<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.10.02 Monday

キャロルキング

最近見た"動く映像"の中でドキッとしたのは、何と言ってもキャロルキング。

 

ロンドンはハイドパークで65000人を前に行われたライブ。キャロルキング、御年74歳。

 

名盤、「つづれおり」(1971年2月発売) は、47歳の俺と同級生、つまり発売されてから47年目だ。

 

歌い継がれるマスターピース。

 

伝説の場所。

 

年代を超えて若い人達が口ずさみ、ライブ会場に脚を運ぶ。

 

何が言いたいかって? 

 

 

うらやましい。

 

 

日本に50年君臨する70台のおばあちゃんが65000人集めるライブは実現できないだろう。美空ひばりでも40年。20年後の吉田美和が初めてそれを実現してくれたりしたらいいね。

 

そういうのが歴史であり文化なんだろうな。

 

使い捨てない。

 

イイものがイイものとして普遍的な価値が認知される。

 

薪ストーブもそうありたいな。

 

歴史を積み重ね、人から人に伝えられ、その価値は誰でも知っている。

 

そう、キャロルキングのようにね。

 

 

2017.09.20 Wednesday

ライトユーザー、そしてライトディーラー

日本の薪ストーブの未来、というディスカッションを日本暖炉ストーブ協会の青年女性部でやってから、本当はやる前に色々考えるもんだと思うけど笑、やった後の方が色々考えてる。

 

僕の発表の中で、10年前と今の対比をしたんだけど、

 

まあ、自分だけ考えたモノだったから

 

「みんなはどうなんだろう? 俺だけかな、こういうこと考えてるの。」

 

って思って発表したけど、その後のディスカッションとか反応とかみると確信するのは、10年前と今じゃ薪ストーブを取り巻く「ワクワク感」は確実に減った。

 

一般的に言うと、ユーザーが抱いているワクワクが減ったし、売ってるディーラーもそう、輸入してるメーカーもそうだ。

 

ライトユーザー化という言葉があるとすれば、

ライトディーラー化でもあるということだと思う。

 

卵が先かニワトリが先かの問題になってしまうけど、

ディーラーが軽くなったからユーザーが軽くなったのか、その逆なのか、、、、

ヘビィディーラーの俺にはどっちが先か分からない。

 

時代の流れ、って片づけるのは簡単だけどね。

 

それがイイのか悪いのかとか、原因とか地域差、意識、歴史的変遷、薪のインフラ、色々なモノがあると思うけど、、ホント日本の薪ストーブ文化が物凄く未成熟なのはディーラーにその責任の一翼があるのは間違いないと思う。

 

だってこんなに簡単に薪ストーブ屋になれる仕事もないよな。

 

簡単になったのと一緒にされても困るけど 笑

 

 

薪ストーブは導入する前が面白い。

 

(本当は違う)

 

薪ストーブ生活は地味な作業の上に成り立っているし、毎日ピザなんか焼く生活は続かないし、あったかい時間は以外と静かに流れていく。

 

ワクワクも無しにストーブが根付く未来の礎を作りたい。

 

 

2017.09.15 Friday

薪ストーブを目指したい。

ウィキ先生によると、人類が火を使った痕跡で最古は170万年前らしくって(落雷や山火事による偶然の火)

 

俺の記憶によると、灯油が全盛を極めようとしたのは40年前からだ。

 

170万年前から自分で火を起こせるようになるまでだいぶかかったけど、

 

加熱調理ができるようになって植物を栄養として取り入れれるようになって一気に進化したとか、なかなか興味深いことがかいてあったよ。

170万年まえを元旦として、

 

今この瞬間を一年として計算すると、

 

人類が火を使わなくなった40年前は、12月31日の23時49分くらいにあたる。

 

冬も春も夏も秋もずーーーっと火を使ってきて、火とともにあって、紅白みて、その後火を使うのやめたわけ。

 

今まで地球上に生まれた人類のオールキャストからすると、

 

火を使って生活していない人が超マイナーな存在ということになるね 笑

 

北海道でも俺みたいな薪ストーブ暮らしは「えっ薪ストーブなの!?」って言われるけど 笑

 

なるほど、そりゃ火が気持ちよかったり、独特の癒しを感じるのは当たり前のことだよね。犬だって猫だって知ってる。

 

そんな昔から生命の維持に近い関係にいた 火 。

 

今ではめんどくせえ、って思う人もいたり、炭ですらうまく起こせない人もいるじゃん!!笑

 

真剣に生き物として進化なのか退化なのかわかんない。

 

薪ストーブ暮らしはいいよ。歴史やDNAが証明していることをわざわざ言うまでもないというのを日々感じる。

 

北海道みたいに寒い国の人々はまず薪ストーブを目指すようになってほしいなあ。

 

2017.04.12 Wednesday

銀座と赤川

昨日銀座にいた。

 

東京ストーブのT嬢と

 

「今日寒いけど東京さくら咲いてるもんね」

「今までホントあったかかったんでよぉー」

「北海道なんて、緑って言ったらまだフキノトウしかねーよ」

「えーーっ、フキノトウってずーーっと見たことなーい」

「そこいらじゅうフキノトウだらけだよ!」

 

なんて会話を銀座でしたのさ。

 

 

今日は銀座でなくて函館の赤川にいる。

 

ジーユーもアップルもヴィトンシャネルブルガリ、、そんなんはもちろんないけど、赤川にはこんなんがいる。

M氏によると、イタチだそうだ。

 

超カワイイ。キタキツネは犬並みにそこいら歩いてるけど、イタチはそんなにいるもんじゃないだろ。

 

そしてこれ。

野生のアサツキ。究極のオーガニック。オーガニックって言葉がアホくさいほどのね。

 

赤川にティファニーもスタバ1号店も無いけど、

 

水のあるとこにはイワナが泳ぎ、おいしい天然のアサツキが生え、エビアンみたいな水が蛇口からいくらでも流れ、イタチやキジがいる。

 

築地で売ってたタラノメは函館では"採ってはいけない"サイズだ(笑)

 

銀座より遥かに豊かだ、、俺にとって(笑)

 

 

薪もし放題。

 

どっちがい(笑)?

 

2017.04.01 Saturday

実験を終えて

いやー超面白かった。

 

いろんな実験コソコソしてるけど、これはとても面白かったね。

 

煙道火災時における、煙突表面、煙突囲い内温度、ボードの裏面の温度を1分ごとに計測。

 

っていうか全然終わってなくて(笑)、課題とやりたいことがいっぱい出てきた。

 

それが最大の成果だって言ってしまえばそれまでだけど(笑)

 

これって色々複雑に考えなきゃいけないなかで、建築の使われてる工業製品の中で数字と規格を持っているもの、耐熱温度、熱貫流率、断熱係数、不燃、準不燃、って条件がま、あるんだけど、

 

薪ストーブのこのことを考えるのに足りてないんだよね。

 

例えば、断熱と遮熱は考え方が違う、とかね。

 

例えば、不燃物と耐火物は全く違うとかね。

 

それを整理しないとダメだと思った。

 

これは今年中だな(笑)

 

 

ただただ絶対にはっきりと言えることは、煙道火災は絶対に起こしちゃダメだ。

 

煙突の温度もここまであげると、断熱二重煙突の保温材なんてカッチンコッチン。

(まあここまで実際の煙道火災で温度が上がるかどうかは不明)

 

だからと言ってパウダーがどうのこうのじゃなくてね。パウダーのデメリットもあるからね。

 

 

やー、これからもやっていこう。カタログや資料に書いてある数字なんてやっぱり机上の空論だな。

 

愛おしいのはやはり現場しかない。

2017.03.22 Wednesday

WIFH

倉庫の整理をしていると、"ウォールナットの板" と "古いハンドル" が目に留まり、突発的にくっつけてみた、ピコタロウみたいに。あえていうならWIFHかね。

 

穴をあけてネジキリしてみた。硬いから切れるんじゃね? って感じ

 

 

キレイに切れるもんだね(笑)

 

あえてカドをピンピンに残してやった。

 

転がらなくてイイ。

 

キーホルダーもいいかもしれない。

 

 

こんなこと参考にしたらダメだ(笑)

2017.03.19 Sunday

美容室と薪ストーブ店は似ている。

美容室と薪ストーブ店は似ている。

 

前々から思っていたけど長くなりそうで、文章にするのが億劫だった。

 

 

仕事の "範疇" は、美容師もストーブマンも自分で決めることができる。

 

例えば、お客様と会わずにカタログで選んだストーブを新築につけるのを主にするストーブマン。

 

のような画一的な薪ストーブ店もあれば、、

 

沢山打ち合わせをして、ストーブも炉台も色々なものがある中からじっくり話して生活スタイルに合うように決めていく、、、しかもお客様のリビングは福山雅治にはなりませんよ、髪質が違うのと、似合わないと思う。ただ、こういう手はあるよ、、毎朝スタイリングしたくないなならこのストーブは立上りが早くてラクだし、この方法だと髪も煙突も痛まないよ(美容室とストーブがごっちゃになっている 笑)、、

 

 

みたいに、全てにおいて"最短ルートじゃないことをやる店"、、っていうの?

 

わかるかな

 

最短ルートじゃないことをやる店は、最短ルート望むお客さん自体に物足りなさを感じてしまうことはあるだろう。逆の立場だと鬱陶しいっていうの?

 

すげー超有名美容室の売れっ子美容師さんに、「丸刈りー」を注文するようなもんだ。

 

そのあたりは店と客の相性だろうね。というのは美容室もストーブもいっしょだね。

 

 

俺みたいに忙しくなってくると風呂場で文房具のハサミでDIY床屋しちゃう人もいれば、

 

煙突買ってきて、ストーブ買ってきてつけちゃう人もいる。似てるよね 笑。

 

だんだんメチャメチャになってきて、プロのとこ行くのが恥ずかしいのも、DIY煙突をプロに見せる時と似ているかもしれない。

 

腕のイイ美容師さんの世界も知っていて、なおかつそれでも自分で文房具のハサミで髪を切るのを選ぶのであればそれはそれで価値観ではあると思う。だいたい対極の事を知らず、お互いをネガティブに言い合うことが多いのはストーブの成熟してない世界の特徴かもね 笑

 

ウチは、とにかく最良の薪ストーブ生活のことを考えてしまう店なので、お客様がこだわってない部分にファイヤピットのこだわりが入っていたりはする 笑。

 

美容室や床屋さんも、俺はそういう人に切ってもらいたい、と思うようになってきた。さんざん風呂場で切ってるくせに何言ってるんだと言われるが、自分で髪なんてものにこだわりが無いから、間違いないヤツにフルオーダーしたいんだ。何も注文しない。俺の頭の形や髪質や顔の形や性格を見極めて自由にやってくれたらいい。そうしたら次は1か月後に来てよ、ってその人が言ったら行くな。俺もストーブマンとしてそういう店になりたいし、最終的には全まかせ(今でもまあまああるけど 笑)だね。

 

 

俺はこの年で髪があるとは予定外だったし、キレイにしてないと汚く見える歳にはなってはきたわな 笑。

 

誰かそんな人に出会いたい 笑。

 

2017.03.17 Friday

目を澄ませば

北海道も春っぽい。

 

大沼の現場に行くと、今まで何回も書いてきたけど春の気配に目がとまってしかたない。

 

春の色気 2015.2.27

 

モノトーンに光るオレンジ 2011.3.9

 

木々の顔色 2013.3.10

 

こう見ると毎年同じくらいに同じこと思ってんのね(笑)

 

たぶん来年もまた思うんだと思う。

 

 

 

これは女王、イタヤだね。

 

 

 

これはエンジュかな。

 

 

 

これはアサダか、カツラか。

 

 

しつこいけど、これらがこんなに鮮やかで生気に満ちているのは、春だからなの。

 

アオタモも凄かった。エダマメくらい緑だった。特に若い木が発色するんだよ。なんかわかるよね、自然の摂理っていうか。

 

冬はこの木々は全部生気を消して、灰色なんだよね。

 

色って生気なんだ。

 

鬱病になると色とか無くなるっていうもんね。

 

北海道は特に冬が厳しいから冬は生気を消し、春は喜ぶんだろうと思うよ。

 

 

目を澄ませば、色々なものが見えてくる春。

2017.03.13 Monday

どさんこワイドでチェックすること

おしさしぷりっす!!

 

今日 夕方ね、どさんこワイド(STV)に薪ストーブ界のイケメンランギング、第2位の加藤くんが出るらしいから見て!

 

イケメンランキングと言えば、、、なんで2位なのかって!? 嫌な予感がするね、、違うよ、そんなこと考えてないよ(笑)、、1位は誰かって(笑)? 1位は、ダッチウエストのS部長!! スタイルからしてガチのモデルみたいなんだよ。

 

札幌の加藤くんと言えば、、

 

最近もWBCで活躍中の筒香に似ているからそれ目線でどさんこワイド見てみて!

 

筒香 から ふてぶてしさをひいたかんじ。

 

 

加藤くんの場合、これにぱるる張りの"困り顔"の要素がプラスされるんだよね。

 

 

加藤くんと一緒にいると、実際色々な人が助けてくれる!!

 

まさに「世界を惑わす困り顔」って感じ!!

 

そんな加藤くんが、テレビで困っているか、助けられているか、ストーブの前で語り掛けるどさんこワイド、16:00頃。要チェック!!

 

2017.02.16 Thursday

岡田は許さない。

久し振り! (笑)

 

なんだか忙しいね!

 

 

焚き付けしててさ、これ火がそのままおがる(育つ)かなー、消えちゃうかなー、なんて時たまにあるでしょ?

 

 

この熾火にこの量の焚き付けでそれがちゃんと火が回るかなーーみたいなね。

 

その時の大原則は、「調子のイイ時はいじるな」だよね。よかれと思って空気とか色々いじってダメになる時はよく思う。あ、調子のいい時は触らないのが一番だったって。

 

これはサッカーによく言われることだね。チームが勝っている時は作戦やメンバーを積極的にいじらない、みたいなね。

 

薪を途中から入れ替えるなんてもってのほかでしょ。

 

だからカズは絶対に連れて行くべきだった。俺は岡田は今でも許していないしこれからも許さない(笑)

 

あれっ、もしかして、これを書きたかったのかもしれない。

 

書いたらなんかスッキリした。

 

でも許さないけど(笑)

 

ファイヤピットは大間原発と岡田カントクは許さない。

 

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.