<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.10.01 Monday

クリスピースターターの使い方

クリスタの反響も少し出始めた。
 

クリスタとデンマークだと、一時的な火力はデンマークに軍配が上がる。

 

 

長く燃えるのはクリスタ。

 

 

これを「どっちが火がつきやすいか?」という目線で比べるのは自由だけど、俺は好きじゃない。

 

便利を求めて俺達はこの数十年、退化してしまったんじゃなかった?

 

便利やそういう生活よりも それを使いこなす能力の方が尊いと薪ストーブや薪を通じてあったかいと一緒に学んできたんじゃなかったの?

 

ということで、クリスタで火が付きにくいと感じたら、それはあなたが悪いのだ 笑

 

何よりも楽しい"工夫"が足りてない証拠。

 

クリスタの着火性能は、必要にして十分。

 

この俺が保証する。

 

カド に火をつけるのがコツ。

 

 

 

そして、BBQで炭に着火したいと買ってくれる人もなんと多い。

 

ぜひこうやって火をつけて欲しい。

 

穴のあいた筒の下にクリスタを入れる(穴の開いた筒はどうするかって? しらん 笑)。で筒に炭を入れる。クリスタに火をつけて15分。団扇で扇ぐことも一度もなく、出る煙も最小限で炭は真っ赤っかだ。

この2行にも文章に入らない楽しいコツというか工夫がいっぱいある。そのニュアンスは永遠にネットから学べなくていい。

 

そういうの出来る男子のほうが女子は好きに決まってる 笑

 

世の中の便利と引き換えの 人間の退化を君の手で止めてくれ。

 

 

 

こないだやったんだけど、薪ストーブの中でキャンドルチックに火を眺めるのに使うのもこれはとてもいい。夏でも20分くらい火が眺められるよ。

 

で、そんなデンマークのランプオイル?が燃えてるのか、あのナイロンチックな透明なセロハンなのか、なんなのかわかんないのが燃えているのかより気持ちいいじゃん。

 

じゃ 笑。

 

2018.09.21 Friday

サヨナラ デンマーク。

ご報告としてこの事は熾壺日記に載せなきゃいけないと思う。

 

 

着火剤、クリスピースターターが出来ました。

 

 

動機は

「俺達外国のもんばかり売って外国に金払って(煙突は国産だけど)、着火剤ですらデンマークに金払ってんの?」

という当たり前の事に対する怒り 笑。

 

これ解決させたいと思っていたのはもう5年くらい前。

 

で、俺の試作はロウ(パラフィン)ではなくワセリンだったの。ワセリンまで行ったとこで、さいかい産業の古川隊長がそもそももう始めてるのを知る。

 

なあんだ(尊敬!!)

 

で、作業所と結びつき、なんとか商品化まで時間かかった。

 

で新聞に紹介されたので、それをご報告としてあげときます。

 

(クリックで大きくなります)

 

2秒で火がついて、10分燃えることを命題にして作ってもらったの。昨日、店のストーブの中で燃やしたら20分ゆっくりと燃えてた。まあこれ燃えるの見てるだけでも楽しいわ、扉あけてさ。

 

 

名前は昔クリスプってチョコフレークを固めたお菓子あったよね。

 

それみたい、っていうのと、

 

クリスピーってサクサクっていう意味で、サクサクスタートするっていう意味も込めてる。

 

 

 

売り先だよね。ウチだけだったら何百個も売れるわけじゃないからさ。作ることで終わるんじゃなく売れないと意味ないから。ココで満足してはいけないよね。

 

デンマーク製を売る利益を捨て、国内に仕事を作ること、顔は見えないけど誰かの生きがいを作ること。

 

そういう共感してくれるユーザーさん、販売店さん、連絡待ってます。地方発送ももちろん可能。

 

デンマーク製を捨てクリスピースターターにするだけで、毎日それに貢献できる100個1800円は高くない。

 

そして毎日がちょっとだけ素敵に生きている気がする。

 

 

函館市内での売り先は

ファイヤピット 函館市桔梗5-26-16  ✉ firepitあっとまーくncv.jp

 

ジョブサポート 函館市深堀町1-7   電話番号 0138-83-8018

 

 

さよなら。デンマーク。

 

 

 

2018.07.17 Tuesday

熾壺日記の終活

お久しぶり。

 

ティレリ終わった時から書いてなかったのか!

 

元気だよ、心配したかい、ごめんよ。

 

今、いったん熾壺日記を閉めて、発信場所として新しい媒体を考えてました。

 

新しい媒体は、新しいブログなのかな。、、、違うものかもしれない。わからない。名前と場所を変えるだけかもしれない。

 

いったん閉めたいと思っている理由は、いくつかあって、自分が作った枠(熾壺日記)みたいなものの中で納まる話がもうない 笑。

 

そこを壊していくのはこの枠の形や色はこの枠で十分に好きではあるからさ、ちょっと億劫なんだよね。

 

前にも書いたけど、書くことはその時々の自分に決断を下すことであるが故、こんな雑記でも自分の気持ちが文字になったものたちであるわけだし。今でも自分でも大事に思ってて。

 

ただ、発信しなきゃいけなないとか、書きたい、とかは書いてないくせに超あってさ 笑。

 

 

薪ストーブの事しか書かない、

今日はこんなストーブをつけてきました、みたいな事柄だけで気持ちの乗っていないものはいらない、

同じ気持ちは二回と形にしない、

自分の店の直接的な宣伝の場にしない、

アフェリエイトはしない、

ことにこだわってきた熾壺日記だったけど、

 

次はその枠も違う色とか形になるんだと思う。

 

 

まあコッチでやり残していることも少しあるから新しいのが出来るまでボチボチ。

 

換気のとか約束したしねー。

 

 

じゃまた。

 

2018.04.19 Thursday

ノーメイクがいい。

煙突は壁ではなく、屋根が基本は何回も書いてるよね。

 

そして、煙突は黒のメイクを塗ったくった塗装ではなく、実はノーメイクの生地色がおすすめ。煙突はスッピンでも実は全然イケる。

 

何故って、考えてみて。煙突に使われるステンレスという素材はランボーに言うと塗装できないんだよ。

 

塗装できるなら、クルマってステンレスで作りゃイイじゃんね。シャーシとエンジンは大丈夫なのにボディがダメで廃車にしなきゃいけなくなるクルマが沢山あるのにさ。

 

っていうか少なくともトラックってステンの無塗装でいいけどな、全て。

 

この車のように。

 

 

 

住宅の寿命は間違いなくこれから欧米並みに近づいていくなかで、今がイイ より、50年後、100年後のイメージがもし最初からあったら黒塗装の断熱二重煙突を外煙突で設置するのは違うと思う。

 

デンマークみたいに、家の中にブリックで作るだろうね。

 

 

 

最初はよくても、黒がチョーキング(白く粉ふく事)したり←メーカーは保証しません! 、こうやって自然に剥がれてきたり、いっぱい見るでしょ。

 

最初から生地がイイです。

 

またなんていうか、外国にある家って生地が似合うんだよね。

 

(加藤くんとエストニア行ったとき泊まったアパートメント)

 

 

 

生地は汚れも取れるし傷もつかない。

 

より恒久的。

 

おすすめです。そういうオーダーあまりないけど笑。

 

 

2018.03.06 Tuesday

雪の話題は最後

函館の累計降雪量が観測史上の新記録ゾーンに突入した。まだまだ3月いっぱいは降るからね、どこまでいくか。

 

っていうか、納得だ。この冬が新記録じゃなかったら、この冬がもし例年よりちょっと多いくらい、とかだったら、やだよ。

 

住めない(豪雪地の皆さんすいません)。

 

 

ウチの作業場からシバレが緩んできたせいで、車が埋まるようになり、表面のモサモサしたところを0.2のユンボを借りてきて20センチくらいスキトリした。

 

全面氷が出てきたところで(ヒラ爪のユンボでは全く歯が立たないガチガチ)、この氷、、何センチくらの厚さがあるんだろうと、ピックで穴掘ってみた。

 

そしたら氷が25センチ厚もありやがって、、、

 

 

ワカサギが釣れるのかと思ったわ笑

 

この100坪×25センチの氷が全部溶けたら、地球の海面が、、、、

 

どこかの国の面積が、、、

 

 

もう3月だ、あがくのはやめよう。在庫の数百個のレンガも雪の下になっているけど、いつかは出てくる。太陽が溶かしてくれるのを待つしかない。倉庫の窓も完全に雪でふさがれてちょっと暗いけど、、太陽が溶かしてくれるのを待とう。

 

 

待とう、なんて言ってるけど、雪で置き場に薪を取りに行けないので、薪があんまりない。

 

薪が足りないお電話もチラホラいただいた冬だった。

 

 

いろんなこと雪のせいにして溶けてもらってちゃんとしよ 笑

 

2018.02.23 Friday

青森県民は引っ越さない。

函館の今年の雪の多さは、まさに"記憶にない"くらい降っていて、雪かきに物凄い時間を使っている。

 

当然道路の雪かきなんかも行政は追い付かず、市内はどこへ行くにも大渋滞を強いられる。

 

まあ、一日一個のことしかできないって感じ。

 

毎年これだけ降るのが普通だとしたら、たぶん家の作りも道路の作りも違うと思うけど、

 

まず、こんな辛い思いせずに引っ越したいって思う 笑

 

まあ、自宅の敷地が特殊で笑、それが悪いんだけど。。普通の住宅の10倍位の雪かきはしてると思われる。

 

いくら体力があっても、時間は有限なのがキツイ。

 

 

でもこんなに降った函館よりもっともっと降る青森県民は引っ越さない。陸で繋がってるから自由に行けそうな気もするけど。俺達は海で阻まれてるし、上はもっと悪い気がする 笑

 

何かっていうと、気構えなのかね。気持ちの準備。

 

 

雪かきしながら「青森県民は引っ越さない」って思いながら頑張ることにしてる 笑

 

 

薪置き場の薪に雪で全く入れなくなってしまった。あと2.5m3くらいしかない。早く溶けろ。早く春になれ。

 

 

 

2018.02.18 Sunday

美の壺みた。

草刈正雄はしかしカッコイイね。

 

 

見た。美の壺、薪ストーブ。

 

まあ取材してるNHKがそもそも薪ストーブ暮らししてないから仕方ないし、全く掘り下げないNHKが悪いと思うけど、日本の今のレベルを映し出した、って感じだった。

 

つまり、、しつこいけど笑、

 

鋼板は冷めやすいとかオーロラとか、薪ストーブでピザで。

 

これらは10年前からいやそれ以上前からあって、10年間ずっとこれを繰り返してる。

 

このままだとそれになってしまわないかい?

 

俺だったら「そんな切り口やめとけ」ってNHKに説教して取材が終わるわ 笑

 

全国的に言うと物凄い勢いで薪ストーブの設置台数っていうのが減ってきていて

 

いろんなモノを捨ててきたみたいに薪ストーブはやっぱり日本に根付かないかもしれない。

 

 

こんなにいいものなのにな。

 

 

2018.01.20 Saturday

文春を買うな、薪を焚け。

ストーブマンの立場から言えるのはタイトルみたいな事しかないよね。。。

 

こないだもウーマンラッシュアワーが漫才を使って言ってたじゃん。

 

そんな話題より大事なものがあるって。

 

30年前、俺が17歳の時っていう遥か昔にだってエコーズも言ってた。

 

あふれるゴシップ ぼくらはだんだんやなやつになっていく 電車にはられた広告が その日の話題じゃ寂しすぎる

 

ってさ。

 

 

例えば薪ストーブも、イヤな面を見ようとしたらいっぱいある。薪つくりなんてめんどくさいかもしれないし、運ばなきゃいけないし、自動で火はつかないし、失敗したらタールや煙道火災につながる。

 

 

だけど、イイところを自分が享受する準備ができていれば、こんなに最高なことはないのは焚いてる人はみんな知ってる。

 

イヤな事や失敗を笑うのは簡単。誰だって出来る。

 

でもそれを続けてもその先に単純に幸せは無いよね。

 

国全体がそうなってもさ。

 

 

コムロ世代じゃないので、90年代の曲は殆ど聴いたことは無いけど、中学から知ってるこの曲には随分助けられた。

 

 

と思ったら作曲岡村靖幸だった 汗 

 

コムロさんだって色々な楽曲でそういうものを人に与えただろうにそっちがフューチャーされた引退であってほしかった。

 

 

薪を焚いて、

 

イヤなとこを受け止めつつ イイとこを愛することにパワーを使う。

 

その先にはきっと幸せがあるって俺は信じれる。

 

 

2018.01.13 Saturday

ドカ雪

このドカ雪、、、

 

昨日桔梗の雪かきだけで、マジで1日やってた。それでも倉庫100坪は手をつけてない!!!(諦めた)

 

雪の無い静岡県の写真を見ながら引っ越したくなった 笑

 

俺達って雪に関してすげえお金使ってるよね。

 

除雪機、スノープラウ、除雪機2、ママさんダンプ類、タイヤ、、

 

 

反対に雪が無くて困ることって何だろう。

 

何も無いような気がする。

 

15年前独立した時、現役終えるまでケガする恐れのあるスキーとかはやらないって決めてるからスキー関係ないし。

 

スキーやらない大人が雪でできること、、、、、

 

 

サッポロクラシックを雪で冷やすことくらいじゃね?

 

 

2018.01.04 Thursday

スイッチは作業着

あけましておめでとうございます。

 

年々、正月っぽさが消えていく、いいのか悪いのか。

 

ね。

 

 

 

休みから、働くモードにスイッチを入れ替えるのは間違いなく作業着だ。

 

薪ストーブ屋さんは、中途半端なカッコで作業してるやつが多いけど 笑、俺はもともとずっと作業服なんで、そういう今までと違う感じ? のオシャレな感じで作業しちゃうのもいいなと思ってた時期もあったけど、無理だった。

 

全然それだと着てるもんに気を使ってしまって、気になって、集中できず、、乗れない笑

 

日和祭りも、設営手伝いとか片付けとかするんだけど、まず、靴とか違うし笑、、、全然働いてない 笑

 

その点、作業服が俺に許す心屋先生的に叫んでもイイことは

 

「俺は潜ってもいいんだ!!」(床下とか天井裏に) だし、

 

俺は掘っていいんだ!!」(穴掘るってことね 笑)だし、

 

「俺はウンコついてもイイんだ!!」(実際汚水処理の仕事してた時はそんなこともある)だし笑、

 

薪ストーブ屋はそういうハードな事無いけど、ドロドロとかゲジャケジャとかベチャベチャとかグジャグシャとかヌタヌタとかで仕事してきてるのでどうしてもそういうスイッチが必要なわけよね。

 

そういう仕事の人達は言葉を持っていないので、何かわからないだろうけど、いつかそういうのを言葉にしたい、文章にしたいって、五年前からずっと思ってる。

 

話は逸れたけど、

 

 

背筋は伸び、風邪っけなんか吹っ飛び、勇気と力を得る作業着。

 

 

 

 

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.