋根上でどう佇んでいるのかね。

 

で撮ってみた。

 

撮ってみたということは、俺じゃなくて、ウチのコンサンが上がってるときだね。

 

集合煙突 410□の上で4mの単管を使ってます。

 

こえーよこれ。

 

 

矩勾配。

 

もちろん、写真では見えないけど絶対に死なない安全装備で上がってます。

 

毎日上がってんだもん、一か八かは無いよね(笑)

 

もう10年以上は使ってる"2連梯子"の賞味期限ってあるのかなーって考えてる(笑)

2016.09.23 Friday

お客さま自慢

今年のメンテナンスが85件までいきました。あと残り25件くらいだと思います。

 

終わった人だったらわかるけど、あの丁寧な緻密なメンテを85件終わったんです(笑)

 

いや、もっと200件300件やってるとこもいっぱいあるけど、いいの(笑)。件数じゃウチなんてまだまだだけど。

 

でみこうなんだろ、佳境に入るとホント感覚的に"積み重ねた感"出てくるね(笑)

 

積み重ねていくと、ウチのお客様はまだ今年クレオソートのフロック状のモノを回収した件数はゼロ。

 

すばらしいね。

 

お客様を誇れるのがファイヤピットの自慢(笑)

 

反面、ウチの現場じゃない現場で、こういう現場も多々あった。これはいつ火事になってもおかしくないね。ピントが甘くてすまん、すげー高いとこで撮ってるから許して(笑)

 

 

ストーブ屋と薪ストーブを選び計画する

     ↓

大事な大事な薪ストーブの取り扱い説明

 

 

このほかに「品質のイイ薪の供給」とか、「三位一体で現場を作る」とかまーいろいろあると思うけど、ホント、ウチのお客様が上手に焚けているのはホントこの2点を大事にしているからだね。

 

大事にしてます。

 

 

誰に対してもダメなことはダメって、、強く言うしね(笑)

 

言い過ぎないようにきをつけます(笑)

2016.08.03 Wednesday

10寸の足首

今日が早速10寸勾配。切妻の10寸じゃなくてもう少し複雑な10寸で、命綱になるロープも2方向からのテンションで、完璧。完璧だけど、今日のは大変だった(笑)

 

しかも破風側じゃなく螻羽側に煙突が出ているので落ちようがないような親綱の張り方をあれこれしなきゃいけない訳ッス。

 

 

この勾配にいると、「俺のロープの結び目は大丈夫なのか汗?」「俺の結んだ配管はあれ抜けてこないのか汗?」「俺のカラビナのロックは汗?」「俺のは汗? 俺は汗?」ってなるけど、あ、そういえば俺の足首の写真が必要なんだった、と思い返す(笑)

 

 

で撮ったのがこれ。

 

 

マジでどうもなっていない(笑)

 

余裕すらただよう(笑)

 

 

顔出すしかねーな(笑)

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.