<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.07.04 Monday

地震で煙突が外れたら。2

早速 昨日書いた通り、斉田さんの提案の実験をやってみた。

 

知りたかったことは、ガンガンに燃えているストーブの口元から突然煙突を外したら、だね。

 

有志に事前にどうなるか予想してもらった。

 

「ゆるやかに燃え続ける」とか、「10秒で消える」、「10分で消える」、色々な意見が出ました。

 

ストーブはいっぱい入れて焚きつけて、熾火になったところで広葉樹の薪を3本入れて、15分くらい焚き上げた一番イイ感じのところ。着火からは40分くらいかな。

 

で、結果を時系列で文章にすると

 

1 煙突が外れる

2 燃えていた火が空気を絞ったような燃え方になる。(大嫌いな、いわゆる"オーロラ"みたいな) 25秒

3 火がだんだん弱くなる(ここまではものすごく煙は出ていない) 30秒

4 火が消える 45秒

5 消えたとたん、真っ白な煙がいっぱい。(くさい)

 

で、また煙突つないだら火になったんだけどね、、

 

この小さな実験で分かったこと。

 

 

1 地震の時、煙突とストーブは完全に外れるべきではない。炭化水素ガスでも、熾火のCOでも、いずれにしても死ぬと思うし、家の中にニオイがついたら、、家は大丈夫だったとしても、2度と住めないと思う。

 

2 煙突とストーブは外れるべきではない、とすると、耐震、免震、色々考えがあると思うけど、「ずれない、コケない。」が基本的なものになると思う。縦型ストーブの上が重たいバランスの悪さ、4本脚ストーブの脚と本体の固定方法、強度、どっちとも今のところ、日本の地震に対応してはいないと思う。

 

3 震度7で壊れない家と同等の強度の煙突が必要。

 

(ここまでで、これをクリアする方法が1つ思い浮かんでる。)

 

ってまだまだ色々あると思うけど、断熱二重煙突も、どこのやつが揺れに強いのか。とか、強度のある煙突囲いの作り方とか、ナナメ天井+煙突囲いみたいに強度の無いものとか課題は山盛りだ。

 

やっぱり煙突は耐久性安全性などの必然事項で優先されて設計されるべきで、

 

カッコイイから、とか意匠的にとか、、、言ってる場合でなくなったのは、2011と今回の熊本が警笛を鳴らしたのかもしれない。

 

大工、斉田さんも 雰囲気より命 、って言ってるね。

2016.07.03 Sunday

地震で煙突が外れたら。

千歳の講習で熊本のくぬぎの森の松村さんの地震の話を受けて、

 

大工の斉田さんの発案で、大掛かりな実験設備ではないけど、これくらいのことは俺たちにもできるんじゃないか?

 

と妄想を膨らました瞬間、やらなければ気が済まないのが、、、

 

これまた俺らのいいところ(笑)!

 

明日こんな実験やります。

講習中にも言ったけどおれら、ヒマじゃないから(笑)  絵もかいてるけどヒマじゃないからね。俺2分で書きますから、こういうの。

 

何かな、って言ったら情熱(笑)

 

台車に乗せたカンカンに燃えさかるF400をリーバイス並みに馬で震度、、ロクからナナ、、くらいの横揺れを表現して、煙突が外れたとこでその経過を観察する。結果はまた絵で報告するわ(写真とか動画でほしいでしょ 笑)

 

こういう実験は 東京ストーブ(講習で知り合った 笑)ではできないよ。名前がぜってーできないもん(笑) 事件だよ。

 

馬がまずいねえ。

 

いや、北海道だからといってここにもいない。

 

まず、馬探してきます!

2016.07.02 Saturday

大地震起きる前提、起きない前提。

今日は、みなさんも地元に着いたんだろうね、、みなさんよりたくっさんのお礼の電話、メール、でわざわざありがとうございました。

 

意見もあったらぜひ聞かせてね。こういうのやってほしいとか、こうやったらどうか、とかもね。ここに来てくれよ、とかね(笑)。昨日早速"1種換気"がもっと聞きたかったっていう意見をもらって確かにそこから逃げたな、と参考になった。

 

いや、3種の対応の応用になるところがあって考え方が混同する恐れがあったので逃げたかったっていうのもあった。

 

はい、どんどんください。

 

 

講習会の中に先日の熊本の地震でのレポートをそれこそ南阿蘇のくぬぎの森 松村さんにやっていただいたのね。20分くらい。

 

大地震が起きない前提。

 

起きる前提。

 

震度7で今の建物は壊れない、ストーブは壊れる。

 

全ては地震の無い国のモノを組み合わせてできている。

 

足元をひっくり返されるような内容でした。

 

日本のストーブ文化がひとり立ちしていく今からの過程の中で、絶対にクリアしなければならない課題が必然になった、って感じ。

 

起きる前提でいかなきゃいけないね。

 

全く手を付けてない分野だもんね。。。

 

貴重なレポートありがたかったです。

 

頑張るぞ。

 

 

しかも、熊本のお菓子は、、黒糖好きの俺からすると、なまらうめー、これ。

 

これは函館では食えないね。

 

日本語で押して押して押しておいて、最後「NEW STYLE DONUT STICKS」って外人になるところがキュートなパッケージ。

 

熊本にも行ってみたいね。。。暑くない時期に(笑)

2016.04.24 Sunday

地震は起きると想像してみる。

2011.3.11から5年、また大きな地震が起きましたね。

色々なニュースが飛び交う中、僕が応援しているボランティア、福岡県の木下さんをはじめとする色々な勇気づけられるようなニュースが溢れなければ、定期的に大震災が起きる機運でなんか滅入ってしまう。

で、一応、函館近郊にも活断層とかあるのかな? って調べると、ちゃんとある。
ここ5万年で3回、大きく動いていて、一番最近のは14000年前らしい。まあ、しばらく動いてないからこれから30年の間の直下型の大地震が起きる確率はなんちゃらだけど、そりゃ動く可能性があるっちゃあるってことで、そうなると俺の住んでいる地域も震度7だって。



今回の熊本と同じだね。

自分の家が震度7で壊れるか壊れないかはわからないけど(たぶん壊れるんだと思う)、ウチみたいな仕事をしているところは有利な面は沢山ある。
まずは真冬でも暖房は確保できるし(家、倉庫、店と薪ストーブがついているところが何か所もある、全部はつぶれないと思う)、標高が高い(100mくらい)なので津波はきっと大丈夫か。夏でも乾燥薪は潤沢に持ってるし、井戸もあるし、それを動かす発電機もあるし、農家さんの友達はいるしね。田舎だから助け合いの気持ちもあるし、山に行ったら食えるものいっぱい生えてるし、海にはイカが泳いでるしね(笑)
非常食は、たとえ用意しておかなくてもなんとかなる雰囲気に溢れている(笑)

もし何か起きたら助けるほうに回れると思う。


薪ストーブさえあれば有事の時大丈夫、なんていうつもりはないけど、暖房や煮炊きに使えるのは大きい。

使えるのは大きいどころが薪ストーブで土鍋でメシ焚いて、なんか汁煮込んで、なんか焼いたら、、、普段より美味いメシになってしまう(笑)

それはきっとすごい活力や元気につながると思う。

しかもあったかい。


これを機会に自分のうちが災害に対してどれくらいの耐力を持っているのか、考えておいたほうがいいね。

2012.03.11 Sunday

屋根の上

一年前 3.11、2:46。 あの時、屋根の上にいました。

今社員になったオサムくんをつれて煙突掃除をしてた。

一年たったんだなぁとしみじみ思う。

3.11からの一ヶ月くらいの自分のブログを久々に読み返したりもしてみた。

テレビで凍えた当時の被災地が映るたびに、もっと早く行けなかったかなぁ、という思いになる。

そうしたら、もう少し役に立てたかもって。。。


日々のスピードに流されてしまうけど、今一度、被災地支援のことについて、考えてみたいと思っています。

2011.11.14 Monday

親方、再び陸前高田へ

頓挫して限りなくうやむやな"陸前高田の薪割り"を なんとかしようと一番動いてくれたのが、間違いなく名古屋の"親方"だ。

ピースデッサンの社長。

社長というより、親方という呼び方が限りなく合う、目ヂカラの強い、インテリジェンスのある、職人。


親方がヤルキキャンプとくっついて、現場にあまった薪はヤルキキャンプが片付けた。

ヤルキキャンプはすげーよ。結果的にボクらは何も出来なかったね…。

その親方が今、ヤルキャンのとこに向かおうとしています。

支援という気持ちを継続的に持つ、継続的に行動に結びつける、

親方の行動はただそれだけのこと、という感じでサラリとやろうとしていますが、名古屋という地理的に凄く離れたとこからのサポートは本当に本当に大変なものです。

親方とヤルキャンをサポートください。

お願いします。

ボクも必ず、陸前高田に行きます。



以下 親方のツイッターより。


陸前高田ヤルキキャンプ支援物資は、皆様の地元ご自慢の物も御遠慮なくお送り下さい。私の物資は猝A梗儿みうどん瓩任后

ヤルキキャンプ支援物資御協力のお願いです。パスタ、小麦粉などの乾物。大根、ニンジン、イモなど根菜類。レトルト、フリーズドライ物(カレー、シチュー、スープなど)。缶詰。
送り先→陸前高田市米崎町字脇ノ沢33ー1ヤルキキャンプ集会所宛

2011.09.20 Tuesday

イベント二日目終了

二日間雨に降られ 曇り空が晴天に見えた二日目は初日を軽々と越える盛況ぶり、約700人の人出がありました。

みなさん本当にありがとうございました!!

二日間きてくれた方も沢山いたね。


やはり、こういうものの醍醐味は何人かの大人の気持ちがひとつになる事に尽きる。
簡単に大きな事を動かしてしまうよね。

各店舗、メーカーの精鋭が集まった今回のイベントはどこを切り取りしてもめっちゃ濃いです

自分自身も札幌のお客様と接客させていただいて楽しかった!
言葉が函館と全く違う(笑)

今日これから薪ストーブ20台以上を人力で搬出して帰路につくけど、密かに満足度も高い(笑)、みんなそれぞれそうだろうけど自分でなければできない仕事を沢山した満足度なんだろう(笑)。しかも働きは地味(笑)
自分らしくてよい。

こんなにも函館を空けるのは無いので帰るの怖い(笑)、イベントよか忙しい日々が待ってる気が

頑張ります(笑)



頑固親父さんのブログに一緒に撮って戴いた写真が載ってます、見てみてね!

2011.09.18 Sunday

イベント第一日目終了

約500人の来客がありました、しかも終日、雨。

スタッフはびしょびしょ


寒すぎる!!

札幌のイベントにもかかわらず、何人もの方にブログ読んでます、と声かけて頂き嬉しかったです


明日も頑張ります

2011.09.17 Saturday

薪ストーブ日和祭り

2011091716310000.jpg
準備初日はまさに怒涛でした。

ご飯を食べ蚊が居るトラックの荷台に寝床を作りました。

明日10時オープンです

皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています

2011.09.03 Saturday

あの薪

微量な放射性物質が検出されたという、"あの薪"、何本か持ってきたので、ウチにあります。

ボクはこの薪は全く、怖くないです。

沢山切ったし、沢山割った。そもそもこれが怖いんだったら東北に行けないじゃん。

何も出来ないと思う。



放射能って、知らないうちに被爆して、ずうっと後に病気になったりする。

放射能ってそういうものだね。

それは凄く、凄く怖いことだよ。


ボクは今回のことを通して原子力発電に関して、はっきり、反対だと思いました。

大人は出来ないことを闇雲に反対するな、と思うので、じゃあどうするのか? という答えは、

北海道は、少なくとも暖房で使っているエネルギーというのは莫大。

それをどんどん電気から脱却しないとダメだな、と思います。それだけじゃ足りないけど、ちゃんと考えることがおのおのに必要なことだと思う。


電気温水器や蓄熱暖房機の人は、例えば国の方針として、原子力から脱却する事になって、

深夜電力割引を電力会社がやめると言った時、「困る」、って言うでしょ?

それが、電力会社の思うつぼなんだって

販売促進費払って(今は止めたけど、30万くらいもらえてた、オール電化の家建てると。)オール電化の家を一時期ガーーーンと増やして

一般市民を見方につけた。


オール電化の家のみなさん、原子力に反対ですか? 賛成ですか ?


スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.