<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.09.15 Friday

薪ストーブを目指したい。

ウィキ先生によると、人類が火を使った痕跡で最古は170万年前らしくって(落雷や山火事による偶然の火)

 

俺の記憶によると、灯油が全盛を極めようとしたのは40年前からだ。

 

170万年前から自分で火を起こせるようになるまでだいぶかかったけど、

 

加熱調理ができるようになって植物を栄養として取り入れれるようになって一気に進化したとか、なかなか興味深いことがかいてあったよ。

170万年まえを元旦として、

 

今この瞬間を一年として計算すると、

 

人類が火を使わなくなった40年前は、12月31日の23時49分くらいにあたる。

 

冬も春も夏も秋もずーーーっと火を使ってきて、火とともにあって、紅白みて、その後火を使うのやめたわけ。

 

今まで地球上に生まれた人類のオールキャストからすると、

 

火を使って生活していない人が超マイナーな存在ということになるね 笑

 

北海道でも俺みたいな薪ストーブ暮らしは「えっ薪ストーブなの!?」って言われるけど 笑

 

なるほど、そりゃ火が気持ちよかったり、独特の癒しを感じるのは当たり前のことだよね。犬だって猫だって知ってる。

 

そんな昔から生命の維持に近い関係にいた 火 。

 

今ではめんどくせえ、って思う人もいたり、炭ですらうまく起こせない人もいるじゃん!!笑

 

真剣に生き物として進化なのか退化なのかわかんない。

 

薪ストーブ暮らしはいいよ。歴史やDNAが証明していることをわざわざ言うまでもないというのを日々感じる。

 

北海道みたいに寒い国の人々はまず薪ストーブを目指すようになってほしいなあ。

 

2017.09.13 Wednesday

かわいい

北海道は火が入ったね。

薪ストーブ界で多分一番有名な人、ファイヤーサイドの社長、ポールさん。

 

会ったことない人も多いと思うけど、カタログで斧ふってたり、料理してたりするのはみんな見てるでしょ。それ見てどういう印象持っているかわからないけど、

 

実物は、なんていうか、かわいい。

 

俺もカタログを見て"かわいいな"、なんてもちろん思っていなかったけど、実物はかわいいのだ。輸入元の社長さまにそんな表現失礼だけどね笑、、

 

札幌のイベントで、実際薪割りのデモをして割れて無邪気に喜ぶポールさんを見てギャラリーから「かわいー」という声を耳にした。

薪ストーブ屋、ってなんかどっかかわいくないとダメだな、ってイベントで色々な人を見て思った。かわいいってなにかな? 何もジャニーズ系だとかってことでは全然無くって、"とっつきやすい"って意味合いも持ってるね。キンコン西野さんもブログで言ってたけど、最後は "愛嬌" みたいなね。

 

女は愛嬌っていうけど、男も大事だな、って思うよね、ああいう天性の人見ていると。

 

社長、ってそういうの持ってる人多いかもね。俺、お喋りだけど愛嬌はねえもんな。でもこれって途中からどうにかなるスキルでもないからね。

 

薪ストーブ日和のメンバーは札幌をはじめかわいい人多いね。唐牛さん高橋さん加藤くんなんてみんな持ってる。メーカーの営業さんはどうだろう。

 

うーん 笑

 

京都のM本さんは演出された計算されたかわいさ 笑

 

埼玉のF島さんはかわいいのは見た目だけ 笑

 

 

言いたい放題だな。ポールさんとか日和メンバーとか言ってるけど、俺はメトスのN尾さんはびっくりした。

 

そんな話かい! 笑

 

 

2017.09.12 Tuesday

ポジドラ

久し振りに工具の話でもすっか。

 

 

出荷前メンテナンスで、いろんなこと考えながらイジるんだけど、ヨーロッパなんかのストーブはなんか座りが悪いなーなんだこれーなプラスネジが使われていることがある。

 

なんのことはない、今となっては「あれっ これって"ポジドライブ"じゃん」って、JISと違うポジドライブいう規格でってわかるけど(知らない人も多い)、、

 

JISの#2とか#3とか日本の普通のプラスのアタマと違う規格なわけで、ネジの作りが甘いわけではない。

 

だから座りが悪い。

 

(こーゆーふうにナメるくらいなら6角に変えたり、ネジに変えたりする。ドア回りはセラミック系の耐熱グリス使用)

 

で、俺薪ストーブ屋はネジがナメるあの瞬間が大嫌いなので笑、俺はガラスのネジなんかは6角ボルトに変えたりする。ポジドライブのドライバーももちろん持ってるけど、6角アタマにはかなわねえだろうと思って変えたりするけど、せっかく買ったポジドライブのドライバーやビットは何のためにあるんだろうと工具箱の隅で肩身の狭いおもいをさせている、、、というよりは、、、

 

プラスよりナメずらいのに、なんか信用できねえ 笑

 

ポジドライブでも普通のプラスでも座んないやつすわんないし 笑

 

 

っていうか、プラスぐらい世界共通にしろや。

 

 

 

 

2017.09.09 Saturday

書くだけと積むだけ。

取説、、始まってきたね!

 

やっぱり火が入ると、ストーブとか家に命入った感凄いね。

 

 

 

ところでこの現場、始まりはこれ笑

 

いつもの妄想独り言イタズラ描き。

 

そして、臥梁の古材を入れるアイディアはボツったんだけど笑、、、出来上がったのはこれ

古レンガはいいね。

 

 

積んでいる時、紙で書くのは簡単だ、と思う。

 

アタマをひねらせている時、あとはは積むだけじゃねえか、って思う。

 

まあ両方自分だから気持ちのぶつけようもないんだけどね笑

 

2017.09.08 Friday

デナリ大滑降

今年の祭りはなんかソワソワした。

 

協会の青年部の立ち上げが控えていたこともあったけど、

 

イベントが終わった日曜の夜九時にNHKスペシャルで「世界初 極北の冒険 デナリ大滑降」が放送されるのが決まっていた。僕ら身内の間でもクレイジージャーニーやその他でこの冒険に佐々木大輔氏と一緒に札幌の狩野くんが(写真一番右) が同行しているのは話題になっていたしね。

 

イベント前日設営手伝いで会場に入るとひと段落した時に俺、ストーブの絵にパステルで色塗ってたんだ。

 

そん時狩野くんとちょっと話ししたんだけど、

 

リラックスしてニュートラルに、わかりやすく、言葉は最小限で話してくれるんだけど、、

 

あれ以上の冒険はないことや、自分のピークや死について、、、、。淡々とにこやかに強い口調も誇張も思惑もなく言う姿にシビれた。なんていうかリアルが伝わりすぎて。

 

俺は冒険家じゃないし死と常に隣り合わせの仕事をしているわけでもないので、狩野くんや佐々木さんの冒険はNHKで見るだけで充分だけど

 

あの壮大すぎる雪山の景色と経験を持っている人がいるってことだよね。

 

 

 

俺はストーブマンらしく、煙突掃除人らしく、俺の見られる景色を見よう。

 

(湯口さんに声をかけてもらって来場した佐々木大輔さんにイベントTシャツにサインをいただいた!)

 

狩野くんとのダブルネームにしたかったけど、狩野くんに頼むと、、

 

「サインないよ」。

 

ホント、、シビれるな笑

 

 

2017.09.06 Wednesday

"20台" と "未来"

先週土日の札幌盤渓で行われた第七回日和祭りからのそのまま函館に戻らず東京に行き、

 

灰色の喧騒から、色彩豊かな北海道に帰ってきた笑

 

五感がよみがえるわ。

 

 

5泊6日だったので、イベントの他のコンテンツは他の人に任せて、自分のことだけ書くか笑

 

いやだっていっぱいありすぎてかけねー。

 

イベント初日の午前の部。

「私の身体を通り過ぎていった20台のストーブ達」

 

自邸に設置したことがある約20台のストーブ達が、その特徴、性能が、同じハコで、どう作用するか、というお話にまつわるイロイロ。

 

(ホントに今年から顔出すんだね笑)

 

なんか、絵が思ったよりみんな喜んでくれて笑

 

書いてるとこ見せたいくらい時間かかってないのにさ。

 

 

いやーこれ楽しかったね!

 

話してる俺も楽しかった! 新ネタなんで一日目と二日目全然違うかったけど笑。一日目が質問もいっぱい出て特に盛り上がりました!

 

どんどんブラッシュアップして、またやりたいな。そんなこと言ったら噺家(はなしか)か! って柴さんに突っ込まれたけど、、、

 

 

 

そして二日間のイベントを終え東京。

 

暖炉ストーブ協会の仕事で青年女性部ってのがスタートしたんですが、その集まりでディカッションの材料になる「日本の薪ストーブの未来」を担当させていただきました。写真は富士ストーブさんのFBから。撮ってくれてありがと笑

 

NHKのプロフェッショナルをパクったオープニング 笑

 

まあ、こういうテーマで同業者40人の前で考えを発表するって、、、、やったヤツじゃないとわかるまい的な重みのある仕事で。まあ下手糞ながら精一杯やらせていただきました。

 

たいへん勉強なりました!

 

前々回の協会もそうだったんだけど、ホント顕著で、前で強めに発表とかあると、飲み会で全く人が寄ってこないんだよね 笑

 

 

疲れを充実感に変えて、、また明日から頑張ろう。

 

2017.09.01 Friday

スタッフはバッタ色

札幌に向かっています。薪ストーブ日和祭のため。

このイベントはいつも、なんかやっぱりたくさんの大人が気持ちを一つにするのっていいな、って。

たくさんそういうのがあればいいな。


スタッフTシャツはこの色、 バッタ色なんで気軽に声をかけてね。

デカイバッタから小さいバッタまでたくさんいますが笑

昔と違ってみんなTシャツが似合わなくなってきたかもしれないね笑




じゃ、みなさん明日札幌で会いましょう!

2017.08.31 Thursday

出張

5泊6日の出張近づいてきた。

 

 

あと何台描くんだっけな。一枚5分もかかってないけど、、まにあわねー。

 

 

20台のストーブの色々を話ししながら、

 

たとえば

対流式ストーブと輻射式ストーブってあるけど、どう作用していくか

とか

小さい薪ストーブであったまる、は本当か

とか

蓄熱の意味(炉台も含めて)

とか

触媒ストーブはクリーンバーンに比べてどれくらい燃費がいいの?

とか

新しめのストーブと古いストーブの違い、、

とか

を正直に話ししたいと思います笑

 

 

正直なもんで笑

 

 

札幌3泊の東京2泊。東京ではいよいよアレが待っている。

2017.08.30 Wednesday

煙突トップ火災

メンテナンスも半分を超えたと思うとホッとする。

 

毎日様々な煙突トップを触っていると、煙突トップも隠せない証拠の塊で笑、やっぱりユーザーさまに情報をフィードバックしてさ、焚き方とか薪の大きさとかスタートの確認を定期的にしていくことで、ホント上手になる。

 

2年連続自社ユーザーからフロック状のススを回収していない(全員パウダー)という記録は今年とうとう崩れたけど、

 

ホントファイヤピットのお客さんはマジでうまい。

 

ホント自慢だ。

 

ガラスも曇らせる人もまずいないしね。

 

 

これは掃除する前。

 

キレイでしょ。

 

だけどこれはトップが燃えたの。キレイだから燃えた、って短絡はダメよ。燃えた跡がちゃんとあるの。

 

煙道火災、ってみんなも聞いたことあると思うけど、


小規模なものも含めればトップ火災は煙道火災の3倍とか4倍でチョコチョコ起きてる気がする。

 

トップはやっぱりスス付きやすい。トップ燃えても煙突そうでもないとことかあるからね。

 

やっぱトップっていらねーよな。

 

話それるからこの話題やめるけど笑、

 

煙突掃除屋としては「あ、燃えたな、掃除ラクだな」ってことになるけど、喜んではいられない。修正しないと、煙道火災に発展したりするからね。

 

 

こんなんでどんなに隠してもトップや煙突、薪ストーブは内臓の中を見られてるのと一緒で、どうやってきたかってのがハッキリわかる。

 

さて今日はどんな煙突トップかな。

2017.08.29 Tuesday

ヤシの薪

この間、本州の"ヤシの木"問題を取り上げたところ(なにも問題じゃない笑)、洒落のセンスがあるというか、悪ノリに乗ってくれたというか、

 

熾壺にも今まで出たことがある名古屋の庭師、ピースデッサンの加田さんがヤシの木をマジで送ってくれた!!

 

 

包みをあけると動物の死骸がくるんであるようなミステリアスさ、、、汗

 

 

全身が出るとヤシ感すげー。なんか一気に南国。

 

BGMは山下達郎のBIGWAVE か 大瀧詠一のEACHTIME だな。

 

 

たたせるとピグモンじゃない? 若い人わかんないか。。

 

俺の北国育ちのDNAがヤシ感を受け付けない 笑

 

 

いちおー 年輪を確認するとやっぱ夏目も冬目もない!!

 

やっぱりこいつ夏しか感じてねー。

 

達郎はクリスマスイブあるし、大瀧詠一は冬のリビエラ作曲してるしな。。。。

 

 

BGM チューブに変更だな 笑

 

っていうか、このモシャモシヤ、、、、、ライオンみたいじゃない、、、?

 

 

ライオンやん!

 

題名 これから割られるライオン 笑

 

 

割るとモシャモシヤが割れるのを防いでくれる。全然パッカーンとはいかない。

 

なんのこっちゃ。

 

埃もめっちゃ飛ぶ 、目痛い、、笑

 

 

身とモシャモシャを分けるとすげえ。

 

着火剤になるね、、

喜んでる場合か!!  

なんか南国の人がこれを薪にしないって、、、

南国の人と分かりあえた気がする 笑 

 

 

 

※ ヤシの木は、ヤシ科ヤシ目のシュロ、トウジュロだそうです。

スマホ版

ABOUT
ENTRY TITLE
CATEGORY
ARCHIVE
COMMENT
RECOMMEND
ブログ村
FEED


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.