<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.02.27 Monday

地球温暖化神話 終りの始まり

前からこの手の論調は気になってて、ようやく今回の出張の移動中に読んだ。

 

この手の論調っていうのは、"CO2は増やしてもよい!!" とか、"それどころか減ったらマズイ" とか 。

 

 

太陽光パネルのオカシナからくりとか、世界のこれに対する認識とか、作るのに大量の二酸化炭素を出しちゃうプリウスとか、20兆円今まで使ったけどCO2が減った事実は無いこととか、アメリカは京都議定書からぬけているとか、ロシアはCO2排出権で超儲かったとか、日本の1990年は既にクリーンだったとか、詳しくは読め、って感じなんだけど、

 

今回思ったのは、

 

色々な考えに耳を傾ける柔軟さの必要性。

 

ホント、ドキッとしたわ。

 

今まで「薪はカーボンニュートラルでー」とか俺も言ってた(笑)

 

読んだ限り、俺は、ゴアの不都合な真実よりもこっちのほうが相当信頼できると思った。

 

だからと言って消費を続けるのがイイということではないし、薪からもし、カーボンオフセットの要素が無くなったとしてもその魅力が減ることはない。

 

より本質に迫るだけの話で、

 

歓迎だ。

 

 

CO2と温暖化をその口から語る可能性のある人は、必ず読んで欲しいッス。

2016.11.16 Wednesday

植樹のウソ2

ちょっと前にさー、たまたま現場〜現場で通りかかった大好きな大沼で、函館のハンバーガー1、みんな大好き"ラッキーピエロ"さんが、植樹のなんたらかんたらってやってて覗いてみた。

 

天候のせいで中止したらしく、ほっとした。

 

戻り、ラッキーピエロさんにメールした。

(もちろん返事は無いが 笑)

 

その一部

大沼の付近は、函館近郊ではなかなかない、古い森です。

古い森というのはとても価値のあるものなんです。

雑木の木々は長い間の生存競争と自然のバランスにて絶妙に共栄し、それは人間がいくら努力しても作り出せる造景ではありません。

そして木々の足元を見ると、数えきれないほどの幼木が次の森を担おうと旺盛に根をおろしています。

それは誰が植えたものでもありません。勝手に生えてきたのです。

山や森の力そのものです。

ああいった素晴らしい森に人間の手で雑木を植えるのは、山や森にとって大変失礼なことです。

人間のエゴ以外の何物でもありません。

たとえるのであれば完璧な絵画に素人が一筆加えるようなものです。

元来ハゲ山であっても次の春から自然に木はいくらでも生えてくるものですが、植林やそれにまつわる思想や啓蒙となるものは否定するものではありません。

ハゲ山であっても、次の年やその次の年にタラノキやカバ類から旺盛に生えてくるのを知った方が子供たちの為にもなるものと考えております。

 

自然に生えてくる雑木をどうしても植えたいのであれば、ハゲ山を探して植えてください。

 

 

文章は、地元の誇りになりつつある企業にアホなことしてほしくないという愛情を説明し結んでいるんだけどね。

 

 

現場の地面。

 

 

楢と書いてるのは、ドングリが今年芽吹いたような楢の幼木。赤ちゃんだね。

 

木と書いてるのは、そういうのが何年かたった木のお兄ちゃん。アオタモが多いね。

 

誰も植えていないのに力強すぎるくらいこんなに生えているもんなんだよ。

 

これは自然の競争とバランスで更新していく。その摂理の利口さや強さを自然から学んだ方が大事だと思ったのでメールしたんです。

 

 

でもまああれだね、

 

「植樹イイですよねー」って言えないってのが、全部につながってるんだよね(笑) 薪ストーブもホントの事言っちゃうから(笑)

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

 

2013.12.09 Monday

生焚きの電気

夜中の電気を使うなんかエコっぽい"蓄熱暖房機"や"サーマスラブ"が、なぜ、エコじゃないか簡単に書くよ。



"生焚き" っていってさ

蓄熱だとかサーマとかって使う電気の大きさって、家一軒で、10kwとか20kwとか、になるわけです。

ま、間とって15kwだとすっか。

合計15kwの蓄熱暖房機が夜中に何が起きているかって言ったら、15kw通電してんの。

これって簡単に言うと、なんと電子レンジを強でいっぺんに10台まわしてるのと同じ!! 1分半でチン! じゃんないよ、夜中ずっと通電してんの!

なんか、もったいねぐね? 使ってる人は安くていいのかもしれないケド。。

夜中の電気に安い値段が付けられているというだけで

発電所で焚いているものは昼間の電気と全く同じ。

けど 物凄くCO2とか、

何かとか出しているわけ。

こういうふうに、発電所でおこした電気を直接熱に変換する電気暖房を"生焚き"、って言うのね。

学校の理科でこういうこと教えてほしいわ。


こういう思いがあるから、なおのこと薪ストーブ主暖房推進派なのかもね(笑)

ウザったい(笑)

2013.03.08 Friday

ギリシャの大気汚染

北海道新聞に浅い、記事が書いてた。

本来深い話題だ。



大きくして読んでね。

何個かとても乱暴な書き方がある。

頑固親父に切ってもらいたいくらい(笑)


でもまぁ、あれだな。

日本はどうだろうね。

薪ストーブの排煙や燃焼効率に関する法律を持たないのは、発展途上国並み。

発展途上国と言えば、俺も昔こんなのを書いてる。

http://firepit.jugem.jp/?eid=43

なんか今と文体が違って昔の写真並みに恥ずかしいね(笑)読まなくていいかもわかりにくいし。(笑)

要は、発展途上国で使われている調理用ストーブの主要燃料である薪の燃焼により、世界全体で年間80 万トンの煤が排出されていると推計している。
一方、ディーゼル車とトラックは年間89 万トンの煤を排出している。
世界の大気に一年間に排出される煤のうちこの二つの排出源がそれぞれ約10%を占めている

ってことなんだけどさ(笑)


やっぱりシンプルなことを実践することだね。

薪はちゃんと乾かす。

愛情を持って焚く。


ウダウダしたテクニックなんていらんわ(笑)

2012.12.02 Sunday

やっぱり道産子が長野を見習う。

長野のネコは、北海道ではちゃんちゃんこ、みたいなものかな。

昨日ブログに書いたののこと色々考えてたら、俺も小さいころそういうのいっぱい着てた。

着物とは言わないけど、

あるものを利用しておふくろが縫ってくれたような気がする。

昔、毛布というか、丹前というか、タオルケットと布団の間のものってなぜか袖がついてて、

なんで袖があるんだろう? って思いながら幾千もの夜を超えて、俺も大きくなったわ(笑)



とても大事な日本の文化だな。


おばあちゃんが若いころに来てた着物を切ってそれになったり、

小豆を詰めてお手玉になったり

作り方を世代を超えて継承したり、

思い出となって残ったものがぬくもりを持っていたり

いいとこだらけはぜひ真似しなきゃならん。


道産子のみんな、ちゃんちゃんこだ、ネコだ。

2012.12.01 Saturday

道産子が長野を見習う??

道産子が冬、部屋で薄着でアイスクリームを食べてるのは有名だけど、

最近、セントラルヒーティングに代表される新築の家は、いわゆる"長野化"が進んでいで、とにかく、道産子からすると、寒い新築の家ばかりだ。

寒くて寒くてどうしようもない。

もともとは本州の人からみると、信じられないような暖かい冬を過ごしている北海道。

一カ月に灯油を500リットル1000リットル消費する家だってある。

先日、函館の設計屋さん、ミズタニテツヒロさんが青森に行った時、I地域の基準で家を建てているミズタニさんからすると、海を隔てて隣国の青森でさえ、気密や断熱の考え方が全く違うという話をしていた。


俺が思うに、道産子が長野化する必要は全然ない(笑)

北海道らしく、暖かく過ごせばいいのだ。

そしてとても興味深いこの記事が北海道新聞に出ていた。

ちょっとはみ出してのせちゃう(笑)



要は「寒いと、着よう、長野に見習って」

という記事だ。

全然共感できねえ(笑)

この書いた人薪トーブ知らないね(笑)

部屋の温度が17.5℃だったら、冬イヤだろうな。

節電、省エネルギーは勿論賛成だけど、薪ストーブにすれば北海道の高性能な家のおかげで、冬が好きになるだけ、暖かく過ごせる。


寒気が入って現在マイナス10℃近く、裸足にTシャツで書いています(笑)

北海道でねこは流行んないな…

2011.07.16 Saturday

ウチらってメガソーラー以上じゃん

伊達にエライものがついたと偉そうに新聞に載ってた。



読む気が起きなかったあなた、ここで必要なキーワードは400トンで8億円という数字だ。

ボクが前書いたブログの記事によると、道民が薪ストーブにチェンジすることで削減できるCO2は、一世帯あたり約4トン。

メガソーラーは薪ストーブ100世帯分の削減量ってわけ。

あくまでも、暖房エネルギー消費量が多い北海道の話だけどね。

したらさ、全道5店舗、日和グループが販売設置している薪ストーブの台数考えるとさ、詳しくは言えないけどさ(笑)、


きた。
(橋本大治風に/笑)

北海道電力のすることたいしたことねーなー

400トン減らすのに8億もかけやがって。

薪ストーブだったら1台の設置に平均80万として8000万、1/10だよ


薪ストーブってすげーな。


これ新聞記事にしてほしいくらいだ(笑)


2011.05.18 Wednesday

北海道全世帯が薪ストーブになったら、という試算が。

これを計算してくれたのは、厚沢部でアンコール触媒黒を焚く、I さん。

いつもお世話になっております!!

I さんのタイトルはこう。 北海道の全家庭が薪ストーブに変えたら脱原発に献上するか?  だ。

原発問題からの流れなんだけど

ボクの文章に慣れてる熾壺っこ達は、この文章読み砕けるか不安(笑)

なによりかにより、この中でドキドキするくらいステキな計算があった。

I さんは

全世帯が薪ストーブだったら一年に必要な薪の量 = 一家庭あたりの薪の量×北海道の世帯数 とし、

6.3立方メートル×2,580,577世帯=16,257,635立方メートル

と計算してる。


北海道に生えてる木の材積、そして それらが一年かけて大きくなる割合
       ↓                         ↓
307,003,000立方メートル     ×         1.3%  = 3,991,039立方メートル

と計算した!!!

ま、400万立米ずつ山から頂いても北海道の木は減らないんだって!

なまら北海道でっかいどーでね?



それは先に計算した道産子の為に必要な1,625万立米の25パーセントにあたるんだって!!

凄くない??

北海道25%が薪ストーブになっても大丈夫なんだわ(笑)

だって今って、0.1とか0.2%、とかだよ!!

やべー25%になったらなまら忙しくなる(笑) ストーブコンテナ買いだね(笑)


さておいて

ボクは原発につなげないで、現実可能?な"道民の1/4が薪ストーブになったら"、削減されるCO2量でいくわ。灯油から薪にシフト、ってことになるけどね。

(ムズイ計算は熾壺っこは飛ばしてね/笑)

北海道の世帯数 × 1/4 × 暖房に使う灯油の量(ℓ/年) × 灯油1リットル当たりのCO2排出量(ℓ/kg)

2,580,577世帯×1/4×1,542ℓ×2.513 = 250万トン


これって北海道が一年に出してるCO2量約2,000万トンの12.5パーセントだわ。

知事に読んでもらわねーばねーな



薪ストーブの野郎…


やるやるとは思ってたけど…


ここまでやるとは思わなかったわ(笑)

2010.12.02 Thursday

電気自動車。。。

電気自動車の話題をテレビでやっていた。

日本人は何故"電気"というと安心するのだろう??

いや、電気自動車のCO2排出量はガソリン車の1/3程度になる、という計算があるのも知ってるけどー

まるで電気作るのに油焚いてないみたいなね。

たとえ1/3になったって

薪ストーブのCO2削減量に比べたら

たいしたことない。

まぁ薪ストーブと自動車では数が違うしな(笑)


日本のエライ人。もっと薪ストーブペレットストーブに補助金出してほしい。


2010.07.16 Friday

バイオディーゼル

テンプラ油の廃油が、ディーゼルの燃料になる。



そういうものがあるって知ってたけど、こんなの良すぎるよね。

そしてファイヤピットのトラックもバイオディーゼル燃料(BDF)で走ることになりました!!

知らなかった…函館で供給してくれるとこがあるなんて!

すごいわ。薪ストーブでCO2減らして、年間2万キロ走るウチのトラックがBDFになれば

かなりなエコ太郎でない?俺も。

しかも軽油よか安いなんてね。嬉しいわ。


でも、需要と供給のバランスで言えば、廃油が全然足りないんだって。

しかも、今まで捨てられてたものがこうやって絶大なCO2削減をもたらすのに、

廃油は産業廃棄物とみなされ、お金払って買い取るしかないんだって。自由に集められるとこがあればね。コンビニとかに、電池回収ボックスみたいな、油回収ボックスみたいなね。それが出来ないんだってさ。。。

まぁ、函館市行政のフットワークの悪さだね。お金かけてやるんだったら、誰でも何でも出来て当たり前だからね。小さい街なんだから小回り利かせて欲しいよね。

まあ、皆さんも近くに供給出来るとこがあって、ディーゼルのものがあれば、ぜひ検討してみてください。

あと、飲食店とかやってて、油の処理に困っている方、回収してくれるそうです。

紹介しますので私にでもご連絡ください。

ファイヤピット オオイシ 0138-85-6760 または moul@firepit.jp まで






スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.