<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.12.25 Sunday

トリコノートのノート

富山に工事に行くにあたって、"北の煙突掃除人集会"から仲良くさせていただいている地元の薪ストーブ屋さんの協力を得られたからというのが超心強かった。(ほかにも静岡の伝兵衛堂さんにもご協力いただいています!)

 

と言えば硬いな(笑)、、、

 

いつも一緒にいろんなアイディアを企んでる、って感じかな!

 

その薪ストーブ屋さんの名前は富山のトリコノート

 

ウチ、、アイディアだけはなかなか負けないんだけど(笑)、、完全に負けている(笑)

 

沢山のストーブ屋をすべて見ているわけじゃないけど、俺がかねがね色々な意味で最高だと思っている薪ストーブ屋さんがトリコノートさん。

 

っていうか、ここの店はそういう称号さえただただ陳腐。

 

ここの売ってるものは根っこが違う、なんだろ、うまく言えないんだけど、同じストーブ屋でも、

 

この木と

この木ほど違う。

 

………。

 

全然うまく伝えられねえ(笑)!!

 

 

薪ストーブのカスタム、修理、工夫、、技術、考えてることがいちいちスゲーって言っちゃうの(笑)。

 

だからと言って、"楽しい企みやノウハウ"を全面に出して売っているわけでもない。それを安直に語ることは絶対しない。

 

それはユーザーのあったかいと笑顔の為にさりげなく当たり前に使われている(そこいらへんがカッコイイ)。

 

生活と薪ストーブ、そして雑貨がバラバラじゃなくて一体になって薪ストーブのあるワクワクする暮らしを体現しているお店は、すべてのユーザーではなく、すべての薪ストーブ屋が勉強するべき。SNSで発信する"やってる感"とか、、どうでもイイ。

 

 

富山のみなさんはトリコノートがあっていいなあ、って思う。

 

 

名前もいい。

 

ファイヤーなんとかとか、ウッドなんとか、ありきたりでお洒落じゃないし、浅い!(ウチがまさにそれ 笑) 思慮の深さが仕事に出てる。

 

お互い音楽好きっていうのも。

 

また柴さんといつか企もう。

2014.02.26 Wednesday

二股デレキと、ニセコのゆぐち(韻踏んだつもり)

先日、北海道リンクアップ ニセコ支店の湯口くんが来た。

F-15って何キロで飛ぶと思う?

燃料ってなんだと思う?

おもしろすぎねえ? こういう話。

湯口くんも札幌のブログで書いてくれてたけど、、

やっぱり写真の上手な人が撮るとすげえね。

で、注目されてた二股デレキ。


この長さと、
フタマタの幅にこだわって作ってもらってる。

ま、これだけでいいでな。
ツールセット売ったこと殆どない(笑)

フック付で6800円、素敵。

欲しいもんかな? 通販基本的にしてません、面倒で(笑)


ニセコの湯口くんは、すごいテンションの高い人で、俺は聞き役で聞き疲れるんだろうな…、
と思っていたら

話し疲れてた自分がいました(笑)
 

2014.01.30 Thursday

珈琲の川崎さん(笑)

そんなネタいらねーか(笑)

こないだチルチンびとの話したでしょ

それで焙煎機の排気温度やファンの制御の打ち合わせをしてたときね、

また名言言ったよ(笑)

珈琲って豆に"カッピング"とか"カッピングコメント"、ってあってさ、

結構珈琲と関係のない?のがあるのね。とてもよくわかるんだけどさ、シトラス、とか、スパークリング、とか、いやとてもわかるんだけど、まぁ、特別に舌を持った輩が眉をしかめてこそわかる、味を言葉で表現したものだよね。ワインのもそういうのあるね。

買うほうは、目安になるよね。



川崎さんはさ、

「カッピングの為に焼いてるわけじゃない」

って言ったね(笑)

誰かの言ったなんかに似てない!!!??(笑)

しびれたね。

こういう人が焼く珈琲飲みたいよね。

カッピングコメントがおいしいわけじゃない、豊かな気持ちにさせてくれるわけじゃないからね。

物事全て、建前と本質とを見直す、素晴らしいコンセプトになってきたわ(笑)

例えば住宅だとさ、Q値に住むわけじゃない、家に住むんだ、になるし、

車だと、なんだと、って全部当てはまるよね。


数字やスペックの先に本質がある、ということを省略していると、一番大事なものが何だかわからなくなってきているような気がする。

2014.01.28 Tuesday

湯口 公

先日の薪ストーブを語る夕べの仕掛け人、北海道リンクアップ ニセコ支店の湯口 公さん、を…薪ストーブ界に…紹介しようと思う。



とにかく、変わった人だ(笑)

写真も素晴らしいから見てみて。



湯口さんの ALASKAN BUSH FLYING

経歴とかはさ、リンク見てみてね(笑)

でもこういう人が近くに居ると、こういうことが聞ける。まだ聞いてないが。

「F-15ってさあ、速ええの?」

とか

「ナショナルジオグラフィクスに出たときって、なんぼもらったの?」

とか(笑)

「F-15に乗るヤツって、なんぼもらってんの (金の話ばかりやん 笑)?」

とかさ(笑)

いつか聞いてこのブログにアップするね(笑)

本もとてもよかった



もしこの人と会ってなくこの本を手にしてたら、

この人憧れの人だったと思う。。

でももう読む前に会ってしまったからもう憧れれない(笑)

これからも憧れないでいよう(笑)

ただでも濃すぎてゲップ気味だったグループに、またとんでもなく濃い人が入ってきたもんだ…(笑)

ニセコエリアで薪ストーブ関係のことなら! 英語が堪能なので外人の方もOK! (外人さんこれ読んでねえな)

北海道リンクアップ
ニセコ支店
湯口 公
お問い合わせメール
nisekostove@gmail.com




スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.